ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

話数(以上):4

条件をリセット

条件でさがす

作:ゆきのこ

宇宙娼艦サクラ ~超未来で目覚めた男の娘、創った嫁たちと夢の惑星ハーレムを目指して【えっちな商売】始めます! ぶらりイチャラブ宇宙旅~

【短めのあらすじ】  現代で有名配信者をしていた男の娘な主人公が突然超未来の宇宙に放り出され、目覚めた船で理想の嫁ハーレムを手に入れたチートと未来の超技術で『創り』、自身や嫁たちの容姿を利用して愛を忘れてしまった未来人たち向けのえっちな商売でお金を稼ぎ、安住の地『惑星ハーレム』購入を目指して旅をするお話。  創造主の主人公(男の娘)のことが大好きな嫁たちとイチャラブしまくったり、お金や物資を工面したり、困っている女の子を助けたり、たまにバトルがあったり、星間国家の問題や事件に巻き込まれたりします。  宇宙が舞台の甘々イチャラブハーレムものです。 ※【ちょっと詳しいあらすじ】をプロローグ前に掲載中。ぜひそちらもどうぞ。 ※えっちな商売と言っても『NTR』要素はありません。安心イチャラブ設計。 ※R-15作品です。性的な表現が含まれます。 ※この作品はカクヨム様にも掲載いたします。 ★現在の更新状況★ 2022/09/12 第一章【覚醒!男の娘の嫁創り!】開始 ★感謝の標★ 2022/09/12 連載開始 2022/09/18 日間宇宙〔SF〕ランキング11位

更新:2022/10/15

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:香居

【4月7日より】ありあけの月 暁編【改稿中】

いずれ〝源頼朝〟となる身であろうとも。 〝歴史〟と同じ道など、私は進まぬ。 ──久安三年(一一四七)四月八日。私は、源義朝(よしとも)が三男・鬼武者として産声を上げた。 武士として身を立てられている、父上や異母兄上方の官位は高くなかった。だが家族仲は良く、邸内にはいつも笑顔があふれていた。その幸せを純粋に享受できたのは、物心つく頃まで。 ……これは、本来この世界に在るものか……? ふとした疑問から始まった、出口の見えない疑念と葛藤の日々。それは、九歳の誕生日当夜まで続いた。 久寿二年(一一五五)四月八日。夢にて御神託をいただき、前世の魂が己とともに在ることを知る。 ひとつの体に、ふたつの魂。 違和感の正体はこれかと得心したが、新たな問題が生じる。前世の記憶に『保元の乱』と『平治の乱』があったためだ。家族の名が記された〝歴史〟しかも、死者として。  孤独だった前世の分まで、家族を大切にしたい。だが〝歴史〟と同じ道を進んでしまえば、翌年には『保元の乱』が、さらに四年後には『平治の乱』が起こってしまう。 家族を失わぬためには? 戦を起こさぬためには? 〝歴史〟と同じ道を進まぬためには? 童の身で何ができるのか。 「ありあけの月のように、生きてごらんなさい」 という御神託を胸に、大切な者たちを守るため、私は〝最善の道〟を模索していく── ◆こちらは、先行投稿して参りました『ありあけの月 小話集』の本編です。 ◆ルビや( )表記は補足説明が主です。読み飛ばされても問題ない仕様となっております。 ◆戦や人が亡くなるなどの描写がほんの少し詳細に書かれているお話には、題名に ※ をつけてあります。表現に気をつけておりますが、苦手な方はご注意ください。 この作品は、カクヨム様、ノベルアップ+様、エブリスタ様にも掲載してあります。 ©️ 香居

更新:2022/11/24

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:ミチヒロ

母と認めてほしい~公爵家の後妻になりましたが子供たちに認めてもらえません~

「本当の家族になりたかっただけなのに……」 16歳のクロエは家族から売られるように公爵家に嫁ぐことととなった。 しかも相手はなんと56歳の紳士。 しかし公爵家の生活は決して華々しいものではなかった。 夫から自分の死後公爵家を任せられるよう、2年の間公爵夫人としての教育が施される。 彼の死後、公爵家の臨時の当主となったクロエだが、夫の連れ子との関係は冷え切り、社交界では自身の悪評が飛び交い精神的にも追い詰められる。 遂に限界まで追い詰められたクロエはすべてを投げ出し家に引きこもってしまう。 そして叔父の策略により死刑と言い渡されたクロエ。 自身の死後、クロエは今までの人生で間違いばかりだった自身の行動を悔い、神に過去に戻りたいと祈る。 その願いが聞き入れられたのか、気づくと夫の葬式の時まで時間が戻っていた。 次は夫との約束を守れるように、子供たちを守れるように。そして可能であれば子供たちから母と認められたい。 家族を知らない少女が本当の家族を知る物語。 ※恋愛要素もあります

更新:2023/1/26

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。