ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

作・夜分長文@「追放された使用人」書籍化

【連載版】宮廷鍛冶師なんて存在する価値ないよねと第三王子に罵倒された上に追放された……でもこれで自由じゃん!これからは自分のためだけに装備を作り無自覚に無双します。え、私の装備が伝説級?そんなまさか

0.0

13,900文字

8話

2022年11月14日

2022年11月16日

【作品紹介】

「お前みたいな宮廷鍛冶師なんて存在する価値ないよね」 宮廷鍛冶師として世界最強と謳われるリトバー王国の軍を支えてきたアイラであったが、彼女のことを何も理解していないカリン第三王子に罵倒され、更に追放宣告までされてしまう。 「お前が作る武器や装備は全て行き届いている。となると、アイラは宮廷にいる必要ないよね?」 アイラが作る装備は強力なものだが、定期的にメンテナンスが必要だった。しかしそれを知らないカリンは【武器がもう行き届いているから】と言う理由で追放処分をしてしまう。 呆れるアイラだったが、ふと思う。 これで私、自由なんだよね? それに気がついたアイラは、誰にも縛られることなく自由に鍛冶師をやることを決意する。自由を求めて辺境にアイラは向かったのだが……何故か自分が作る装備が【伝説級】と持て囃されています!? というか、自由ってどこ.....?辺境に行っても自由ないじゃん!!!!どうして!!!! 対して、カリンは自分がどれほどの罪を犯してしまったのか知ることになる。

R15異世界追放ざまあ・ざまぁ

まだレビューはありません。

作品の評価分布

5.0

0

4.0

0

3.0

0

2.0

0

1.0

0

未評価

0