glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・流々(るる)

交換殺人って難しい

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

積もり積もったストレスのはけ口として訪れていた闇サイト。 そこで甘美な禁断の言葉を投げかけられる。 「交換殺人」 その四文字の魔的な魅力に抗えず、やがて……。 そして、届いた一通の封筒。そこから疑心の渦が巻き起こっていく。 最後に笑うのは? ※言葉の暴力が表現されています。ご注意ください。 ※この作品はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。 【第6回カクヨムコン 中間選考通過】 【第4回ホラー・ミステリー小説大賞 奨励賞】 【第9回ネット小説大賞 二次選考通過】 【第3回いっくん大賞 佳作】 【第一回 個人が選ぶ独断と偏見の小説大賞 佳作】 https://kakuyomu.jp/user_events/16816452218952757782 ※2022年4月までに加筆改稿を行う予定です。

ミステリー サスペンス どんでん返し 第6回カクヨムコン 中間選考通過 フーダニット サスペンスミステリー あなたの隣人に起きているかもしれない物語

投稿されたレビュー

ネットの向こうの見知らぬ相手から提案された『交換殺人』と主人公の苦悩

 とにかく『序章』がすごい!  ひとまず最初だけでも読んでみて。  緊張感にドキドキして、物語にグッと引き込まれること間違いなし。  夜の九時近く。  場所は人目につかない神社。  主人公はそこで人を待っている――相手を殺すために。  神社の石段から突き落とせば、事故として処理されるはず。とても『簡単な作業』のはずだった。  ところが、主人公は重大なミスに気付く。  ここからでは相手の顔がよく見えない。間違って無関係な人を殺すわけにはいかないし、かといって相手はどんどん近づいてくる……。  そこから場面展開して第一話へ続いてゆくのだが、ここで話が緩むことなく引き込まれるのが、この作品のすごいところ。  次から次へと気になる展開が続く。 「この後どうなっちゃうの!?」と、読み進めずにはいられない。  気付けば、怒涛の勢いで読み終えていた。  最初から最後まで退屈することのない、まさに『読者を楽しませてくれる作品』だ。  作品のジャンルとしては『サスペンス』や『ミステリー』の類。  読者の興味を引く要素がそこかしこに仕掛けられている。  まず『交換殺人』というキーワード。  文字通り、自分が殺したい相手を誰かに殺してもらい、その「誰か」が殺したいと思っている相手を自分が殺す。そういう約束だ。 「そんなの本当にうまくいくのか?」とハラハラしてしまう。  章タイトルがそれぞれ『因』『果』『応』『報』になっているのもめちゃくちゃ怖い。  題材が題材だけに、ゾッとするようなシーンが何度もある。 『交換殺人』を持ち掛けられた主人公の葛藤や悩みや変化がリアル。  そして、「ミキ」という謎の人物。  ここにもまた何重もの仕掛けが組み込まれている。  登場人物たちはみんな一癖も二癖もあり、いかにもドラマに出てきそうな印象。 『サスペンス』や『ミステリー』といったジャンルゆえか、登場人物が全員怪しく見える。  日常生活の描写が綿密で、さりげない描写にもいちいち意味があるのではと勘ぐってしまうが、それはそれで楽しめる。  そして、アーッ!? まさかそんな展開に!?  と驚きながら読み進めてゆくと、途中で明かされる驚きの事実!  読み返してみると、たしかに何度も何度も伏線が張ってある。  うわー、全然気づかなかった! してやられた!  ラストはまさに章タイトルを回収してゆく見事なオチだ。  物語は閉じるべくして閉じられる。  いやあ、それにしても。  交換殺人って――本当に難しい。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 2
共感する! 0

ハルカ⭐積読消化期間

作品の評価分布

5.0~

1

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚