glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・大田康湖

自分、みいつけた

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

1985年。女子高生の定子とやちよは河原で倒れていた青年を助ける。記憶喪失の青年は「直利」という仮名で暮らすこととなるが、ようやく突き止めた自分の過去は信じがたいものだった。直利に安住の地はあるのか、そして直利に一目惚れした定子の恋は実るのか。

恋愛 SF 記憶喪失 拉致 1980年代

まだレビューはありません。

作品の評価分布

5.0~

0

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚