glass menu_button

作品

レビュー

レビューを投稿する

運営している人

@オノログ

閉じる

作・橘 紀里

Somewhere, Nowhere 〜ここではないどこかへ〜

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

【作品紹介】

 かつて、人間と精霊たちの間で、世界を滅ぼすほどの凄惨な大戦が繰り広げられ、平和と秩序を取り戻すために三分された世界。  その世界のとある街の酒場に、美しい銀の髪の若者が現れる。  その街で薬師として働く男は、何の気なしにその若者に声をかけたことから、その若者の秘密を知ることになる。  種族も性別も曖昧なその若者の苛酷な過去と、見守る二人の青年。  そして、その若者を守るように寄り添う大きな黒い獣。  さまざまな思惑が入り混じり、しがらみの多い世界で、彼らはそれでもそれを切り開く旅に出る。 +++++++++  厄介な事件に巻き込まれた(むしろ飛び込んだ)性別不詳(未確定)無自覚天然な主人公と、彼女を見守る青年やおっさんたちとの恋模様と冒険の物語です。  導入部となる序章のあと、二章は主人公ディルが十四歳の時に二人の青年と運命的な出会いをして、その一人に淡い恋に落ちる過去のお話になります。  三章から現在に戻り、本格的に物語が進行し、おっさんも巻き込んだ大人の恋愛模様もこのあたりから。  そんなわけで、途中からしばらくメインの二人が不在になり、かわりに大型犬とおっさんが参戦。 第三章で概ね登場人物たちの過去が明らかになり、帰ってきた(ツンデレ)青年とおっさんと大型犬とのややこしい恋模様が展開されています。年の差カップル万歳! ※ 比較的直接的な描写がある話には (*) をつけています(ぬるめ)。 ※ 本編完結しました。 ※ 某薬師の人との恋模様が The other possibilities というスピンオフ(別ルートver.)にて別途完結しました(糖分増量中)。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054935354814

恋愛 ファンタジー 女主人公 異世界 年の差 おっさん 天然

投稿されたレビュー

運命と宿命、呪いと愛と。傷ついた魂を救うのは

 世界設定は比較的複雑ですが、すんなり違和感なく受け入れる事が出来るわかりやすさで、数話でどのような世界観なのかが理解でき、その下敷きの上で進む物語を純粋に堪能する事ができるので、普段ファンタジーを読まない層でも、とっつきやすいと思います。  何百年も生きる種族であったり、姿を変える種族であったりで、種族ごとの行動パターンや考え方が、普通の人間の経験しかない読者としては、突飛に思えたり、信じられないように思えるものなのですが、彼らのような存在ならそう考えてしまうだろうな、という説得力があり、納得できます。  そのような人間とは違う考え方をもつ登場人物が、とても魅力的で、考えは理解しがたいけど、その気持ちがわかってしまう絶妙な心理が、物語をより深めている感じです。  恋愛要素が強いけれど、主人公の成長物語でもあり、その周囲の心も引っ張られて前に進んでいく様子も、物語の核として追わずにはいられません。  一人の主人公に、多数の愛が殺到する形になりますが、登場人物の人格が完成されているため、暗いドロドロな要素はなく、ただ甘さと切なさだけが胸に残る感じでしょうか。    ファンタジー好き、恋愛もの好きの双方を満足させる内容です。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 0
共感する! 1

MACK

様々な恋模様が絡んだ上質なファンタジー

精霊と人間の大戦の爪痕が残る世界。孤児として育ったディルは、ある日二人の青年と出会う。彼らと運命を共にすることでディルは禁忌を破ってしまい、それにより呪いを背負うことに。 ふりかかった呪いを解くため、ディルの、自分を見つける為の旅路が始まる── 特筆すべきは、美しい世界観の描写です。精霊や竜など人ならざる種族が生きている神秘的な世界が、流麗かつ繊細な言葉で紡がれており、複雑な設定はあるもののそれを感じさせることなくスッと物語に入ることができます。 そこにあるのは、『指輪物語』や『はてしない物語』のようなかつて誰もが憧れたファンタジー世界。洋画を思わせるような含みを持たせた会話も、この世界観を際立たせています。 内容は大人向け。恋愛の描写が濃く、主人公ディルに惹かれるアルヴィードとロイの恋の駆け引きもメインのひとつです。生きることに執着しないディルは、自分に優しくしてくれる人にならすべてを委ねてしまうような危うさを持っており、時折り微妙に手を出しながらも、ぐっとその熱を抑える魅力的な男達に、読者も時には甘く、時にはじれったさを感じながら読んでしまいます。 主人公を取り巻く運命が、読み進めていくうちに徐々に紐解かれていくのも面白く、また長寿の種族が多い為に、恋模様も複雑に絡んでおり、実はこの人とこの人が過去に…というように読めば読むほど意外な発見も。 生きる希望を失っていたディルが、二人の男との旅を通してどのように変わっていくのか、ぜひ見届けてほしいです。 ※投稿サイトによって内容が異なる為、読み比べてみるのもおすすめです。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 0
共感する! 0

結月 花

作品の評価分布

5.0~

5

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚