glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・MST

Evil Revenger 復讐の女魔導士 ─兄妹はすれ違い、憎み合い、やがて殺し合う─

point_star point_star point_star point_star point_half_star 4.6

【作品紹介】

「兄さん、あなたさえいなければ、私はきっと幸せだった……」 少女チェントの波乱の生涯を書くダークファンタジー。 親を失った幼い兄妹は、2人きりで生きねばならなかった。 兄は、日々の苦しさと怒りを妹にぶつけた。妹はただ耐え忍ぶしかなかった。 大人になった兄は名声を得た。妹には何も残らなかった。 そして、彼女は歪んだ。 ※この作品は、アルファポリス・小説家になろう・エブリスタ・カクヨム・暁・マグネット・comico・ノベルバ・pixiv・魔法のiらんど・セルバンテス、で並行連載されています。

ファンタジー 女主人公 異世界 シリアス ダーク 復讐 青春・ヒューマンドラマ ハイファンタジー 一人称視点

投稿されたレビュー

結末は意外な、旅路の果て

 淡々と紡がれる、成長するまでの目を背けたくなるような日々。一人称で語られているはずなのに、まるで激しい感情など閉じ込めてしまったかのような、どこか他人事のような日々。  そう、チェントにとってそれは目をつぶってやり過ごすだけの日々。  閉じ込められて、一歩も抜け出すことのできない生活は、きっと禁止されていたからという理由だけでなく、彼女自身が、突然奪われた平穏な毎日を受け入れられず、自閉していたからかもしれません。  王族の血筋であることなどは中盤で語られますが、それは救いになるものではなかった。  単純な貴種流離譚にすることなく、テーマをまっすぐに描き切っている。  チェントが魔王城に流れ着いたあたりでしょうか、何故か脳裏には昔の洋画のような風景がバックグラウンドのように映り始めました。  中世の、戦争物、たとえばジャンヌ・ダルクのような。  埃と茶色い血と、武器や鎧の金属音に彩られた世界。  神が物語に介入しないだけ、よほど純粋かもしれません。  設定は魔王や、魔道術など、ファンタジーですが、それなくしても充分だったかもしれない、と私は感じました。  結末は少し意外でした。  ダーク・ファンタジーという言葉と、プロローグで、すっかりバッドエンドを思い描いていました。  これは良い裏切り、とても面白かった。  ありがとうございます。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 4
共感する! 2

メロウ+

作品の評価分布

5.0~

4

4.0~

0

3.0~

1

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚