glass menu_button

作品

レビュー

レビューを投稿する

運営している人

@オノログ

閉じる

作・カムリ

氷海のヴェルヌ

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

一八七六年。北極点から突如出現した『氷惨』(アイスバーグ)と呼ばれる半有機生命の侵攻によって、地球の気温は著しく低下し、人類の生存圏は減損していた。各国が同盟し、世界政府(インターナショナル)を樹立することで『氷惨』の打倒を目指すなか、氷塞都市となったアラスカに一人立つ少年がいた。 その名前を、ジュール・ヴェルヌという。

ファンタジー SF 小説家 フリーズパンク サイエンス・フィクション ジュール・ヴェルヌ

投稿されたレビュー

作品の評価分布

5.0~

1

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚