glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

作・ フジムラ

巫女と忌神の神統記

point_zero point_zero point_zero point_zero point_zero 0.0

【作品紹介】

 忘れさられた神話が存在する。  かつて地上を闊歩し、生命の進化に干渉した古き神々は、正しき星辰に至りし時再び顕現する。  約束されし星地球を舞台に、定められし種人類を素材にした、神化の実験が開始された。  預言書に従い行動する組織。毀された忌神の巫女。混沌の端末。狂科学者。人造神の操者。数百年を生きる魔女。人を喰らう機織り人形。それぞれの思惑が交差する連作短編。

ホラー 現代日本 異能 アクション/バトル クトゥルフ コズミック・ホラー

投稿されたレビュー

少女たちが紡ぐ、暗黒神話との向き合い方 ~あるいは引き裂かれそうな心の保ち方~

クトゥルフ神話の一ページとして、現代を生きる少年少女が譲れないもののために、必死で頑張るヘヴィノベルとでもいうべき傑作。  旧きよきゼロ年代のノベルゲームの重厚な味わいを残しつつ、約束された結末に向かって突き進むスピード感がたまらない。  いくつかの物語が相互に作用するアンソロジー的な性質を持っているこの作品だが、一つ一つの物語が秀逸であり、また出色が鮮やかに違うため、何処までも読者を飽きさせない作りになっている。  クトゥルフ神話といえば狂気の物語として有名だが、安易に狂う人間など存在せず、登場人物はみな大切なもののために最後まで足掻ききってみせてくれる。  そういった意味では、生命賛歌としても楽しむことができ、個人的には大変嬉しかった。  こんな作品を読みたかったという思いと、書きたかったなぁという痛痒に支配される不思議な読み心地である。  とくに少女同士の関係性の描写は白眉であり、胸がキュンとしたりキュッとする。  暗黒神話として楽しむもよし。  青春エンターテイメントとしてワクワクするもよし。  あるいは不吉な影に怯えるのもよい。  じつに多種多様な楽しみ方のある、素敵な小説である。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0
参考になった! 0
共感する! 0

雪車町地蔵(そりまち じぞう)@きっとモノを書く人

作品の評価分布

5.0~

1

4.0~

0

3.0~

0

2.0~

0

1.0~

0

未評価

0

本棚