glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・ 蔦永良

鈴生りの頭

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

 閑散とした電車に乗り、帰路に着く男。平素であれば、男の他に乗客がいない路線であったが、その日は違った。頬のこけた美しい青年が、微笑みを携えて席に腰をかけていたのである。  彼の微笑みの底にあるものを知りたくなった男は、声をかける。青年は、事故で恋人を亡くしてしまったこと、墓参りで「良い事」が起こったことを話し出した。

現代日本 純文学

まだレビューはありません。

作品の評価分布

5.0~

0

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚