ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

作・umi

銀の風、竜の瞳。

4.25

502,669文字

2020年2月16日

2022年7月29日

【作品紹介】

滅びの村から唯一生還した白銀の少女。 その少女を義妹に迎えた若き剣士の旅。 遠く離れた地で起こる、青赤二大国の戦争。 歴史の闇に葬られた黒い獣たちの逆襲。 三つの物語はやがて収斂し、この世界の歴史をつくる。 ※毎週日曜1回の低速更新であることをご了承ください。 ※この小説を気に入っていただけたら、ぜひ感想を聞かせてください。

ファンタジー男主人公ハードボイルドハイファンタジーダークファンタジー群像劇

評価・レビュー

MACK

呼吸すら忘れる緊張感。そこには確かに、戦う人々と世界が在る

 物語のスタートからドラマチックな展開で、醸し出される空気感がこの世界の説明になっているという、情景描写の妙。    魅力的かつ、深みと個性のある登場人物は、誰一人と脇役ではなく、この世界のそれぞれの主人公であり、退場のたびに心痛みます。だが、戦いに勝敗がある限り、生き残る者と死する者があるのはやむを得ない事でもあり。歯を食いしばって前を進む登場人物と共に、読者もこの世界を歩む事になります。  とにかく、文章力が高く、情景が目の前に浮かぶだけでなく、風の香りや音すらも聞こえて来るかのよう。こんな臨場感のある文章は稀有ではないかと。  戦闘シーンでは、それまで聞こえていたはずの環境音が聞こえなくなり、息をするのも忘れて、その戦いに見入ってしまうほど。  登場人物がほっと息をついたとき、同時に自分の耳に音が戻った時は、身震いをするほどでした。  主人公二人の旅と、軍パートという二本軸で、世界が大きく変動し、同時に、過去にこの世界が構築された出来事の事を、まるで自分が知っていた事を思い出すように想像できていく構成力の高さも素晴らしいです。世界設定を、教えられるのではなく、感じるように理解できます。  重厚かつ力強いこの物語ですが、それは読んでいて緊張するシーンが連続するという事でもあり、完結してからの一気読みより、ぜひ連載中の今の段階から、じっくりと読み進めて行く事をお勧めしたいです。

5.0
1

宇治津 千夜狐

詩吟を紡ぐかのように語られる物語よ(゚∀゚)

青年は幼き時に父と、そして今、年若き妹と家族になる。 『死の風』。 ひとつの村の命を一瞬にして奪い去った風が、唯一奪い損ねた命。 銀髪に青き眼。人とは違う容姿を持つ彼女が生き残ったことになにか意味はあるのかしら? そして、彼らが生きる場所より南に遠く離れた地で、繰り広げられようとしている戦。 この戦に秘められた意思はなんなのか? 血の繋がらぬ兄妹は、周囲に起こる異変に抗いつつ、この戦にどう関わりをもつのか? まるで詩吟を紡ぐかのような、表現で語られるこの物語は、いくつもの謎を内包しつつ、静かにだけれど、確実に読者をその世界へと導いて行くわ。 ライトでポップなファンタジーはちょっと、と言う方にお薦めしたい良作ね♥

3.5
0

作品の評価分布

5.0

1

4.0

0

3.0

1

2.0

0

1.0

0

未評価

0

本棚

作品へ

ログイン

新規登録