ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

作:萌木野めい

暗殺者の結婚

星4つ

0%(0)

星3つ

0%(0)

星2つ

0%(0)

星1つ

0%(0)

未評価

0%(0)

最終更新:2022/8/2

作品紹介

腕の立つ暗殺者であった過去をひた隠しながら『普通の娘』として生きるサザは、働く酒場の突然の閉店により突如仕事を失ってしまう。  全く仕事の見つからないサザを心配した仲間が取り付けてきたのは、国の英雄と呼ばれる剣士であるユタカと結婚話だった。  英雄らしからぬ素朴な優しさを向けてくれるユタカに戸惑いつつも、正体を隠しながらしぶしぶ結婚生活を始めたが、ユタカが暗殺者に襲われ、サザを助けようとして大怪我をしてしまう。 サザは自分を守ってくれたユタカのために、首謀者を突き止めることを心に決めるが…… 暗殺者であった過去を抱えながら生きる娘が、女であること、愛する人への秘密に悩み、血を流しながら必死で生き抜いた一年の物語。 【2021/7/3 大幅に改稿しました。】 ストーリー自体は以前と変わっておりませんが、一部設定変更やエピソード追加を行いました。 ― 優しすぎる青年剣士と訳あり元女暗殺者の、最強同士の突然始まった結婚生活。 恋愛とバトル要素が同量程度です。 ※暴力、出血に関する描写が含まれます。苦手な方はご注意下さい。(*)印を付けています。 本編は70話、16万字程度で完結済みですが 時折「another short story」に本編を読み終わった方向けのショートストーリーを追加しています。 — カクヨム、エブリスタにも掲載しています。

R15ファンタジー女主人公身分差シリアスハッピーエンドダーク職業ものお仕事

評価・レビュー

自分が自分であることが幸せを呼ぶ

幼い頃から暗殺者として生きてきた主人公サザは、ひょんなことから突然領主の妻になることに。だが、移民してきたイスパハルという国では暗殺者は忌み嫌われる職業。また、国王に嘘をついてはならないという誓いを破ると死罪になる為、サザは元暗殺者という身分をひた隠しにして生きることになります。 些細なことがきっかけで夫婦になった二人ですが、互いが互いを信頼し、愛を深め合う過程が丁寧に描写されている為に、読んでいるうちに二人の幸せを願わずにはいられません。領主と言えども孤児の出であるユタカは身分違いであるはずのサザの人間性を愛し、またサザも元暗殺者であるがゆえに、ユタカが持つ苦悩や葛藤を受け入れて彼を支える存在になっていきます。 サザとユタカ。互いが互いを守る為に、命をかけて戦う場面は圧巻で、クライマックスの展開は手に汗握りながら読んでしまいました。 そしてその先にある結末──自分が暗殺者であることに誇りを持ち、自分が守るべきものを守り抜いた先にある幸せを、あなたもぜひ見届けてください。

5.0

結月 花

カッコいい女暗殺者の信念とは

 暗殺者の結婚、というタイトルでもう惹かれる方、多いんじゃないでしょうか。 私もその一人です。暗殺と結婚という、ある意味対極にあるような二つの言葉が結び付けられている。一体何がどうなるの!? と興味がやまず、早速読んでみた訳でした。  この小説、凄いですよ!  軸として描かれるのは、主人公たる女暗殺者サザの生き様ですが、このサザがカッコイイのなんのって! 人間らしい葛藤や弱さを持っているのに、それらを乗り越えていく、ある種の「人間としての理想的な強さ」を持った主人公です。  サザはこれまでの人生、数多の苦難を乗り越えてきました。その時頼りにしてきたのは、国一番と称される「暗殺の腕」。 ところがこの「結婚」という難題に対しては、その暗殺の腕こそが足を引っ張るのです。  果たしてサザは「暗殺」と「結婚」にどう向き合うのか。 その時問われるサザの信念とは。  是非、あなたもその目で!

5.0

伊空路地@再臨