ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

コミカライズ:あり

条件をリセット
詳細条件で探す

作:一色孝太郎

【Web版】町人Aは悪役令嬢をどうしても救いたい【コミカライズ連載中】

王都の貧しい母子家庭で育つ 8 才の少年アレンは、母子二人で貧しいながらも幸せな生活を送っていた。ところがある日、前世の記憶が突然蘇った彼はここが乙女ゲームの世界で、このままでは王都が戦争によって滅亡することを思い出す。 このままでは母も自分も殺されてしまう! そんな危機感を覚えた彼は大切な母の命を救うため、そしてその乙女ゲームで唯一気に入ってた悪役令嬢アナスタシアをそのあまりにも悲惨な破滅エンドから救い出すため、成り上がりを決意する。 これは、ゲームの登場人物ですらない彼がその固い意志で努力を続け、持てる知識の全てを使って逆転する物語である。 ※もしよろしければ、☆や♡などで応援して頂けると嬉しいです ※本編完結済みで、後日談を連載中です ※第二回アース・スターノベル大賞にて佳作を受賞し、全三巻発売中の作品のWeb 版となります ※書籍版ではWeb版で粗削りだった部分が大幅に改善され、本来含めなければならなかったエピソードやサイドストーリーが追加されております。

更新:2024/2/9

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:榊あおい

ひみつごと。

中倉緋芽(なかくら ひめ)、高2。 虚弱体質で、保健室の常連。 そんなあたしにつけられた不本意なあだ名は、“保健室の眠り姫”。 なじみの保健室の窓から見えるのは、グラウンド。 いつも視線の先には、野球部の彼。 久我真幸(くが まさき)。 見ているだけ……だったのに。 「先輩、いつも俺のこと見てますよね?」 触れない、 話さない、 あたしの存在なんて、きっと知らない。 そんな距離感を壊したのは…… 「見てるだけでいいんですか?」 ――あの日から、はじまった。 「今から悪いことするから。……秘密ですよ」 君とあたし。 保健室で、ひみつごと。 ** ●番外編(続編)⇒https://estar.jp/novels/23605410 ●高3の夏編は、「こはるごと。上巻」、卒業編は、「こはるごと。下巻」の文庫へそれぞれ書き下ろし収録しています。 *** ●表紙イラスト→絢峰羽樺さま[link:ilst_view?w=23174569] ●Seventeen2012年6月号で紹介して頂きました。 ●2012.8.24、9.25 文庫化(上下巻 集英社 ピンキー文庫) ●2015.3、4 漫画化(3月、4月発売の集英社りぼんスペシャルに前後編掲載。作画はたいら茶織先生です。) 試し読みhttps://comic.estar.jp/comics/10689816 電子書籍(外部リンク)http://margaretbookstore.com/item/SHSA_MG01C86739300101_57.html ●2015.10.23 ひみつごと。コミックス発売中(集英社 りぼんマスコットコミックス)収録作品はひみつごと。、こはるごと。、ご主人様専属。です。 * ●ふたりごと。[link:novel_view?w=14621637]、こはるごと。[link:novel_view?w=22626330]と、関連性有りですが、この話単体で読めます。 *** 2011.8.18→2012.4.16 ※こちらは修正前です。 文庫では、誤字等修正しています。

更新:2013/1/5

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:柊 一葉

【7/15書籍発売】ヒロイン不在の悪役令嬢は婚約破棄してワンコ系従者と逃亡する

<pixiv「第2回異世界転生・転移マンガ原作コンテスト」にて大賞を受賞> ※書籍化・コミカライズ化にともない、タイトル変更になりました。 ※こちらはWeb版です。書籍化にともない大幅改稿・両片想いのドキドキ大増量につき、書籍版とWeb版では内容が異なります。書籍はビーズログ文庫さんより7/15発売予定(ISBN : 9784047364998) 転生したら、悪役令嬢・ヴィアラだった。 なんで悪役!?絶対に死にたくない! 顔だけで愚かな王子なんて、ヒロインにあげよう。 お城が買えるほどのお金も添えて……! そう思っていたのに ヒロインはまさかのストーリー放棄。 学園に入学すらしていなかった。 「悪役令嬢、余りました!」 ヒロインもいないのに、 悪役令嬢の破滅エンドだけはありって どういうこと? しかも穏便に婚約解消をするはずが とうとう我慢の限界がきてやらかしてしまい……! 父が拾ってきた 犬っぽい魔導士と悪役令嬢の 「なんでこうなった!?」ラブコメです。

更新:2019/12/7

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:すかいふぁーむ

わがまま王女に仕えた万能執事、隣の帝国で最強の軍人に成り上がり無双する

アスレリタ王国第一王女キリク。 その暴君っぷりは王国に仕える者たち全員の驚異だった。 その中において、抜きん出た才能を持つ執事がいた。 歳は暴君キリクとほど近い。 それでいてその所作には一点の非の打ち所もない、万能執事だった。 ◇ 「もうやめだ! 耐えきれない!」 毎日毎日わがままなお姫様につきあい、他の従者や貴族にも馬鹿にされ、それでもなんとかやってきていたが限界だった。 今日のこれはなんだ! 王都から三日もかかる場所にある劇団を次の日に呼んでこいというから工程をなんとかショートカットして間に合わせたのに王女はいなくなっていた。 「遅すぎるから気分が変わったわ。無能なせいで劇団が損をするのはかわいそうだからあなたの給料から劇団にはお金を渡すわね。私は遠乗りに出かけるから帰るまでにお菓子を用意しておくこと。気に食わない場合は給料も休みもないものと思って」 これまでも度重なる嫌がらせのような要求をなんとか実行してきたが、おそらくつい最近覚えたこの給料や休みを取り上げるやり方まで許容すると俺の生活が持たない。 「逃げよう……」 実質王宮に囚われた生活だった。身寄りもない。いやあっても仕事を放棄して逃げた俺を許すとは思えない。 「帝国に行こう……!」 徹底実力主義と言われる帝国。 ここでなら、もしかするとこれまでのスキルが活かせることもあるかもしれない。 掃除料理の家庭スキルから工作暗殺陰謀その他の計画から実行まですべて押し付けられてきたんだ。 一つくらい仕事があるはずだ……! このときはまだリィトも自分の才能に気づかず、 王国内にその才能を見出したものもいなかった。 だがすでにリィトの万能ぶりは執事の域を超えていて……? 万能執事が帝国で無双するまでの軌跡を描く物語。

更新:2022/8/8

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。