glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・古宮九時

Unnamed Memory

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

【作品紹介】

【このライトノベルがすごい2020単行本1位】加筆、書き下ろしありの書籍版全6巻発売中(電撃の新文芸) 「貴方がその剣の持ち主で、私が魔女である限り、いつか貴方は本当に私を殺さなければならないかもしれませんよ」 幼い頃、子供が残せないという呪いを受けたファルサスの王太子オスカーは、二十歳になった時、大陸最強と言われる魔女ティナーシャを訪ね、その解呪を願う。それを切っ掛けに彼女を守護者として連れ帰ったオスカーは、契約が切れるまでの一年間、ティナーシャの過去に関わる因縁に、そしてもっと大きな運命に巻き込まれて行くこととなる。 ※自サイト転載。《memoriae 1654~1655年》

残酷な描写あり 恋愛 ファンタジー 異世界 魔法 魔女 ハイファンタジー 風土記系FT 時々シリアス 大体漫才

投稿されたレビュー

単行本部門1位は伊達じゃないです

ご存知の方も多いでしょうが、掲題の通り「このライトノベルがすごい!」で単行本部門の1位を取った作品です。 ランキングに嘘偽りなく面白い作品ですので、私のレビューなんか読む必要ありません。 面白いファンタジーが読みたいなら読むべきです。 以下は昔話。 本作はもともと「小説家になろう」が流行るよりもずっと前、個人サイトにて発表された作品です。 当時のランキングサイト(閉鎖済)では、藤村由紀さんが新作を連載すれば1位独走するような状態でした。 それが新文芸のラノベとして発売して、晴れて日の目を見た形です。 この流れってソードアートオンラインとよく似てるんですよね。 面白い作品は、みんなに見える場所で発表したら、必ず人を惹きつけます。 本作はまさにそれなんです。 「-world memoriae-」シリーズの長編1作目で「Babel(書籍化済)」「Rotted-S」「End of Memory」 などとまだまだ続いていきますので、読み終わってからも楽しめます。 ※いわゆるシェアワールドに近いので、どれから読んでも良いです シリーズの世界観やキャラクター設定を詳細に書いたWikiがあったはずなんですが、探しても見つかりません。 書籍化にあたって非公開にしたのかなと思ってますが、知ってる人いたら教えてください。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 3
共感する! 4

とろろろ

作品の評価分布

5.0~

3

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚