ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

作・ながる

遠き神代の光

5.0

113,422文字

2018年6月17日

2022年6月19日

【作品紹介】

ここではない何処か。青い月の伝説の残る世界の孤児院の前に、1人の少年が佇んでいた。辛うじて名前だけ覚えていた美しい少年。何もかもを見通す加護の力を持っていた彼は、帝国で力を伸ばしていた宗教団体の総主教に見出され、完璧な信徒として育てられる。 彼を取り巻く愛憎が、やがて総主教殺害という悲劇を引き寄せ、彼は疑似的な家族もその立場も失うこととなる。 ***** 「蒼き月夜に来たる」スピンオフ作品。 神官テル・ルーメンの過去に何があったのか。彼と教団の記録。蒼き~で語られなかった全てを。 ※こちら単体でも読めるようになっています。 ※BLではありませんが、BL的表現が出てきますご注意下さい。 ※こちらの作品は小説家になろう、ノベルデイズ、カ ク ヨ ムでのみ公開しています。 ©ながる 2018 ・禁止未经许可的转载、重新发行。

ファンタジー男主人公異世界ヒューマンドラマ神官

評価・レビュー

tomo

請われれば厭わない。あなたは請われただけ…神の教えに従って、与えただけ

孤児院の前にひとり佇んでいた美貌の少年テル。人の心までも見通す『神眼』を持っていた彼はある宗教団体に保護されることに。総主教に気に入られて育てられ、右腕としても彼女を支え続ける。しかしその立場と美しさに周囲からは愛憎の目を向けられ、仮初めの笑顔を浮かべながら他人には興味を持てず自身の心を閉ざしていく。 『蒼き月夜に来たる』のスピンオフ作品です。登場人物の一人テル・ルーメン主教の生い立ちの物語。スピンオフとはいえこのお話で独立しているので、先に読んでも問題ないと思います。 謎に満ちているルーメン主教が過酷な人生を送ってきたことは本編ではあまり語られていませんが、先に知っていれば様々な読み方ができて面白いはず。私は先に本編を読んだので、スピンオフを知った上で本編をもう一度読み返さなきゃ!という衝動に駆られています。 初めてできた友人?フォルティスがまっすぐに向ける親愛や、気付かれない程の、だけど父親のような深い愛情をもって見守るフェエル。ルーメンを心から愛し支え続けてくれた人たちと関わり、少しずつ救われていくことが嬉しくなります。 そして様々な愛憎が絡み起きてしまった壮絶な事件。このあたりは本当に号泣しました。何回読んでも泣けてきます。どうしたらいいの神様たすけて…… ここまで気持ちが揺すぶられた作品を読んだのは久しぶりでした。二次創作に興味を持ったことはありませんが、「こういう気持ちがきっかけで創りたくなるのかも」と初めて思ったかもしれない。 たくさんの方に読んでほしい作品です。ぜひ!!

5.0
0

MACK

深みあるキャラの深淵を覗く。複雑な彼の過去のすべて

 「蒼き月夜に来たる」のスピンオフ。  こちらを先に読んでもお話的には問題はないと感じました。  本編は40万文字超えの読み応えある長編でしたが、するする読める読みやすさと夢中になる展開なので、恋愛要素のある女の子主人公の異世界転移系の本格ファンタジーをお求めなら、ぜひ本編もお薦めしたいです。  こちらの作品は本編で謎めいた印象だった神官さんの過去が読めます。彼がどのような過程を経て、本編主人公と出会う事になったのかという過去のお話でした。  想像以上に過酷な人生ですが、彼の傍には温かい人もいたし信頼に値する人もいて、主人公と出会う頃の神官さんが形作られていく。本編での行動もこれを読めば理由が判明してスッキリします。  全ての謎が解けるわけではありませんが、本編と合わせて読んでいただきたい一作。  このシリーズは、登場人物の誰を主人公にしても物語が成立するなと改めて思いました。

5.0
1

作品の評価分布

5.0

2

4.0

0

3.0

0

2.0

0

1.0

0

未評価

0

本棚

作品へ

ログイン

新規登録