ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

作者:北乃ゆうひ
条件をリセット

詳細検索

作・北乃ゆうひ

魔剣技師バッカスの雑務譚~神剣を目指す転生者の喰って呑んで造って過ごすスローライフ気味な日々の物語~

「お前らいい加減にしろよ! 俺は魔剣技師で何でも屋じゃねぇし、ここは工房で、食事処じゃねーんだよッ!!」  日本人だった前世の記憶を持ってこの世界に生まれた主人公バッカス。  彼は子供の頃に神が振るう神剣と呼ばれる武器を見た。  それ以来、彼は神剣に憧れそれに迫る魔剣を造ることを夢に、魔術と魔導技術の世界へと足を踏み入れた。  そして現在――27歳のバッカスは、酒好きの多い町ケミノーサで魔剣の研究をする片手間に、日用品の魔導具を造ったり魔術士として何でも屋を手伝ったり昼行灯として食事をしたり酒を呑んだりしながら生活している。  魔剣だけ造っててもお金にならないので仕方が無い。  神剣にこだわり続けてても生きてはいけないから他のモノも造る。  いつかは神剣に迫る魔剣を造りたいがそれはそれ。   魔剣技師バッカスは好き勝手生きている。  酒を呑むのは好きだし、食事も大好き。料理そのものは趣味ながらプロの域。  何でも屋としても腕利きで、魔術士として戦闘するのもお手の物。  気づけば餌付けしてしまっていた友人知人に囲まれて、魔術の腕前頼りにやたら厄介事が舞い込んでくる気がするけど気にしない。  口は悪いがお人好しのバッカスは、喰って呑んで魔剣を造って、時々舞い込む厄介事に手を貸して、ちょっぴり女難の相に悪さをされながら、日々の生活を営んでいる。  冒険控えめ、食事は多め、時々バトルな、スローライフ気味異世界生活を送るバッカスの雑記帳。  これは――強き芯を抱く者たちの幻想譚。  カクヨムにも掲載しております。

更新:2022/11/27

文字数:176,502文字

- - - -

0
0
0
0

作・北乃ゆうひ

引きこもり箱入令嬢の結婚【書籍化&コミカライズ連載中】

 書籍化&コミカライズしてます! 【簡易なあらすじ】  成人を祝うパーティ会場で、ややコミュ障気味で引きこもりで箱入(物理)なご令嬢モカと、第二王子サイフォンが出会い、婚約を交わすなり色々とトラブルがやってくるけど、二人で乗り越え最後には結婚するお話。 R−15は念の為。 【普通なあらすじ】 「箱? 何だ……あの箱?」  成人会――貴族が17歳を迎える際に招かれる、王族主催のパーティー。  その会場の片隅に、誰もが目を引く謎の木箱が置いてあった。  誰もが気にしながら、誰もが触れることのないその箱に……この国の第二王子サイフォンが近づいていく。  そしてその箱がキッカケで知り合った公爵令嬢モカ。  サイフォンは互いの利益の為に、モカと婚約を結ぶことにする。  その出会いは良くも悪くも、国を騒がせる出来事の始まりでもあった。  これはサイフォンとモカが出会い、結婚するまでをモカの視点で描く物語。 『その在り方を認め合う為の幻想譚』 ※以前、読み切りで書いたモノの連載版となります。  最初の数話は、連載ベースで加筆修正していますが、読みきり版と大きく変更はありません。 コミカライズ 2021/9/20より 講談社女性向けコミックアプリ Palcy 2021/9/22より pixivコミック 2022/02/01より ニコニコ漫画 水曜のシリウス それぞれで連載中です 書籍『箱入令嬢シリーズ1 引きこもり箱入令嬢の婚約』 2021/10/1発売 書籍『箱入令嬢シリーズ2 引きこもり箱入令嬢の結婚』 2022/10/3発売 漫画『引きこもり箱入令嬢の結婚1』 2022/2/28発売 漫画『引きこもり箱入令嬢の結婚2』 2022/6/30発売

更新:2022/11/26

文字数:348,873文字

- - - -

0
0
0
0

作・北乃ゆうひ

フロンティア・アクターズ~ヒロインの一人に転生しましたが主人公(HERO)とのルートを回避するべく、未知なる道を進みます!~

 街と世界を救わないと!  主人公が私のルートに入らないようにしながらッ!(切実  十柄鷲子(とつかしゅうこ)は、ある日、前世の記憶というものを思い出す。  そして、この世界がフロンティア・アクターズという現代学園モノ異能バトルRPGと同じような世界であり、自分は作中のプレイアブルキャラの一人にしてヒロインの一人だということに気がついた。  恋愛要素も存在するゲームであり、特に自分の恋人ルートでは主人公(HERO)との甘々イチャイチャが激しいシナリオだったことを思い出して、鷲子は思わず身悶えする。 「ヒロインとイチャイチャしたいのであって、主人公とイチャイチャしたいワケじゃない!!」  前世の記憶が叫ぶその言葉に全力で同意する鷲子は、二年後にこの街へ引っ越してくる主人公(HERO)を迎え撃つ為に、あれこれと画策することにするのだった。  ところが――  前世の記憶を得てから最初に出会った異能者の時点で、ゲームには名前すら出て来ない男で……  同じタイミングで出会った冴えない警部さんも、喰わせ者のようなのに、ゲームにはまったく出てなくて……  鷲子は薄々気づき出す。  自分が奮闘すればするほど、  ゲームには居なかった異能力者と遭遇して戦闘になったり、ゲームでは影の薄かった人と妙な関わり方をしたり……  プレイアブルキャラたちの覚醒が前倒しになったり後ろ倒しになったり……  何故か主人公(HERO)との遭遇前に他のプレイアブルメンバーと遭遇し、妙に懐かれてしまったり…… 「私の恋愛ルートから外れようとすればするほど、メインシナリオの流れが崩れれば崩れるほど、知らない異能力者との遭遇率や異能関連事件の発生件数が増えていってませんか、これッ!?」  果たして鷲子は、主人公(HERO)から無事に距離を取れるのか? 「……あれ? もしかして距離を取り過ぎると、ラスボス戦で負けフラグが立つ? ラスボスを倒せないと街どころか世界が崩壊しかねないんですけど……!?」  ――果たして、無事に距離をとって良いのだろうか??  これは……そんな十柄鷲子と、彼女の暮らす街の人々による――【未知を恐れぬ小さな一歩が世界を拓く現想譚】 ※R15は念の為です。 ※カクヨムにも掲載しています。

更新:2022/11/23

文字数:303,910文字

- - - -

0
0
0
0

作・北乃ゆうひ

鬼面の喧嘩王のキラふわ転生~第二の人生は貴族令嬢となりました。夜露死苦お願いいたします~【書籍化します】

 女になっちまったとはいえ二度目の人生だ。今度こそテメェらしく生きてみるぜ! 親孝行、家族孝行、ダチ孝行なんてのもキッチリしながらよッ! テメェが大切にしてぇモンは全部守るつもりだから、夜露死苦なッ!!  ガタイが良くて喧嘩っ早くておっかない。  ついたあだ名は、喧嘩王。加えて顔が怖かったので、それも合わせて鬼面の喧嘩王。  地元じゃ喧嘩無敗の彼は――母親思いで地元愛の強い彼は――喧嘩に刃物を持ち出した不良によってその生涯を閉じることとなる。  そうして次に目覚めると、そこはどうやらファンタジーな世界。  あれ? 貧乏だけど貴族っぽいぞ? 今世のオヤジとお袋はかなり美系だな! 兄貴もいるのか!  ところで、オレはどういう立場だ? え? お嬢様? 今、お嬢様って呼ばれた? ……もしかして、女ッ!?  あ、でも刺繍とかお茶会とか嫌いじゃねーかも。  前世の記憶を持ったまま異世界の貴族令嬢となった元喧嘩王。  彼は前世での心残りを今世にて果たそうと、気合いを入れる。  そんな彼女の振るまいが、近しい人の運命を変え、領地の運命を変え、やがては王国の運命すらも変えてしまう――かも?  元喧嘩王だった貴族令嬢が無自覚に織り成す、運命と偶然が重なりあう物語。  これは――『その生き様がやがて未来を照らす幻想譚』 ※カクヨムでも公開中 ※2022/06/01 書籍化決定しました

更新:2022/9/27

文字数:540,389文字

- - - -

0
0
0
0

作・北乃ゆうひ

ファンタジーに癒やされたい!聖域33カ所を巡る異世界一泊二日の弾丸トラベル!~異世界女子旅、行って来ます!~

 皆様もご存じの通り、現在日本では異世界旅行が大変流行しております。しかし、その日程は最低でも7日。一般的には30日近い日程を組んでのものとなっております。  ですが、やはり長期になってしまいますと、計画が立てづらいもの。そこで当社は、一泊二日の弾丸ツアーをご用意いたしました。  異世界にあります聖域と呼ばれる場所を巡って癒やされる一泊二日の旅。  日々の生活に疲れた方、異世界のスピリチュアルスポットを巡って癒やされるのはどうでしょうか?  現地ガイドには、異世界の国々からの信頼も厚く、非常に腕の良い人をご用意させていただきました。  モンスターや盗賊の集団に襲われても、たった一人で無双できますので、安心して旅をしていただけます。  夕飯には異世界ならではの旅人メシをご用意。  ガイド自らがご用意し、お客様に振る舞います。  またシークレットカメラマンがお客様の邪魔をしないよう随伴し、最後に現像して写真をお渡しします。  うっかり撮影し忘れた――などという場合も、記念写真は必ず貰えますのでご安心を。  聖域は異世界の世界遺産であり、人気の観光スポットでもあり、いわゆる日本のお遍路のようなものでもあります。  地球とは異なる自然の中を駆け抜けながら、そのスピリチュアルな空気を楽しみませんか? (カクヨムにも掲載しております)

更新:2019/10/4

文字数:8,489文字

- - - -

0
0
0
0

作・北乃ゆうひ

花修理の少女、ユノ~修理工房のひねくれ店主は、人と花と精霊と、そして街から愛される~

 花と精霊に愛される街カイム・アウルーラ。  その街で有名な花修理工房の2代目店主であるユノ・ルージュは、花と精霊に感謝を捧げ、花学技術の結晶たる花導具を恋人のように愛でながら修理して過ごしている。  過去の出来事から、ユノはあまり人間を好まない。  だけど、彼女を好む人達は街の中にも外にも多かった。  ユノの工房で居候している見た目幼女な年齢不詳の謎多き女性ユズリハ。  何故か工房に住み着き始めた妙に頭の良いトカゲのドラ。  気がつけばユノの弟子となっていた、孤児院で暮らす少女ライラ。  カイム・アウルーラの最高責任者夫婦に、暗部たる裏社会の統べる東の帝王に西の女帝。  隣国の王族たる白銀の双子に、さらには伝説の存在とされていた統括精霊にまで――  ……人を嫌い、最低限にしか接することがない自分は、他人から好かれることなどないと思っているユノは、みんなからの好意に気づいておらず、自分の『居場所』なんて存在しないと思い込んでいた。  それでも彼女は、自らが愛する花導具を、誰かの大切な花導具を修理し続けていた。  そんなユノが、ある日――カイム・アウルーラのシンボルである大花時計を巡る事件に首を突っ込んだ時、周囲のことと、自分の中に芽生えていた気持ち……そして『居場所』を少しだけ自覚する。    街を愛する奇人・変人・超人に、流れに流れて腰を落ち着ける流れ者が集まる街カイム・アウルーラ。  そんな街を中心に、日々の生活を営む者たちの物語。  これは――人と花と精霊の『居場所を巡る幻想譚』。  『居場所』に気づくか、『居場所』を築くか――  あるいは、『居場所』を護るか、『居場所』を変えるか――  人間はいつだって『居場所』を巡って右往左往するモノだから――   しばらく不定期の更新となります。 (R15とか残酷描写とかは一応つけておきます)  カクヨムにも掲載してます。

更新:2022/2/15

文字数:622,205文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。