ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

作者:虎戸リア

条件をリセット

条件でさがす

作:虎戸リア

スキル【守護霊獣】が過保護すぎる件 ~無能はいらないと追放されたら、何もしてないのに勝手にそのパーティが崩壊した。君は何もしてないよね守護霊獣さん?「もふ!? コンコン!(な、なんのことかな!?)~

役立たずと呼ばれたハズレスキル――【守護霊獣】を持つ新人冒険者フィリは困惑していた。 「お前のスキル何の役にも立たないし、弱いしいらねえわ」 と自分からパーティ誘っておきながら雑用係と酷使したあと報酬も払わず、さらに暴行を加えた上で追放したAランクパーティがなぜか次の日には自分のことを忘却していた。何よりそれから彼らは妙に不幸続きで、やがては崩壊してしまった。 他にも、ハズレスキルしか持っていないと小馬鹿にしてきた先輩冒険者が次の日には人が変わったように親切になったり、新人冒険者だからと騙してぼったくり価格で武器を売りつけた商人が、なぜか急に融通を利かせてくれたりと、フィリにとって幸運が続いていく。  不思議がるフィリの側には、他者には見えず、触れる事もできない一体の獣がいた。  それは周囲からは何の役にも立たないと言われていたスキル【守護霊獣】によって現れた九尾の狐――レギナだった。 「ねえレギナ。もしかして君、また何かした?」 「もふ? コンコン!(な、なにもやってないよ!)」 「なんで、顔を逸らすのかな? ねえ何か隠してるでしょ」 「がる~(隠し事なんてするわけないじゃない)」 「……正直に言いなさい」 「きゅーん……(私がやりました……)」  守護聖獣であるレギナは密かに、悪意ある敵を霊的もしくは物理的に排除し、逆に主であるフィリやその味方には幸運を与えていたのだった。その結果フィリは努力と共に冒険者として成長していく。 これは、超過保護な守護霊獣と努力を惜しまない少年による成り上がり冒険者譚だ。

更新:2021/5/27

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

竜王様の最強国家戦略 ~竜姫を従えた元王子はスキル【竜王】の力で反旗を翻す~

<書籍化決定しました!><MFブックス様より2月25日発売予定!!> 大陸一の大国である、クロンダイグ王国の第三王子アドニスは悩んでいた。彼は、この世界の誰もが生まれ持つ技能<スキル>の使い方や効果がさっぱり分からなかったからだ。 スキルを使えない者は無能というのがこの国の常識であり、既に遠い昔に竜が滅び忘れ去られたこの世界では、彼の持つスキル【竜王】もハズレスキル扱いされて王や兄弟から無能のレッテルを貼られていた。 そして彼は成人したと同時に開拓という名目で辺境の地へ追放されてしまう。 枯れた大地と岩しかないその地で、僅かなお供と共に生活を余儀なくされたアドニスだが、彼はそこで〝竜の魔女〟を名乗る赤赤髪の美女――カレッサに出会う。 そしてアドニスは、彼女から自身のスキル――【竜王】の真の力とその使い方について教わった。 「【竜王】の力があれば――国を作るも、滅ぼすも、君の思いのまま」 こうしてはアドニスはカレッサの導くままにスキルの力、【七竜召喚】を使って―― 水竜の力でオアシスを作ったり、 地竜と木竜の加護で肥沃な大地を作り農業を始めたり、 金竜と火竜の資源と炎で武器開発したりなど、 規格外の方法で辺境の地を開拓していき、やがてクロンダイグ王国に引けを取らない国へと成長していく。 一方アドニスを追放しらクロンダイグ王国は、スキル【竜王】のおかげで発生が抑えられていた魔物達が活性化し、徐々に国が傾いていった。そして挙げ句の果てには、アドニスと彼の国へと宣戦布告してしまう。 しかしそれに怒り狂った部下の竜達によって、あっけなくクロンダイグ王国は滅亡するのだった。 これは、追放された王子による規格外の国作りを綴った物語だ。

更新:2023/1/5

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

英雄魔術師、戦争が終わったら用済みだと処刑されたら、なぜか敗戦国のエルフの王女に召喚されたので復讐に手を貸すことに。ところで我が祖国よ、その魔術考えたのは俺だから効かないし、こっちの魔力は無限だぞ?

数々の画期的な軍用魔術によって周辺国を支配していった、魔術国イングレッサ。その覇道を表裏ともに支えていたのは若くして大魔導師の地位まで登り詰めた男――ヘルト・アイゼンハイムだった。 しかしその才能に嫉妬した宮廷魔術師は、このまま生かしておけばいずれ敵になると王を唆し、不意打ちでヘルトの魔力を奪って無力化した上で、戦争犯罪者として処刑した。  しかしヘルトはなぜか気付けば、前の戦争で滅ぼし、焼け野原と化したエルフの国の生き残りである王女イリスの前に立っていた。 「あん? 誰かと思えばエルフじゃねえか」 「やったああああ英雄召喚成功だあああ! って貴様はヘルト・アイゼンハイム!! 我が国を滅ばした恨み、忘れはしないぞ死ねえええ!! エルフ殺法木の葉崩し!!」 「喜んだり怒ったり忙しいやつだな……つうかもう俺死んでるんだが」 「なんで、あんたが召喚されるのよ! 過去の英雄で最も強い魔術師を喚び出したつもりだったのに!」 「だったらお前の魔術は成功しているぞ。この星のこれまでもこれからも……一番強い魔術師は俺だからな」 「……お手」 「ぐわあああ、身体が勝手に!!」 「私の復讐に手を貸してくれたら、解放してあげる」 「てめえ、絶対ぶっ殺す。だがまあ、丁度いい。ちっとばかしあの国には、私怨があるからな」  こうして二人は組んで、イングリッサへと報復を開始する。 「かはは……無駄だよお前ら。その魔術、誰が理論構築したと思ってる? 弱点も対処方法も全部把握済みだよ」 「魔力はいくらでもあるからね」 「エルフ魔力貯金最高かよ。クソ燃費悪ぃ魔術を使い放題とか世界支配できるぞこれ」 「マスターを貯金扱いすんな!」  喧嘩しながらも、次々と戦果を上げていく二人の周りにはいつしか英雄と呼ばれる者達が次々集まり、そしてヘルトなきイングレッサは宮廷魔術師と王によって腐敗化し、やがては滅亡することになる。  これは――やがて、歴史書に最も偉大なる女王と呼ばれることになるイリスを、ブツブツ文句を言いながらも支えた、とある英雄魔術師の物語だ。

更新:2021/12/6

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

アリス・イン・ブラザーコンプレックス ~親が再婚した結果、このたびめでたく学年一の美少女である英国人ハーフの姉崎アリスの義理弟になりました

白木賢兎<しらき・けんと>高校二年生は母を幼い頃に亡くして以来、父と二人暮らしであり、可も無く不可もない当たり障りのない高校生活を送っていた。 そんな賢兎にとって、学年一どころか高校で一番の美少女と言われる、イギリス人とのハーフで金髪碧眼、背が高くグラビアアイドルのようなスタイルを誇る姉崎アリスは、恋をする以前に高嶺の花すぎて、遠巻きから見つめるだけの存在だった。 しかし賢兎の父が再婚するとなった時に、再婚相手とその連れ子との顔合わせの場所に現れたのは――アリスとその母だった。 最初はそっけない態度だったアリスだが―― 「アリスが四月生まれで、賢兎君が三月生まれだから、アリスがお姉さんで賢兎君が弟ね」 その一言で、彼女の態度が豹変した。 「わ、私がお姉さんなんだから、なんでも言ってね!」 長い新婚旅行に出掛けた両親に残された二人は、周りに内緒の同棲生活を始めることに―― 「ご飯? 私が作ってあげる! だってお姉さんだから!」 「勉強教えてあげよっか? だってお姉さんだもの!」 「寝れないなら……添い寝、しよっか」 こうしてアリスとのドキドキ甘々な日々を賢兎は送ることになったのだった これは、ひたすら義理姉のクラスメイトに甘やかされる一人の高校生の日常を描いた物語だ。

更新:2021/6/16

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

ドラゴンナイトチャンネル! ~好きな子がVtuberデビューしたけど全く人気が出ないので、バ美肉して勝手に応援してたらなぜか二人合わせて人気爆上がりなんだが~

VR空間とそこにダイブすることができるVR機器が一般社会に浸透しはじめた、少し未来の日本。 幼い頃からダンス教室に通っていた男子――立野律太<たちの・りつた>は高校卒業間近にして、クラスメイトの竜崎真姫<りゅうざき・まひめ>に告白するかどうか悩んでいた。 真姫は奥手で引っ込み思案であり、交友関係の広い律太は避けられていたからだ。そんなある日、律太は真姫がVtuberになろうとしていることを知る。 「竜崎さん声がめっちゃ素敵だから絶対良いと思うぞ! 配信したら教えてくれよ! 絶対に応援するから!」 その後、無事Vtuber<紫竜ひめの>としてデビューした真姫だったが、事務所に所属していないVtuberには人権がなく、再生数もチャンネル登録者数も全く伸びなかった。 見るに見かねて律太は、Vtuber事務所に勤める叔父に相談した結果―― 「だったらお前がVtuberになって応援すればいい。ただのリスナーよりよっほど拡散力がある。まあ人気が出れば、だけど」 こうして律太は、叔父の協力によって金髪の女騎士風のVtuber<盾野リッタ>としてデビューすることに。 その無駄に良いモデリングの良さ、トークスキル、圧倒的ダンス力、そして〝紫竜ひめのを勝手に個人的に応援することに特化した配信〟という尖ったやり方が受けて、リッタの存在は徐々にVtuber界隈で話題となっていった。そのおかげで真姫の配信も少しずつ登録者数が増え始め、ついに二人はコラボを行うまでに仲良くなったのだった。 「だが中身が俺だとバレたら恥ずかしすぎるから、身バレだけは防がないと。ああああ! 仲は良いけど距離が遠い!」 やがて二人は、【ドラゴンナイトチャンネル!】という合同チャンネルを立ち上げ、大手Vtuber事務所の新人達が多数出場する大型VRイベントに出場することに。 二人はそこで――伝説を作り上げることになる。 *Vtuberを独自解釈しており、現実の物とは何の関係もありませんことを予めご了承ください。 *他所にも投稿しています

更新:2022/1/8

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

水晶騎士は静かに貫く ~Aランク冒険者に騙され過酷な鉱山に追放された少年、触れたあらゆる物を貫き砕く〝黒水晶〟の力を得て最強に。今さら仲間になれと言われても竜国の姫に騎士として見初められたので嫌です~

新人冒険者のクオーツは、憧れだったAランクパーティ【輝けるロータス】に入ることが出来た。しかし、彼等は実は何も知らない新人冒険者を奴隷商へと売り飛ばす悪徳冒険者だった。 何も知らないクオーツは彼等によって、帰還率10%以下の過酷な水晶鉱山へと追放されてしまう。その鉱山は竜の王国内にある違法鉱山であり、竜に見付かれば鉱山もろとも破壊される危険性があった。 そんな環境で何度も死にそうになりながらも必須に働いているうちに、クオーツは謎めいた少女――カーネリアと共に、鉱山の奥深くに迷い込んでしまう。そしてそこで秘宝中の秘宝である〝竜水晶〟に触れた。 竜結晶の力で、クオーツは触れた部分からあらゆる物を貫く黒水晶を生成する力〝モーリオンバンカー〟を得る。 これにより、彼は魔術だろうが分厚い装甲だろうが全てを貫く力で、カーネリアと共に鉱山を脱出。 実は竜の王国の姫だったカーネリアに見初められて人間で初めて竜の騎士となったクオーツはカーネリアの我が儘で共に、冒険者となるのだった。 一方その頃、【輝けるロータス】はクオーツの脱出によって、奴隷商を率いる組織にその責任を取らされることに。 これは、のちに最強のSランクパーティと謳われる【クリスタライズ】のリーダーとなる〝黒水晶の騎士クオーツ〟と〝竜魔カーネリア〟の出会いと冒険の物語だ。 他所にも投稿しています

更新:2021/10/3

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

最弱ジョブ【羊飼い】の少年、幼馴染みパーティから追放される ~牧羊犬を召喚したらなぜか美少女化したケルベロスが出てきた上に懐かれた。今さら戻れと言われても、【英雄】へとジョブチェンジしたので無理です~

セトは、同じ村出身の親友ゴリアスと幼馴染みであり許嫁でもあるアワナと共に、冒険者になるべく王都へとやってきた。 しかしセトは冒険者になるために行った職業診断によって、最弱無能との呼ばれる【羊飼い】にしか適性がないと言われてしまう。一方、ゴリアスとアワナはそれぞれ最強と名高いジョブについた。 最初は、弱くても構わないから一緒にパーティを組もうと言っていた二人だったか、徐々にお荷物になっていくセトに耐えられず、ゴリアスはセトを追放、さらにアワナは婚約を破棄してゴリアスと付き合うことに。 恋人も奪われ、失意のまま平原に置き去りにされたセトはスキル【牧羊犬召喚】を行使。 すると、 「ラッキーなんか転移ゲート開いてたわね! これで地獄ともおさらばだわ!」 「姉さん、これ絶対怒られるやつですよ。しかも勝手に〝進化の秘宝〟まで使ってこんな姿に」 「なんで……身体……分離したの」  セトの前に現れたのは、見た目麗しいの美少女三姉妹だった。彼女達はケルベロス――地獄の番犬であり三つ首の魔犬だったが、飼い主である地獄の女神に嫌気が差し、進化の秘宝を使って人間化した上でセトに召喚されてしまったのだった。 地獄に戻りたくなく、冒険者に憧れていた長女のケルトのゴリ押しで、セトは彼女達とパーティを組むことになった。 セト達が順調に依頼をこなしていく一方で、ゴリアスとアワナは痴話喧嘩ばかり起こし、仲裁役のセトがいないせいで、新しく入ったメンバーも二人についていけず、やがてパーティが瓦解していくことに。 こうして最強の魔獣であるケルベロス三姉妹を従えたセトは知る事になる。 羊飼いとは――王や建国者、預言者といった【英雄】の前身となるジョブであることを これはやがて英雄となる少年とその覇道を支えた三人の魔獣の物語である。

更新:2021/10/16

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

ハズレスキル【保存】しか使えない俺が始めた道具屋だが、Aランクパーティから追放された威力絶大/詠唱時間三日なピーキー魔女と組んだら大繁盛 ~禁忌魔術を誰でもどこでも使える魔封具で君もSランクになれる~

シ―ルス・デュランドはCランク冒険者パーティ『旋風の槍』の古参メンバーだった。しかし幼馴染みでもありパーティリーダーでもあるレフィの勧めで冒険者を引退し、ユニークスキル【保存】を使った冒険者用の保存食を取り扱う店を開く。 どんな悪環境のダンジョンでも、作りたてを味わえるシールスの保存食はしかし、その地味さから中々広まらなかった。 そんなある日、シールスは酒場でAランクパーティからセクハラを受けていて、ついに追放された魔女(巨乳)を見かねて助けてしまう。 「うえーん! お金もないしお腹すいたよ~」 彼女の名はグレア。禁忌魔術すらも使いこなす魔術師だが、ユニークスキル【輪廻詠唱】のせいで、魔術の威力が桁違いに上昇する代わりに詠唱時間が長くなり、実戦では使い物にならないという理由で追放されたのだ。 しかも彼女は魔術以外はからきしの生活能力皆無のポンコツ魔女であった。半ば押しかけという形で、彼女はシールスの店に居候することになったのだが―― 「ねえ、店長。その【保存】ってスキル……もしかして魔術にも使えません?」 その言葉をきっかけに、シールスは魔術を保存した道具――【魔封具】を開発した。 それはグレアの超絶威力の魔術を、使い切りであるがいつでもどこでも使えるという――冒険者垂涎の代物だった。 こうしてシールスの店は、保存食と魔封具によって徐々にその名が冒険者の間で広まっていくのだった。 *他所にも投稿しています

更新:2021/9/19

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:虎戸リア

冒険者嫌いのS級潜入調査官 ~冴えないおっさんなんて要らねえんだよって追放されたけどダメだなこいつら。ん? 元Sランク冒険者でギルド側の人間だって知らなかった? 今さら遅え、Eランクからやり直しな~

Bランクパーティ【撃破する戦槌】は、Aランク昇格を目指していた。しかしある日冒険者ギルド側から、ランク昇格に必須の徒弟制度を利用するようにと言われ、渋々Fランクの新人をパーティに入れることにしたのだが……やってきたのはどうにも冴えない中年男性――ブレイグだった。 彼らはどうせ戦力には期待できないと彼を粗雑に扱い、雑用ばかりやらせるばかりかストレス解消のために虐げ、徒弟期間が終わるとすぐに追放したのだった。 「……戦力B、チームワークC、計画性E、人間性F――ダメだなこりゃ、降格だわ。Eランクからやり直せ」 だが、彼らは知らなかった。ブレイグが実は冒険者ギルドから派遣された、元Sランク冒険者の潜入調査官であり、パーティのランク付けに関する権限と、違反者を処罰する権限をそれぞれ持つ人間だと……。 これは冒険者嫌いのS級潜入調査官による、悲喜こもごもの調査記録である。

更新:2021/6/10

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。