glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・識島果

アイオライトの心臓

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

異常な痣とともに少年ロクドは生まれた。 左の指先から手首までを、深い深い暗闇の沼に浸したような、異常な痣。それは、彼の人生を決定づける、忌まわしい呪いの印だった。 呪いに蝕まれた少年と光り輝く奇妙な少女、そして夢の中に現れる若き魔術師。三人の運命は五百年の時を越え、やがて交錯する。 呪いの謎を巡る、魔術と輝石のハイファンタジー長編。

ファンタジー 異世界 魔法 シリアス ダーク ボーイミーツガール 風土記系FT 師弟 成長物語 ヘビーノベル 成長譚

投稿されたレビュー

光と影が鬩ぎ合う、破壊と再生のファンタジー

主人公のロクドは、左手にどす黒い痣を持って生まれた事で、十三歳になる前に村を出なければならない、と言われます。この痣は、大昔に何者かがこの土地に埋めた憎悪の種で、ロクドが村を離れれば、芽吹く事はない、と。村を囲む森を、子供が一人きりで抜けるのは不可能、待ち受けるのは死、と知りながら、ロクドは自分の運命を受け入れ、けれど生きるのを諦めず、悲しみに暮れる両親を気遣う、健気でしっかりした少年です。 森で死にかけたロクドを助けたのが、青年カレドア。クールで腕の良い魔術師です。あまり深く他人と関わらない割にロクドの弟子入りを許し、他人を突き放している様で意外と面倒見が良いという、微妙なバランスと、時折見せる底知れない陰が堪りません。 まず、この二人の師弟関係が最高です。二人とも理知的で、冷静で近付き過ぎない距離感を保ちながらも、ロクドは、カレドアのあまり他人を寄せ付けない態度の隙間から人間味を垣間見、カレドアも、ロクドの存在に慣れていく。穏やかで緩やかだけど、確かな絆が育まれていくのです。 しかし。各地で村を全滅させていく奇病、不思議な少女ヨグナとの出会いを経て、師弟の運命は大きく分かたれます。 それと前後して、ロクドが見る、謎の夢。 その夢に出てくる二人の青年魔術師、その関係もまた最高です……最高オブ最高。 田舎の村の不遇な生まれにも負けずに、努力で才能を開花させたレドニス。周囲の妬み嫉みを事も無げに受け流す事で、余計に反感を買ってしまうタイプです。 そして彼の兄弟子のライネルは、快活で正義漢で一本気。この対照的な二人が、互いに信頼し合うこのコンビが……このコンビが……!! 夢が意味するものとは。世界を蝕む呪いとは。綿密に組み上げられたストーリーは読み応えたっぷりです。 美しい文章で描かれた、幻想的な魔術の描写も素晴らしいです。 放課後の図書室で読み耽った、ハードカバーの本を思い起こさせる、珠玉のファンタジーです。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 0
共感する! 0

akinokonika

作品の評価分布

5.0~

1

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚