ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
サイト関連
運営している人

@オノログ

作・萩月ヱリカ

偽称の虚言者 ー嘘を吐《は》く正直者ー

0.0

109,562文字

2020年11月21日

2022年7月21日

【作品紹介】

『異能力事件専門捜査室』という秘匿機関の捜査官・泉小路小夜《いずみこうじさよ》は、ここ二年間で起きている不可解な事件に頭を悩ませていた。  発見されたのは二人の能力者の死体。しかし不気味なことに、どちらの現場も肝心の犯人に繋がる痕跡が一切見つからない。足跡も、毛髪の一本も、指紋すらも。何者かと「いた」はずなのに、その情報が何一つ、無い。  そこで小夜の仕事は、能力者収容施設にいる『情報屋』に会い、捜査協力をしてもらうこと。すぐに終わると思っていた矢先、目の前で堂々と脱走しようとする男、京谷要《きょうや かなめ》と遭遇する。小夜は放っておく訳にもいかず、ひとまずその男の用事に同行することに。  要はなんでも、「嘘つき」で有名らしく、自分の持つ能力は『嘘を信じ込ませること』だという。そして、「二人の能力者を“賭け”で殺したのは、この、嘘つきの自分だ」と口にする。  だが、要の言葉が嘘か本当なのかは、小夜には分からない。  果たして要は、本当にこの事件の犯人なのだろうか。「自分は嘘つきだ」という彼は、その通りの嘘つきなのか。それともその言葉は嘘で、最初から真実を語る正直者なのか――。

ファンタジー男主人公現代ミステリー異能完結済み第7回角川文庫キャラクター小説大賞能力と対価女捜査官

作品の評価分布

5.0

0

4.0

1

3.0

0

2.0

0

1.0

0

未評価

0

本棚

作品へ

ログイン

新規登録