レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

作・鈴元 香奈

旦那様は私を殺したいほど憎んでいる

0.0

12,145文字

2020年5月26日

2020年5月26日

【作品紹介】

マッグガーデン様より発売中の「悪役令嬢にハッピーエンドの祝福を!アンソロジーコミック」にて、真柴なお先生にコミカライズしていただきました。 王太子の婚約者である公爵令嬢と通じ、王太子の想い人の純潔を奪った。そんな嫌疑をかけられた挙句、容赦ない拷問を受け利き腕を切り落とされた近衛騎士のイェルド。イェルドを拷問したのは騎士団長の息子だった。 後日、王太子の恋人の虚言だったと判明した。騎士団長は息子に譲るはずだった爵位の一つと娘を詫びとして差し出すことを決めた。 幼少からの婚約者に婚約を破棄されたブリットは、家のためにイェルドと結婚することを了承する。 ブリット兄の物語を連載始めました。 「愚兄の嘆き」 https://ncode.syosetu.com/n6345gg/ 無断転載は許可しておりません。 Reproduction is prohibited. (C)2020 Kana Suzumoto

R15残酷な描写あり婚約破棄護衛騎士隻腕

評価・レビュー

亜夜

思い込みですれ違う恋物語

虚言に踊らされた王太子の命により、苛烈な拷問の末に利き腕を切り落とされたヒーロー。近衛騎士としての道を絶たれた彼の元へ、拷問を実際に行った男の妹であるヒロインは詫びのうちの一つとして嫁ぐことになる。 自分はヒーローに憎まれていると思うヒロインと、実は……なヒーローとのすれ違いラブストーリー。 ヒロイン視点のこの話では、兄はとことんクソだな……という感想しかでてこないし、とりあえず皆きちんと話し合えよ! それぞれの話を聞けよ! というもどかしい想いに駆られる。 その辺りを乗り越えて、ヒーローとヒロインがちゃんと気持ちを通じ合わせられたのは良かったけど、最後ここでおわりかあ……という物足りなさもあった。 この作品だけ読んで終わると主に兄関連でもやもやが残ったままだけれど、兄とヒーローの関係や拷問の真実を、兄視点で描いてる続編にあたる作品があるので、この作品を読んだのなら是非ともそちらもセットで読んで欲しい。 というか、両方読まないともったいないと思う。 なぜ兄が、こんなクソとしか言いようがない行動をとり続けたのかの理由が分かるし、ああだから……とかそういうことだったのか……と納得できることが描かれているので。 星は、兄の物語【愚兄の嘆き】とセットでの点数。

3.0
0

作品の評価分布

5.0

0

4.0

0

3.0

1

2.0

0

1.0

0

未評価

0

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

to_top