ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter

ネット小説を
探そう!
記録しよう!

オノログはネット小説を検索したり読んだ記録を保存できるサイトです。

素敵な作品をここから見つけましょう!

Pickup!


アイオライトの心臓

光と影が鬩ぎ合う、破壊と再生のファンタジー

主人公のロクドは、左手にどす黒い痣を持って生まれた事で、十三歳になる前に村を出なければならない、と言われます。この痣は、大昔に何者かがこの土地に埋めた憎悪の種で、ロクドが村を離れれば、芽吹く事はない、と。村を囲む森を、子供が一人きりで抜けるのは不可能、待ち受けるのは死、と知りながら、ロクドは自分の運命を受け入れ、けれど生きるのを諦めず、悲しみに暮れる両親を気遣う、健気でしっかりした少年です。 森で死にかけたロクドを助けたのが、青年カレドア。クールで腕の良い魔術師です。あまり深く他人と関わらない割にロクドの弟子入りを許し、他人を突き放している様で意外と面倒見が良いという、微妙なバランスと、時折見せる底知れない陰が堪りません。 まず、この二人の師弟関係が最高です。二人とも理知的で、冷静で近付き過ぎない距離感を保ちながらも、ロクドは、カレドアのあまり他人を寄せ付けない態度の隙間から人間味を垣間見、カレドアも、ロクドの存在に慣れていく。穏やかで緩やかだけど、確かな絆が育まれていくのです。 しかし。各地で村を全滅させていく奇病、不思議な少女ヨグナとの出会いを経て、師弟の運命は大きく分かたれます。 それと前後して、ロクドが見る、謎の夢。 その夢に出てくる二人の青年魔術師、その関係もまた最高です……最高オブ最高。 田舎の村の不遇な生まれにも負けずに、努力で才能を開花させたレドニス。周囲の妬み嫉みを事も無げに受け流す事で、余計に反感を買ってしまうタイプです。 そして彼の兄弟子のライネルは、快活で正義漢で一本気。この対照的な二人が、互いに信頼し合うこのコンビが……このコンビが……!! 夢が意味するものとは。世界を蝕む呪いとは。綿密に組み上げられたストーリーは読み応えたっぷりです。 美しい文章で描かれた、幻想的な魔術の描写も素晴らしいです。 放課後の図書室で読み耽った、ハードカバーの本を思い起こさせる、珠玉のファンタジーです。

akinokonika

エゴイスティック=帝国

想い人を求めし彼女の心の行きつく先は、闇か、それとも光か

少女は想い人のそばにいる。 少女は想い人を追いかける。 少女は想い人の死の覚悟を受け入れる。 少女は想い人の死を信じない。 少女は想い人になっていく。 少女の心の闇にスポットをあてながら、ただ一つの目的に向かって突き進ませる。 様々な人々の言葉が少女の心の底の感情をすくい上げる。 それは少女にとって闇そのものか。それとも光たりえるか。 心理描写が見事の一言だったわ。 気がつけば主人公の己の内なる心への言葉に惹きこまれていくの。 秀逸な人間ドラマ。是非一度お読みいただきたいわ♥

宇治津 千夜狐

何回ガチャを引いてもレアが出ないから腹いせに書いたファンタジー

ガチャを回しても回してもスライムが出てくる。

完全ランダムのはずの召喚魔法で最低ランクのスライムしか召喚できない主人公が召喚の魅力にハマり、お高い召喚をするためにあらゆる知略を凝らして召喚に必要な触媒を集めようとする。その「ガチャでSSRを引きたい」という欲望はやがて世界の全てを巻き込むまでに肥大化していく。 話の規模がどこまでも広がっていくのに、その一方で最初から最後まで一貫して「ソシャゲでSSRが引けない」という身近すぎる悲喜こもごもを描いているのが最高に面白かった。短くまとまっているので気軽に読み返せるのも良い。

うらら

終焉世界requiem

終わりかけの世界で諦め、そしてもがく物語

 この物語に、救いも何もありません。最初から詰んでいて、そんな中でどうやって日々をやり過ごし、終わっていくかを描いた文字通り終焉世界の物語なのです。  主人公はただの現代人で、転移した後は流されるままに世界に諦めて適応していきました。周りの人達ももう、ほとんど死んだような生活をしているばかりです。  そうやって何も無いかのように生きていたはずなのですが、トラブルに巻き込まれたり、絶望したり、ほんの少しばかりの希望を見出したりする中で主人公の感情が揺さぶられていきます。  ドラッグやゴミ漁り、死体の山に盗賊。終わりかけの世界を象徴するような存在と出会えば、反対に諦めずに終焉に立ち向かう人との出会いもあります。 そういった中で主人公の心情がどう変わっていき、どのような選択をするのかは、ご自身の目で確かめてみてください。きっとのめり込んで、気づいた頃には読み終わってしまっているでしょうから。

Panzerfaust

殴り聖女の彼女と、異世界転移の俺

「殴りプリ」というパワーワードと色々バグってる世界、好きすぎる

「殴りプリ」というパワーワードで爆笑しながら追いかけていた作品。 ホラ、ゲームやったことある人は分かるよね? 後方支援職なのになぜが前線で殴りながら回復しちゃう永久機関装置、そう、それが「殴りプリ」。 しかもバフがバグってて最強が留まる所を知らない! 「サーシャ、普通のプリーストは、ひとりで〇〇〇〇〇〇〇したりしないんだよ……」 さて、期待値MAXで第一話へ足を進めると……待っていたのは女神です。 凄く……タマネギです。 もうここから読者は皆、女神テットゥーコ様の虜になります! 罪な女です。毎話毎話、テットゥーコ様成分が欲しくてジャンキーのようになります。 私はなりました。危険な小説です。 そしてどんどん出てくる魅力的なキャラクター達。 もちろんバグってます。 そして「ラブコメ」ですが、ほぼ「コメディ」です。 でもちゃんと「ラブ」してます。 でももどかしいんだよぉおおおんんん!とここでも読者を悶えさせます。 突如差し込まれる「ラブ」成分と「飯テロ」!楽しめる要素満載! おや? こんな話をしていたら女神テットゥーコ様の部屋への扉は開かれたようです。 行ってらっしゃいませ。フフフ……。

つーちゃん「まおホス!」@小説家になろうノベプラたいあっぷ