ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

作:三崎ちさ@落ちこぼれ生贄聖女発売中

【コミカライズ連載中】魅了魔法を暴発させたら破邪グッズをジャラジャラさせた王太子に救われました

星5つ

0%(0)

星4つ

0%(0)

星3つ

0%(0)

星1つ

0%(0)

未評価

0%(0)

最終更新:2023/11/30

作品紹介

◆次ラノノミネートしていただきました。ありがとうございます!本投票もぜひ名前あげていただけたら嬉しいです◆ ◆11/13(月)コミカライズスタート!(FLOS COMIC)◆ ◆ビーズログ文庫さまより2/15発売→現在Kindle unlimited配信中◆ 「貴様のせいで! 俺の嫁探しが! ちっとも捗らんのだ!」 「えええっ!?」 成金男爵の娘クラウディアは彼女が生まれてから途端に商売繁盛しだしたことから商人の父に商い成功の『女神の子』と呼ばれ、ちやほやされて育った。 平民の生まれながら魔力のある彼女はやがて別名・貴族学園とも呼ばれる魔術学園に入学した。が、しかし、クラウディアの学園生活はけして楽しいものではなかった。 校舎裏呼び出し! 壁ドン! 告白! 「ちょっとあなた、彼は私の婚約者ですよ!」 ――修羅場! クラウディアは誰かに告白されたり迫られたりするのを繰り返す日々を過ごしていた。なんだかコレ、さすがにちょっとおかしいな? そんなふうに思っていたある日のこと。なんと国の王太子殿下から直々に呼び出しを喰らう。 自分の嫁探しにクラウディアの存在が邪魔だという殿下。なんでも彼いわくクラウディアは『魅了魔法』を無意識に使っているらしい。 「俺には魅了魔法は効かん!」とマントの下にビシリと並んだ破邪グッズをジャラジャラさせている王太子殿下と共にクラウディアは己の魅了魔法を制御するために日夜修行に励むこととなったのだった。 俺様王子(いいひと)×頑張り屋男爵令嬢のラブコメです。 ※旧タイトル: 魅了魔法が暴発しっぱなしの私を助けてくださったのは王家ご自慢の破邪グッズをジャラジャラさせている王太子殿下でした ※カクヨムにも掲載

R15ラブコメハッピーエンド王太子殿下魅了魔法

評価・レビュー

まだレビューはありません。