ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

話数(以上):348

条件をリセット
詳細条件で探す

作:雨風雷音丸

ぼっち妖魔は異世界に飛ばされる~メリーさん、今どこにいるの?

※※※活動報告欄に3D VRoidによるキャラクター紹介画像があります※※※ 大地の奥底に封じられている神様は思いました。  『なに? いま異世界冒険って流行ってるの?』 彼は地上にいくつもの目を持ち、この世界が正しく成長しているか監視しています。 とは言え、さすがに異なる世界を見通す目など持っていません。 しかし、自分が見通せない世界だからこそ興味があります。  『ならオレの眷属送り込んじゃえばよくね?』 自分と繋がりのある眷属の目を通せば、異世界の様子は自分にもわかるでしょう。 そして彼は自分の命令を聞きそうな、運の悪い眷属にその指令を与えたのです。  「あ、あなたはもしかして私たちの造物主様!?  い、いきなりですね、そ、それで私にその人選を行えと?」  『あー、いやいや、一人でやんなくていいよ、  向こうに送るのも一人にする必要ないし、  こっちの世界に影響なさそうな人物、適当に見繕ってさ?』  「わ、我らが主はアバウトなんですね・・・わかりました。  じゃあ、知り合いの子と相談してちょっとやってみます。」 他力本願、責任転嫁、いきあたりばったりの精神で行われたその計画は、 まず最初に、一体のお人形さんに対して行われました。 そのお人形さんは、見たこともないお屋敷の中で、 お尻をあげたポーズで這いつくばっていました。 気が付いたらいきなり、そんなところに飛ばされて、 自分がどんな態勢でいるかも、今は後回しにするしかありません。 現状認識も何もできていないまま、 薔薇の刺繍の黒いドレスの裾が膝下から床に拡がっています。 それでも、やがて彼女はゆっくり立ち上がりました。 ここがどこだかわからないけども・・・ そして思考回路も正常に作動するようになると、彼女は自分の仕事を思い出したのです。 この場所がどこであろうと自分のすべきことはただ一つ・・・ それは、 かつて大地の底に封じ込められし冥府の王が与えた崇高なる使命。  「私は鎌を振るう、汚れた命を絶つために・・・。」 そう、最初に送られたのは、都市伝説の主、「私メリーさん」!  

更新:2024/3/5

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。