ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

話数(以上):311

条件をリセット

条件でさがす

作:長岡壱月

サハラ・セレクタブル

国力強靭化の大改革が断行された、少し……社会の有り様が変わった未来。 「集積都市」と呼ばれる特別区の一つ、飛鳥崎に住む少年・睦月は多忙 な母と母一人子一人の生活を送っていたが、隣家の幼馴染達や友人らに助 けられ、穏やかな日々にその身を預けていた。 だがそんな折、情報技術の発展著しいこの同街において、謎の怪物騒ぎが 報告され始める。 人々の願いを糧に、現実(リアル)に顕現せんとする異形達。 睦月はひょんな事から、そんな彼ら・越境種(アウター)と戦う秘密兵器 の装着者となってしまう。 無尽蔵の欲望、電脳の怪異、彼らを操る謎の勢力。 これは0と1の間で揺れ動く、人と、人ならざる者達の物語──。 (※自ブログにも掲載中です) (※基本的に二章1エピソードの前後編構成となっています) ▼シーズン1『Beginning the Vanguard』=Episode1~14、シーズン2『Another one Vanguard』=Episode15~28、シーズン3『Justice for Vanguard』=Episode29~42、 シーズン4『Confusion with Vanguard』=Episode43~56、シーズン5『Evolution of Vanguard』=Episode57~70

更新:2022/12/15

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:むらべ むらさき

オマケの転生者

不遇な毎日を送っていた主人公は、ある日突然、その魂を刈り取られ、異世界の神々向けの売り物とされてしまいます。 ところが主人公の魂は、もの凄く汚くて、臭かった! 当然神々に買われるはずもなく、廃棄処分にされてしまいます。 そんな、消滅の危機にあった主人公の魂を救い上げた存在がありました。 『名もなき神の器』と名乗ったその存在、『オマケ様』の願いを受け入れ、主人公は異世界アーディストに転生することになります。 前世とは違う、幸せな毎日を夢見て! ......まぁ、転生先でも、どうやら結構大変な人生が待ち受けているようなんですけどね......。 しかし、人々から迫害されようが、魔物から襲われようが! 主人公は決して、生きることを諦めない! 襲い来る困難に対して、時に立ち向かい、時にさっさと逃げ出しながら、主人公は『オマケ様』と一緒に毎日を生き抜きます。 そしていつしか、神々のシナリオすら覆す、イレギュラーな存在へと成長していくのです。 そんな感じの、主人公エミーの冒険譚です。 どうぞお楽しみくださいませ!

更新:2023/1/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:阿樹弥生

エトゥールの魔導師

【***第十回ネット小説大賞一次選考通過作品***ありがとうございます!】 【第一章~第二章あらすじ】  カイル・リードは観測ステーションから、未調査の惑星を探索していた。そこで法規を犯し、現地の少女ファーレンシアと接触をしてしまう。  賞罰対象になることを覚悟した待機中、彼は気がつけば地上に降り立っていた――。そこには、エトゥールの若き領主であるセオディアとその妹姫ファーレンシアがいた。ファーレンシアと再会したカイルは、エトゥールの危機を救う『精霊の御使い』が来ると予言されたことを知る。  帰る手段がないカイルは、保護を条件に彼等が直面した問題の解決の糸口を与える。  一方、観測ステーションでは、カイルが行方不明になったことで、プロジェクトが中止になり、撤収命令が出ていた。カイルの相方であるディム・トゥーラは納得がいかずに、残留を選択する。  カイルはステーションからの救出を期待しつつ、ファーレンシアの助力の元、地上に滞在する。理解できない『精霊』という存在に悩みつつも、エトゥールと対立している西の民に関わるなど、深入りしていく。  だが、セオディアが帰還した時に、彼は接触がなぜ禁忌とされていたか初めて悟り、岐路に立たされる――。  彼を強制的に衛星軌道から地上に転移させた力は何か?エトゥールの若き領主とその妹姫の言う『精霊の御使い』とは?カイルの能力はエトゥールを救うことができるのか? ※カクヨムにも掲載中です。(2021/5/1現在) https://kakuyomu.jp/works/16816452219958259595

更新:2023/1/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:小椋夏己

黒のシャンタル 第二部 「新しい嵐の中へ」<完結>

 八年前、嵐によって不思議な運命に巻き込まれたトーヤは今、仲間のアランとベルの兄妹に全てを語り終えた。  「俺とシャンタルはこの町から東へ、シャンタリオへ行く。おまえらもどうするかよく考えろ」  そう言って、2人の仲間に自分たちの道を選べと告げた。  アランとベルの選択は、そしてもう一度見えない未来に向かって進むために東へ、不思議な国へ戻るトーヤとシャンタルの運命は……  「黒のシャンタル 第一部 過去への旅」の続編です、舞台は八年後のシャンタリオへと移ります。初めての方はぜひ以下のURLからお読みください。 https://kakuyomu.jp/works/16816452220372835821  2021年5月20日(木)に無事第一部「過去への旅」を完結いたしました。  2022年1月23日(日)に無事第二部「新しい嵐の中へ」を完結いたしました。  第三部を現在毎日更新中です、引き続きよろしくお願いいたします。  三年前のトーヤたち4人の出会いを描いたベルが主人公の外伝「銀色の魔法使い」も30話完結で公開しています。  第二部のお正月用として書いた3話のよもやま話的短編「青い小鳥」も3話完結で公開しています。  どちらも合わせてどうぞよろしくお願いいたします。  ぜひとも感想、評価やブックマークをお願いいたします。  誤字報告などもいただけるととても励みになります、喜んでやる気が出ます。  どうぞよろしくお願いいたします。  時々「リメイク」と称して書き直しがあります。 注1:ほとんど過激な表現はないと思いますがそれなりに衝撃を受ける方もいらっしゃるかも知れませんのでR15とさせていただきました。 注2:「登場人物紹介」は章が進むとネタバレが含まれる可能性があります。ネタバレ嫌!な方は飛ばして本文を読んでください。 注3:平日2回、土日・休日は1回更新予定。時間は色々になると思います。 注4:しばらくの間平日も1回更新になります、申し訳ありません。 ※更新報告などがあります、活動報告も御覧ください。 ※「小説家になろう」「カクヨミ」「novelabo」「アルファポリス」で第三部を毎日連載中 ※「エブリスタ」「ノベルアップ+」「待ラノ」で時間差連載中

更新:2023/1/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

1

読んでる

作:岸本 雪兎

堕ちた勇者の千剣魔宮~その勇者は刃のダンジョンを身に纏う~(魔王に敗れ、心臓を奪われた勇者はダンジョン生成能力を得たが魔力消費を気にしてまさかの展開域0。だがそれが意外と強いようで?!)

【レビューにて戦闘描写を評価していただきました! 他サイトでも戦闘描写の評価や感想をいただいております!】  ダンジョンを生み出し、人を喰らって糧にする種族──魔人。 その頂点に君臨する魔王と呼ばれる6人の少女達。 その1人である【黒骨の魔王】の討伐に乗り出した、冒険者筆頭の1人【白の勇者】ディアス。  だが激闘の末にディアスは敗北。  死を目前にしたディアスに、魔王である少女は嬉々としてこう言った。 「私ね、いいこと考えたの。お兄ちゃんの事、私と同じ魔王にしてあげる────」  『魔人堕ち』となったディアスは正体を隠し、冒険者として培った力と望まずして手に入れた忌むべき魔人の力『魔宮』を駆使して旅を続け、再び魔王討伐に乗り出すための力を蓄えていた。  彼が旅するのは大地の半分をダンジョンに飲み込まれた世界。 人類は魔人の展開した魔宮から様々な力を持ち帰り、魔人に対抗すると共に発展を遂げていた。  ディアスは冒険者に紛れて依頼をこなし、今や同族となった魔人を討って。  だが旅の途中でディアスは正体不明の魔物と交戦。 冒険者筆頭である他の勇者達にもその存在が知られて狙われるように。  魔人に対抗するために残された国家全てを統合したギルド機構。 その裏で暗躍する者達。 そしてギルド中枢に巣食う魔人の思惑。 『始まりの迷宮』と『原初の魔物』へと至る道を、それぞれの悲願のために人と魔人とが奪い合う。  そして明かされる星の使者と6人の魔王の目的。 迫り来る終焉。  いつしかディアスは世界全てを巻き込む、逃れ得ない戦いへとその身を投じる事になる。 ※『小説家になろう』からの転載になります。 最新の更新はこちら。 https://ncode.syosetu.com/n2104ft/ またエブリスタにも転載しています。

更新:2023/1/22

0.0
1

評価

1

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作: 小椋夏己

黒のシャンタル 第一部 過去への旅

「託宣によりあなたを『神の助け手』としてお迎えいたしました」  突然の嵐に投げ出され、九死に一生を得た傭兵トーヤが目覚めると、そこは見たこともない豪華な宮殿の一室であった。  そこで「生き神シャンタル」の侍女である美貌の女神マユリアにそう告げられ、そこからトーヤの不思議な体験が始まる。  代々その身に「女神シャンタル」を宿す少女「生き神シャンタル」、二千年の間永々とつむがれてきた生き神をつなぐ歴史、永遠に続くと思われた神と人との共存、その運命が今試されようとしている。天は一体トーヤに何をしろと言うのか?  そんな不思議な出来事、八年前の出来事をトーヤは仲間のアランとベルの兄妹に語り始めた。  再び「シャンタルの神域」に戻るために、連れ帰った「黒のシャンタル」と呼ばれた不思議な少年と共に再び吹き荒れる運命の嵐に立ち向かうために。 2021年5月20日(木)に無事一部完結いたしました。引き続き第二部「新しい嵐の中へ」を現在毎日更新中です。  第一部の三年前、トーヤの仲間の紅一点、当時まだ10歳のベルが主人公の4人の出会いの物語、外伝「銀色の魔法使い」もあります。  第二部のお正月用として書いた3話のよもやま話的短編「青い小鳥」も3話完結で公開しています。  どちらも合わせてよろしくお願いたします。  ぜひとも評価やブックマークをお願いいたします。  誤字報告などもいただけるととても励みになります、喜んでやる気が出ます。  どうぞよろしくお願いいたします。  時々「リメイク」と称して書き直しがあります。 注1:あまり過激な表現はないと思いますがそれなりに衝撃を受ける方もいらっしゃるかも知れませんのでR15とさせていただきました。 注2:「登場人物紹介」は章が進むとネタバレが含まれる可能性があります。ネタバレ嫌!な方は飛ばして本文を読んでください。 ※更新報告などがあります、活動報告も御覧ください。 ※「小説家になろう」「カクヨミ」「novelabo」「アルファポリス」で最終回まで全編公開中 ※「ノベルアップ+」「エブリスタ」「待ラノ」では遅れてただいま連載中

更新:2021/12/31

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

1

読んでる

作: コーヒー微糖派

記憶なし、魔力ゼロのおっさんファンタジー

 祝! 完結!  勇者と魔王の戦いの舞台となっていた、"ルクガイア王国"  その戦いは多くの犠牲を払った激戦の末に勇者達、人類の勝利となった。  そんなところに現れた一人の中年男性。  記憶もなく、魔力もゼロ。  自分の名前も分からないおっさんと、その仲間たちが織り成すファンタジー……っぽい物語。  記憶喪失だが、腕っぷしだけは強い中年主人公。  同じく魔力ゼロとなってしまった元魔法使い。  ひょんなことから助けた少女や、変態神官との恋模様。  やたらと癖の強い盗賊団に、変人ばかり揃った国王直轄の特殊部隊。  そんな多くの人々と、紡がれる絆――  その先に待っているのは"失われた過去"か、"新たなる未来"か。 ◆◆◆  元々は私が昔に自作ゲームのシナリオとして考えていたものを、文章に起こしたものです。  小説完全初心者ですが、よろしくお願いします。 ※なお、この物語に出てくる格闘用語についてはあくまでフィクションです。 表紙画像は草食動物様に作成していただきました。この場を借りて感謝いたします。

更新:2021/3/19

0.0
1

評価

1

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。