glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:103307件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

絞り込み

文字数

最近疎遠だった幼馴染を遊びに誘ったら超積極的な件

 高校二年生の俺、田山祐樹(たやまゆうき)には中学までよく一緒に遊んだ幼馴染がいた。  烏丸ゆかり(からすまゆかり)。俺はゆかりんと呼んでいて、快活で物事をはっきりと言う奴だった。  別の高校に進学して一年以上。ゆかりんがどうしているか気になった俺は、親友である瑞樹(みずき)を通じて  ゆかりんの近況を聞いたのだが。 「元気でやってるわよ。ただ、Twitterでフォローしてる誰かさんにお熱みたいだけど」  聞いたのはそんな話。  仲が良かったと思っていたけど、たぶん俺の事は忘れて楽しくやってるんだろうな。  そう思ったのだけど、 「でもあの子。しょっちゅうユウキのこと聞いてくるわよ」  そんな言葉。瑞樹はだから、俺とゆかりんが恋仲になってくれるなら応援するという。  しかし、数か月以上も連絡を取り合っていなかったのにそんなことがあるのだろうか? 「さあ、ただ、あの子、すっごく重いからね。ユウキはそこんところ勘違いしないように」  親友からの忠告。  その週末。ゆかりんと久しぶりに二人で遊ぶことになったのだけど。 「どう?似合ってる?」  久しぶりに再会した幼馴染は服装や髪型から大胆なイメチェン。  しかも、腕を組んで来たりと何故かいきなり積極的なアプローチをしてきたのだった。  嬉しいんだけど、ゆかりんは一体俺の事をどう思ってるんだ?  誰か教えてくれ!

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

喋る黒猫とうそつきの麦わら

高校には行かずにひとりずっと旅をしている少年、謙人。 廃線になった路線の線路上を歩いていた時に出会ったのは、自らをありすと名乗る少し変わった麦わら帽子の少女だった。 変わっていたのは彼女だけでなく、ありすの飼い猫のミーシャは唐突に皮肉めいた台詞を話し始める。 猫が喋るというあり得ないはずの事実に謙人は少し混乱していたが、ありすはそんな謙人をよそに、ずっと出来ていなかった自分の村のお祭り「春渡し」に参加してほしいと願う。 謙人は混乱しつつもそれを受け入れて、数日間だけ村に滞在する約束をして、訪れた村の中でありすの友人の女の子たちも含めて交流を深めていく。 だけどその中で皆はそろって「最後の夏だから」と気になる事を告げていた。 どうして最後の夏なのかは、誰も答えない中、「春渡し」は始まっていく。 祭りが進むにつれて、謙人は一つの村の、そしてありすの秘密を知っていく。 うそつきの麦わらのついていた、たった一つの嘘の秘密を―― 彼女に秘密とは、うそとは、最後の夏の意味とは何なのか。 謙人は意味を知ると共に、探していた旅の目的を見つけていく。 このお話は少しだけ不思議な、切なくて、だけど優しいお話です。 完結しました。 このお話はノベルアップ+さん、カクヨムさん、エブリスタさんにも掲載しています。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。