glass menu_button

作品

レビュー

レビューを投稿する

運営している人

@オノログ

閉じる

作・雀田ハジメ

自殺して異世界転生してメイドの仕事かと思いきや、気が付いたら王族の専属暗殺者になっていました。

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。  毎週火曜日・金曜日19時36分に更新中!! 【あらすじ】 クルルはイジメを苦に自殺し異世界に転生した。 自殺した当時の制服の姿でクルルは洞窟の中で目を覚ますと、自分が異世界に転生したと知り驚く、そんな中で早々に彼女はゴブリンに襲われてしまう。 しかし、クルルは不可思議な体験をする、ゴブリンに襲われ犯され殺されたはずなのに、襲われる前の状態に戻っていたのだ。 それは異世界に転生した者は誰もが発現すると言われる特別な『権能』と呼ばれる力によるものであり、クルルが得た権能の能力は『自分が死ぬまでの経緯を先行して追体験する』と言うものであった。 不眠不休でゴブリンと戦い、その都度、発現する権能の力、ろくな食事も食べれず、ゴブリンの血を浴び、制服もボロボロ、クルルの精神は次第に疲弊し、再び彼女は自殺する事を決意する。 そんな状態のクルルを助けたのは、暗殺者の格好をした女性だった。 クルルを助けた暗殺者の格好をしていた女性、彼女の名前はクロロ・フォルン、アルペシア王国に使えるメイドで、何でも預言者の啓示により、クルルを助けに来たと言う。 同時にクロロ・フォルンは身寄りのないクルルに対して『自分の弟子にならないか?』と誘い、クルルは恩返しのつもりで彼女の弟子となる。そうして、数年間の鍛練の後、クルルは優秀な王族の専属暗殺者になっていた。

異世界転生 ファンタジー ダークファンタジー 吸血鬼 女性主人公 暗殺者

まだレビューはありません。

作品の評価分布

5.0~

0

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚