glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・飛鳥休暇

聖痕~スティグマ~

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

四年ぶりに会った幼馴染の腕には、びっしりとタトゥーが彫られていた。 いっぽう自分は会社のストレスで潰されそうになっていて――。 人は何を拠り所にするのか。 生きづらい世界で、芯となるものはなんなのか。

現代 幼馴染 短編 純文学 故郷 聖痕

投稿されたレビュー

きっと誰もが、なにかに縋って生きている。

「もう戻れないよな。緑でいっぱいのあの山に。」 (作品キャッチコピーより) まず、この意味深なフレーズが気になった。 主人公とヒロインのワカは、人口の少ない集落で育った。 そして、四年ぶりに会ったワカの両腕にはびっしりとタトゥーが彫られていた。 その場面を想像し、一瞬ぎょっとする。 なぜ、ワカは両腕にタトゥーを入れたのか。 タトゥーがあると銭湯や温泉に入れないと聞くし、プールや海にも行き辛くなる。 それに、一度彫ってしまうと、消すには施術を受けなくてはならない。 昔よりは気楽に彫れるのかもしれないが、それでもやはり「覚悟が必要な行為」だというイメージがある。 読み進めるうちに、あまりの息苦しさで溺れそうになる。 それはきっと「生きること」に対する息苦しさだ。 まるで刃物のように、おそろしく研ぎ澄まされた作品だ。 ストレスで自殺をしたり自傷をしたりという話をよく耳にするが、この作品は「タトゥー」がそれらの代償行動として描かれている。 おそらく、人の数だけ「縋る」ものがあるのだろう。 人によってはそれが「家族」だったり「恋人」だったり「宗教」だったりする。あるいは「小説」だったり「ゲーム」だったりするのかもしれない。 タイトルの「スティグマ」とは、さまざまな意味を持つ言葉のようだ。 この作品も、いろいろな意味を込めて書かれているように思う。 読み終えたら、ぜひ言葉の意味を調べてみてほしい。 そしてキャッチコピーの意味がわかったとき、彼らの悲しみがいっそう強いものとなり深く心にしみる。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 1
共感する! 0

ハルカ⭐積読消化期間

作品の評価分布

5.0~

1

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚