glass menu_button

作品

レビュー

レビューを投稿する

運営している人

@オノログ

閉じる

作・卯月

僕たちは無限鏡界の彼方へ愛の言葉をおくる

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

第26回電撃小説大賞四次落ちの作品です。 落選したものなので過度な期待はしないで下さい。 告白もせずに失恋したヘタレ男、時田悠。 しかし学校からの帰り道、大人になった彼女がおかしな毒舌ロボットをつれて現れる。 彼女たちは「時間が四年ずれた異世界」からやって来たという。 数年後、世界は未来からやって来た侵略国家に襲われる。 向こうの世界の時田悠は、抵抗組織のリーダーだった。 二つの地球と二人の愛する人を守るため、一介の高校生にすぎない男のもがきがはじまる。 追伸:運営からR-15指定を受けました。

R15 近未来 SF 人工知能 ディストピア タイムマシン

まだレビューはありません。

作品の評価分布

5.0~

0

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚