glass menu_button

作品

レビュー

レビューを投稿する

運営している人

@オノログ

閉じる

作・梨烏 ふるり

今から蝶を吐きます

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

女になって舞うアナタと、僕の、静かに密やかに愛し合った人生の断片。 老いても冷めない思慕を、静かに吐き出します。 美しい蝶ではないけれど、あなたにも見えると良い。 良いモノを飲み込んだので、皆に観て貰おうと思ってお腹の中でちょっと綺麗にしてから吐き出したとかそういう感じのお話。 3500字くらいなのでお気軽にどうぞ。

R15 恋愛 悲恋 ボーイズラブ BL 切ない 蝶を吐く

投稿されたレビュー

何十年という月日の孤独が短い文章にぎゅっと込められた美しいBL

愛と苦悩を秘めながら過ごした何十年という月日の孤独が、3500文字の中にしっかりと込められていて、素晴らしいです。 作中には「僕」の思いがギュッと詰まっているのですが、特に「アナタの、僕との枝分かれの先に咲いた、花」というのがひどく刺さりました。 赤ちゃんをかわいいと、美しいと、神々しいとさえ思うけれど、それは自分と「アナタ」の間のものではない、というそこに大きな孤独が見えた気がします。 赤ちゃんの手を引いて「アナタは孤独じゃない」と語るその裏に、「僕」自身の孤独が感じられ、「僕は孤独だ」と直接書かれるよりもずっとずっとその孤独の重さが伝わってきたように思います。 そうしてそれが葬式の場面にも繋がっていき、気づけば「アナタ」はたくさんの子どもや孫に囲まれていて、そこに「僕」の入る隙間がない。 長い月日、共有できなかったものの重さが感じられました。 けれど、ここに孤独が極まったかに思えた時、「僕」が吐き出した蝶がとても鮮やかに作品を色づけてくれました。 枝の先に美しく咲き誇った花たちとは違う、二人だけの愛の形というのが鮮烈に視覚化されていましたし、それまでの長く深い孤独の先に描かれたからこそ、ささやかでもとても切なく印象的でした。 また、「僕」が可哀想なだけでなく「アナタ」の両親が亡くなったことを密かに喜んだり、赤ちゃんに対して皮肉めいたことを言ったりと、感情の生々しさが見えたのも、良かったです。 リアルな感じが強まって、より語り手に寄り添えた気がします。 最後に、私は「ブロークバック・マウンテン」という映画が好きなんですが、この作品を読んで、なんだかちょっと思い出しました。 ホモフォビアが当然の社会の中で、カウボーイ同士のの二十年に渡る愛を描いた作品なんですが、題材だけでなく、長い月日の重さと苦悩が近い気がして…。 映画オタクなので、好きな映画を彷彿とさせてくれたという意味でも、とても心に残る作品でした。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 0
共感する! 0

ぞーいー

作品の評価分布

5.0~

1

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚