レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

作・髙田野人

少年Z

5.0

487,152文字

2016年7月21日

2016年9月13日

【作品紹介】

 両親の居ない一軒屋で血の繋がらない美少女三人と同居する何処にでもいる普通の高校生、田辺京也。  そんな彼の進路志望は引き篭もり。だって、世界にはゾンビが溢れているんだもの。  ゾンビは人間のお肉に噛み付くのが大好きで、人間を見つけると全力疾走で抱きついちゃう。  扉や窓もなんのその。鋼鉄のバリケードだって、歪んで壊れるまで叩いちゃうぞ♪ 愛が、重い。  ゾンビと美少女と少年の織りなすドタバタのラブコメディ。の、裏側の物語。

R15残酷な描写ありSFバイオハザードパンデミックゾンビっぽいど

評価・レビュー

runo0044

5.0

呑んだくれのよみせん

ゾンビもので屈指の名作

2016年に完結した話が、今に至るまで読まれ続けているという所でまずすごいんですが、ゾンビものの中でも屈指の名作です。 軽めでコメディ寄りな語り口、軽快な文章からストレス無く読めるのに、しかしその実内容はかなりハード。 展開自体に波がスゴイかというとそんなことはなく、どちらかというと淡々としている感じで、ある意味なろうの主人公最強モノのような安定感がある。しかし、内容が重いっ! いわゆる異世界系の主人公最強モノでも抱える葛藤などで魅せる展開があると思うが、これはゾンビパニックモノ、現代ものであるからその内心の展開が凄まじい。 世界の破滅に備えるプレッパーズである主人公が、崩壊後の世界で何とか頑張ってくってストーリー展開です。築き上げた要塞(自宅)には幼馴染の女の子と初恋の相手と初恋された相手と……ある意味ハーレム的ではあるんでしょう。ハーレムじゃないけれど……恋愛要素はしっかりありますが、あくまでおまけ程度に考えておいた方が◎ 軽いノリでハードな展開を読みたいっていう(ハーゲンダッツァーのように)贅沢な方に特にオススメしたい作品。設定もしっかりしていて面白く、ゾンビパニックモノが好きな方にも楽しめると思います。 ゾンビ映画のようなワー!キャー!的なところから頑張って……っていうのとは若干趣が違うが、「ゾンビもの」の固定観念(もしあればだが)から少し離れて読んでみてほしいですね。 色々とスッと納得できないところが多いけれど、だからこそ主人公の考えを理解して共感する……というのが大事なような気もします。感情移入するには好みによって分かれるんでしょうか、少なくとも私は結果的に感情移入できました。 ぜひとも彼の気持ちを考えながら読んでほしい……と思います。 (ノクタのような展開を期待されてるなら微妙かも?) 『欲しいものリスト:  未読の方がいたら是非とも読んでほしい。

5.0
1

作品の評価分布

5.0

2

4.0

0

3.0

0

2.0

0

1.0

0

未評価

0

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top