glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

作・硯羽未

向日葵とりんご飴

プラグラインのギター兼ボーカル・眞玄はベースの朔に恋している。けれど彼は天然軟派野郎なので、すべてが軽々しく、遊びに見えてしまうのが欠点だった。 地元の夏祭りで三味線奏者の父に挑発され、ステージに上がる。そこが彼の分岐点となった。 バンドをやる意味、考え方の違い、そんなものが交錯します。成長の物語、だと思ってます。 「セルリアンブルー」のスピンオフですが、いきなり読んでもまったく大丈夫です。 ※他サイトのfujossyに同じ話を載せてますが、表現を若干ソフトにしました。ほんとに若干ですが… 【主な登場人物】 辻眞玄(つじまくろ)…主人公。21歳。ギターとボーカルを兼任する、バンドの顔。大体常にチャラい匂いフェチ。三味線奏者の父を持つ、おばあちゃん子。基本は攻。 遠藤朔(えんどうさく)…19歳ベーシスト。若干コミュ障の自覚あり。ヤンキーテイスト。何故か眞玄を惑わせるフェロモンの持ち主。和装の眞玄に発情する。 浄善寺葵(じょうぜんじあおい)…20歳ドラムス。眼鏡男子で眞玄と腐れ縁。リズム職人。 加納上弦(かのうじょうげん)…眞玄の父。三味線奏者。40代半ば。音緒という4才児のパパでもある。

続き
BL ラブコメ

タイトルの意味を知った時、愛の深さを再確認する

【飛んでもない奴だなという印象は】 物語は、冒頭部分から吹き出すやり取りに、一体どんな話なんだろうか?と興味が湧く所から始まる。主人公であるギターボーカルの彼は、一見チャラそうで、軽そう。しかし、誰とでも気軽に話せるような、屈託のない人物に見える。そんな彼が好きになった相手は、自分とは正反対ともいえる性格の相手だった。どんなに求愛しても手に入らない相手。本気なのに信じて貰えない理由は、なかなかわからないまま。しかし、諦められない主人公は、彼と祭りにいく約束を取り付けるのだった。 【酔いから始まる二人の行く末】 この物語は、一見軽そうな主人公を、好きだけれど信じられないから拒むという印象で始まる。そのため、初めのうちはベースの彼が不憫に見える。しかし、何故主人公がこんな振る舞いであるのかに気づいた時、ベースの彼同様、主人公に対する見方は180度かわる。自分から見た自分と、他人から見た自分が合致しないことが、いまいち理解できない主人公。彼は、単に自分に素直なだけで、チャラいというわけではないのだ。見た目がどれほど印象を決めてしまうのかという事を、読者に気づかせてくれる物語でもある。そのため、読者は自分の日常を思い浮かべ、似た体験を思い浮かべることとなるため、主人公の境遇を理解しやすい。 【好きだと気づくと同時に知る、彼の闇】 いつも明るく振舞っている主人公だが、本当は底なし沼のような寂しさを抱えていた。今まで、同性を好きになること、恋愛として興味を持つことのなかった主人公の心の扉を開けたのが、まさしく彼が想いを寄せる、ベースの彼だったのだ。主人公は、彼ならば自分を救ってくれると、本能的に感じたのかもしれない。この物語は、主人公の抱えるものを知った時、純愛であることに気づく。 【分かたれる道】 主人公の目指したかったモノ。この物語は、恋愛と夢という二本柱で構築されている。しっかりとどちらにもスポットが当たっている上、現実的な厳しさも備えている。簡単にめでたしとしないからこそ、リアリティを感じ、主人公の周りの人物の考え方が浮き彫りになり、応援したいという気持ちになる。そして、物語に厚みをだしているのだ。人生には簡単に思い通りにならないことがあり、それでも諦めずに頑張っていれば、いつかは叶うのだというメッセージも読み取れるのだ。 一見、純愛に見えないのに、気づけば「やだ純愛じゃないの!」ときゅんきゅんしてしまう物語です。 自分でもこういうことあるよな、わかると共感できる部分も多い作品です。 是非お手に取られてみてはいかがでしょうか? おススメです。

crazy'[email protected]レビュー師with優人さん

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 0
共感する! 0

文字数:94,845文字

連載開始:2020年10月02日

最終更新日:2020年10月06日

作品の評価分布

5.0~

1

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚