glass menu_button

作品

レビュー

レビューを投稿する

運営している人

@オノログ

閉じる

作・三浦常春

竜の瞳の行く末は

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

【第4章魔術学校編、開幕!】 「世界に希望をもたらすという神器<兵器>を捜索してほしい」  一国の王から下されたのは、あまりにも無謀な命令だった。  ある時は砂漠の町へ、ある時は海底に座する魚人族の国へ。またある時は、工業の発展した都市や魔術士の卵を育てる学園へ……。  個性豊かな仲間たちと歩む長い旅路の最中、主人公リオたちは、世界を揺るがす強大な陰謀へと巻き込まれる。その陰謀とは、神話の時代より続く、根強い因果の物語であった。 「……〈兵器〉なんて、本当はどうでもいいんだ。僕はただ、取り戻したい。かつて竜に乗って空を飛び、神族どもを蹴散らし、英雄として讃えられた男の名誉を」 ――――――――――― ★各章の紹介★ どの章から読み始めても内容が理解できるように工夫しています。各章10万文字(本1冊分)程度の文字量です。 ◆第1章 ヴァーゲ交易港 編 砂漠の貿易港が舞台。心優しい一家に一晩世話になるリオ一行。早朝に飛び込んできたのは、家主の知り合いが砂漠に行ったきり戻らないという知らせだった。 ◆第2章 海中都市オロペディオ 編 魚人族の住まう海底都市が舞台。海の神を復活させてほしい――王の懇願を快く受け入れるリオ。しかし王の思惑を是としない者たちが現れ、あわや内戦へと発達する。 ◆第3章 工業都市グラナト 編 魔術が蔓延する世界で工業技術の発展した都市が舞台。そこでは古代の技術を基盤に、可愛らしい「人形」づくりが進められていた。積み重なる事件に頭を痛める一行の前に、英雄の孫を名乗る少女と主人公の同族である魔族が立ち塞がる。 ◆第4章 ツィンクス魔術特育校 編 魔術士の卵を育てる学び舎が舞台を訪ねた主人公一行。そこではどうやら生徒が行方不明になる事件が発生しているようで…? さらに宿敵「神族」との遭遇もあって、事態はさらに混迷を極める。 ◆第5章 ????? 編 ◆第6章 ????? 編 ◆第7章 ????? 編 ―――――――――――― ★こんな人にオススメ!★ ・がっつり読みたい人 ・情景描写に力を入れた作品が好きな人 ・国家や種族ごとに垣間見える多彩な文化が好きな人 ・神話モチーフの話や架空の神話を読みたい人 ・天使や悪魔等について作品独自の解釈が好きな人 ・伏線や考察が好きな人 ・元気で賢いショタと一緒に冒険したい人 ・バディものが好きな人 ・耳や尻尾がついた程度じゃあ獣人と認めない人 一つでもビビッと来たものがあったら、ぜひお手に取ってみてください。 星やフォロー、コメントは執筆の励みになります。 読後はポチッとひと手間お願いします!!

冒険 ファンタジー 男主人公 異世界 魔法 ハイファンタジー 少年 中世ヨーロッパ風

まだレビューはありません。

作品の評価分布

5.0~

0

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚