glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・くら智一

【C++】ソフトウェア魔法の戦術教本~影の王を叩け!~

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

【作品紹介】

 青年アキムは結論を迫られていた。上空に浮かぶ「影の王」の輪郭――真球の姿をした巨体、圧倒的殺戮能力を有する人類の宿敵は、かつての厄災から100年の眠りについていた。目覚めるまでの期限はあと12年。一度は滅亡の危機に瀕したレジスタ共和国は対抗策を講じていたが、武器は「魔法研究所」が開発を続ける魔法弾のみ。木々を揺らすだけの弱い光の塊に比べ、敵の大きさは直径50メートル。巨大さから「第3の天体」とも喩えられる。  皆が生き延びるためには討たねばならない。アキムは無理難題を解決する為、とある知識に目をつける。別の世界に存在すると文献に記載された「ソフトウェア」という名の情報技術だ。ソフトウェアを開発するC/C++言語プログラミングの概念を元に戦力を増強するアキム……その奇想天外な戦略はやがて世界を震撼させる。

シリアス SF 戦記 大規模戦闘 科学考証(IT技術) 舞台はファンタジー

投稿されたレビュー

緻密に構成された世界で繰り広げられる、プログラミングファンタジー

情報技術と魔法を融合させた、見事な戦記ミステリー。作者様の深い知識に基づいた世界観と設定が見事に反映されている、素晴らしい作品でした。私自身が情報技術に少し触れている部分もあったためか、世界観や設定、そして魔法への応用する様子などを興味深く、そして楽しんで読むことができました。 惜しむらくは、情報技術に触れていない方だと少しイメージし辛いかもしれないところでしょうか。途中途中で補足説明もありますので、是非内容を理解して、作者様の世界に踏み込んでいただきたいです。 そして、その中でも起きる人間模様。強大な敵に対する人間側も一枚岩ではなく、それぞれのキャラクターらがそれぞれの思いを胸に動く。探究心や嫉妬、心配といった非常に人間らしい感情から起こる展開が物語を二転三転させ、今後どうなるんだという期待をもたせてくれます。それらを乗り越えていき、伏線を回収しながらの最終決戦は必見。読んでいるあなたの胸を熱くさせてくれること、間違いなしです。 その後の展開、そして後日談でも、また一つ驚かされます。続きは是非本編で。 綿密な設定を元に構成された見事な世界で繰り広げられる、戦記とミステリーのあわせ技。 他の皆さまも是非読んでみてください。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 1
共感する! 1

沖田ねてる@_(:3 」∠)_

作品の評価分布

5.0~

2

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚