glass menu_button

レビュー

作品

作品を探す

レビューを探す

レビューを投稿する

運営してる人

©オノログ

閉じる

ネット文芸作品を
探す!語る!記録する!

rating

様々なサイトにある作品の検索、レビューの投稿、
記録の管理などができます!


お知らせ

2021/09/16

作品・レビューの検索機能を拡充しました!

2021/09/15

デザインの一部修正

2021/09/11

マイページのデザイン変更&機能追加


PickUp!レビュー

ホントに流刑地? 私には楽園に見えますが!(感想には個人差があります)

とある地方都市にある市立の音楽ホール。 主人公の市役所職員・熊谷蒼がそこに配属されたところから始まる朝ドラ風ヒューマン・ドラマ。 いや、この主人公、近年まれに見るめっちゃ良い人。ザ・新人、って感じ。 ちょっと素直すぎて、騙されやしないかと不安になるくらい。 だって周辺の人々が、誰もかれも、なかなか癖のある様子。 担当課長の水野谷、課長補佐の氏家、主任の高田、副主任の星野。 食いしん坊の尾形、教育係の先輩・吉田。 しかも、皆、本庁から流されてきて、盆栽に新聞、タバコ、お菓子、スマホと、どこか昼行灯で、流刑地というよりは、全員窓際族って感じで楽しそう。 仕事は手を動かす系で、音楽ホールの運営まわりの細々した雑務中心。これがなんともリアリティあって、よかったです。

5.0

嶌田あき

カクヨム 青春・ヒューマンドラマ

地方公務員になってみたら、配属されたのは流刑地と呼ばれる音楽ホールでした。【完結】

感謝!  【第6回カクヨムWeb小説コンテスト中間選考突破しました!】 地方公務員としての第一歩を踏み出した熊谷蒼(あお)22歳。 配属されたのは市が運営する音楽ホール。 どうやらそこは「流刑地」と呼ばれていて――。 慣れない毎日は目まぐるしく過ぎ、やっと音楽ホールの職員としてやっていこうと心に決めた蒼の目の前に現れたのはドイツ帰りの生意気ヴァイオリニスト関口蛍(けい)。 二人は反発し合いながらも少しずつお互いのことを理解し、そして過去を乗り越えて未来を切り開いていく。 さあ今日も二人を巻き込んだ群像劇のスタートです!

作・雪うさこ

相思相愛とは。まさにこの二人から学べます。

番外編を含む全て読み終わりました。 とある過酷な運命を背負う少女ユーリと、海の荒くれ男ジェイクとの衝撃的で甘い夜から始まるこの物語。 進んで行くにつれ、とろけてしまいそうで痺れる甘い二人の仲に心がとっても暖まり、顔の熱も急上昇! そして硬派な濃厚ファンタジーの世界が広がり、ユーリの過酷な運命にジェイクとその仲間と共に立ち向かって行きます。 その仲間の一人であるアレクシスが私の大のお気に入り人物でして、彼の一途な愛にとても惹かれていきます。私が。 本編終了後も、各人物のその後が丁寧に描かれていて、ぜひとも読んでほしいなと思います。 ユーリとジェイクの相思相愛という言葉がピッタリすぎる二人の大恋愛と甘過ぎる仲に皆さまもぜひドキドキしていただきたいなと思います。 愛す愛されるってとっても素敵なことだな、とこの物語から感じ、幸せのお裾分けをもらえて、とても幸せな気分になれますよ……!!

5.0

凛々サイ

カクヨム 恋愛

海の王と風の娘

 船乗りのジェイクは、長い船旅を終え、久しぶりに訪れた荒くれ者たちの集う酒場で、突然一人の少女から「自分を買って欲しい」と声をかけられる。 「私は運命からは逃げられない。ならせめて、自分で選べるものは選び取りたいんだ」  そう言った切実な声と瞳に惹き込まれ、詳しい事情も知らぬままに一夜を共にしてしまった彼は、やがて、彼女を待ち受ける残酷な運命を知る。    彼女の運命を切り開くため、二人は精霊と共に「竜の島」を目指して船旅に出る——。 ++++++++++  中世風のここではないどこか、黒髪無精髭のイケメンよりはおっさん寄りの船乗りと、自らに課せられた苛酷な運命に抗うクールビューティな、それでもどこかずれたお嬢さんの冒険と恋の物語です。  本編は全20話で完結済 + 後日譚となる短編(全7話)が続きます。  その後は、あれやこれやの番外編となる掌編がときどき増えたりします。 ※ (比較的)直接的な描写のあるお話には (*) がついています。 ※ シリアス寄りな本編、後日譚に比べ、番外編はわりとやりたい放題(≒ラブコメ風味)です。

作・橘 紀里

和の情緒で彩る、想いの丈。

三十一音に詠み込む『うた』。 その奥深さに魅せられたヒトは数知れません。 ここにも一人、またもうひとり。 『うた』ならではの人間模様。 和の情緒、酸いも甘いも、噛み分けて。 詠み込む『うた』の、色は果たして。 ◇ 我と君 詠み歌のみで 繋がれど そのさきにみゆ きずなとなみだ ◇ 行く末は、是非あなたの目で、確かめて。 滲み出る和の、こころの響き。

5.0

中村尚裕

カクヨム 恋愛

はえあるはる

及川葵は、短歌をこよなく愛する女子高生だ。 スマホで見つけた短歌アプリで、日々の徒然をノート代わりに認めるのが趣味の、真面目な女の子。 ある日そのアプリで、毎回反応をくれる人がいることに気付く。 そしてそこから始まる、永く愛しい物語──……

作・月岡雨音

法律ヤクザな魔法少女

オチにニヤッとするが、私もこんな魔法少女はイヤだ。 短編小説に定評のある燦々SUN氏の作品で、安定した文章と構成は安心して読める。 「わたし、魔法少女コントラクターまりん! 父は弁護士母は詐欺師。愛読書は六法全書! 今日も、無法地帯出身の蛮族達に契約の恐ろしさを教えちゃうゾ☆」(本文より引用)

5.0

runo0044

小説家になろう ファンタジー

魔法少女になるからわたしと契約してよ

こんな魔法少女はイヤだ(by契約精霊)

作・燦々SUN

200×100文字の冒険で世界は救えるのか?!

1話200文字と決められており100話に到達する前に魔王を倒さないと世界が滅ぶらしい。そんなそんなヘンテコな異世界に転移させられた主人公は本当に世界を救えるのか?! この作品がすごいのは毎話ピッタリ200文字に合わせるところですね。毎回ピッタリに合わせるのは大変だろうなと思うとともに、それでいて違和感なく話が進んでいるのが驚嘆しますね。まだ完結してないですが、完結までピッタリ200文字を期待してます。

4.0

ネズみ公爵

小説家になろう ファンタジー

200文字異世界〜どうやらこの世界には字数制限があるようです〜

突如異世界に呼ばれた壇 勇と書いてだん ゆうと読む名前の男子。唐突に神様から、勇者に相応しいのは君だ、世界を救え。と言われ、問答無用で異世界へ飛ばされる。 ……どうやら、この世界では1話200字で、話数が100話になる前に魔王を倒さないと世界が滅びるらしい。 名前の短い勇は、効率的に世界を周り、様々な仲間やアイテムと共に魔王を倒す事が、そして、少々違和感があるこの世界の謎を突き止める事が出来るのだろうか。

作・端毬載 紫美斗

もっと見る

ログイン・新規登録

新規登録

メールアドレスで登録

Twitterで登録

※事前に利用規約をご確認ください。


新しいレビュー

浮遊感ある世界、誘拐、幼馴染、聖女、騎士、村娘、三角関係

浮かぶ島が舞台の中、記憶が欠けている女主人公がある日いきなりやった覚えのない聖女誘拐の容疑で捕まってしまう所から始まります。読み進めていく内に段々と主人公の記憶や恋愛事情が判明していきます。淡々と読ませる、そんな小説が好きな人には刺さるかと思います。完結してます。

4.0

あっき(長編好き)

カクヨム 恋愛

星鳴らす姫の歌う大地で

 空高く霧の海に浮かぶ島で人々が暮らす世界。  辺境の島に住むエシアは、突然、聖女誘拐という身に覚えのない罪状を突きつけられた。思い当たるのは、大けがをして意識不明だった頃のこと。その時に、一体何があったのか。聖女の遺体を探す聖域府の役人から助けてくれたのは、幼なじみのリグリアス。しかし彼は聖女の騎士だった。

作・佐槻奏多

無駄がない報復ザマァ

開始数行目からずっとザマァが楽しめる無駄のない構成。最初からクライマックス。

4.0

tristan

カクヨム ファンタジー

最凶侯爵の逆鱗に触れた者達の末路

  ザーフィング侯爵家の嫡男ジオルグは家族に冷遇されていた。  五年前に母が亡くなり、すぐに父が再婚したのだ。同じ年齢の弟レオンもいたことから、父の不倫は明らかであった。  父はジオルグを冷遇し、継母と腹違いの弟ばかり可愛がった。  ジオルグが冷遇されて五年経ったある日。ジオルグの婚約者である伯爵令嬢フィオナが婚約破棄を言い出し、その横には嫌らしい嗤い顔を浮かべたレオンが立っていた。 「お前の婚約者は俺がいただく」 「あなたのような無能者とは結婚しないわ」  罪の意識など微塵もない二人の言葉であった。ジオルグは侮辱を受けても怒りを見せず淡々としていたが、ある言葉を聞いたときに淡々と部下達に命じる。 その命令とは 「この二人を捕らえよ」であった。 そこからジオルグの反撃ターンが始まった。 -----------  主人公は決して善人ではありません。しかも強すぎるのでほぼ一方的に相手を殴り続ける事になります。

作・やとぎ

友情や性別を超えた二人の絆を描く、剣と魔法世界の物語。

「異世界人はこの世界を愛してるⅠ」の続編となる物語です。 突然異世界へやってきた元自衛官のコーヘイが引き続きこの物語のメイン人物として描かれています。 今回はコーヘイとセトルヴィードとの「絆」がメインで描かれており、二人の関係性に色んな意味でドキドキする展開が目白押し!! この物語から登場する突然異世界へやってきたロレッタという女性もすごく魅力的なキャラで、段々と好きなっていき、最後は彼女の決断に涙でした。 皆同じような経験をしても、それぞれに思う事や、行動も、信念も受け取り方も全てが違うのは当たり前で、どうしようもない苦境に出会った時にどう乗り越えていくのかもみんなそれぞれなんだよなと改めて感じ、多様な乗り越え方をこの物語から学びました。 お話の構成も、Ⅰからの要素を更に深堀されており、魔法の世界でもとってもリアリティーが散りばめられ、ほんとにこんな世界があるんではないか、と思ってしまう程です。 哲学的要素も感じる作品で、人間の深い部分に触れることが出来る文学作品です。とても読みやすい内容となっていますので、色んな方にⅠからぜひ読んでいただきたいなと思います。

5.0

凛々サイ

カクヨム ファンタジー

異世界人はこの世界を愛してるⅡ

 前作事件から三年後のエステリア王国。  あの日の事件で失った存在の大きさを感じながら、それぞれがそれぞれの三年を過ごしていた。  稀代の魔導士の残した魔法の謎、残された者に新たに芽生える絆。  新しい異世界人の存在が、新たな事件を巻き起こす。  前作でそれぞれのキャラクターを気に入ってくれた方に、捧げる物語です。 *Ⅰを未読でも読める内容になっています (C)Copyrights 2020/11/13 MACK All Rights Reserved

作・MACK

もっと見る