glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:761件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

絞り込み

文字数

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

表の顔と裏の顔

■あらすじ  所轄の刑事でありながら同時にヤクザの比寄組の組長をしている白沢正義の元へ、かつて「宮浜龍太が仮出所して命を狙っている」という知らせがくる。  対して、警察庁で監察課に勤めながら、ヤクザの北方組の組長を父に持つ松ヶ浦法子は、監察課の権限で比寄組のことを調べていた。その中で宮浜龍太が仮出所したことが判明した。父にそのことを知らせると、今度は謎に包まれている比寄組の組長について調べるように頼まれる。  かつて恋人同士であった正義と法子はお互いの本当の姿を隠しながら、刑事と警察官僚の立場で会う。その後、正義の元に法子が比寄組と敵対している北方組と関係があることが判明する。同時に宮浜が比寄組の組長を探すために組員への暴行事件を起こしていた。その中で正義は、宮浜と法子を比寄組が持つ採石場へ来るように誘導するが・・・。 ※超・妄想コンテスト第147回「うそつき」出品作品 ※400字詰め原稿用紙換算枚数:25枚 ※非ラノベ作品です。 ※こちらの作品はエブリスタ、カクヨム、小説家になろう、ステキブンゲイの各小説サイトにも掲載予定です。 ■所感 ・数年前に某文学新人賞に投稿した『正義の行方』の続編を書くつもりで用意していたネタを流用して書いてみました。そのため、情報の整理がうまくいっておらずにアレ?と思う箇所もあるかもしれません。 ・今回は正義と法子の二人の視点を交互に行き交う多視点に挑戦してみました。8000字程度であれば、主人公一人の視点だけで書いても問題ないんですが、今回はコンテンツの関係でそうしてみました。うまく書けているか心配です。その点感想など頂けると嬉しいです。 ・プロットの段階では採石場でのアクションシーンを盛り込む予定だったのですが、字数の関係でカットとなりました。 ・ちなみに元ネタになった『正義の行方』については文学フリマにて頒布しています。これを読んで頂ければ、今作もより楽しんで頂けると思います! https://c.bunfree.net/p/tokyo32/15602

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

ラストルーレット

『7月7日の夜、BOSS HOTELにある、いちばんの宝物を、頂戴いたします』 それは、簡潔な犯罪予告から始まった…。 <登場人物紹介> 虹山(にじやま) BOSS HOTEL支配人代理。 多忙な総支配人に成り代わり、ホテルの運営に心を砕く人情家の好人物。 仕事の合間に缶コーヒーBOSSで一息つくのが、一番の楽しみ。 三戸 利夫(さんのへとしお・59歳) 勤続40年、定年を間近に控えた叩き上げのドアマン。数千にも及ぶ顧客の顔と、その車のナンバー、運転手の名前まですべて記憶しているホテルの顔。 柳原 健(やなぎはらけん・36歳) BOSS VEGASフロアマネージャー。生真面目な性格で、熱血漢。柔道初段。家族思いで愛息と休日にラジコンを走らせるのが、何よりの楽しみ。 山口 ひとみ(やまぐちひとみ・28歳) BOSS VEGAS チーフ・ディーラー。同業者からも一目置かれる天才的スキルの持ち主。若くしてチーフ・ディーラーとしてBOSS VEGASに引き抜かれた。 寿 久子(ことぶきひさこ・36歳) 複数の会社を営む女性実業家でVIP客。BOSS VEGASでは時折驚くような大博打に出て、周囲を驚かせる。天性の美貌とウイットに富む会話で人気者だが私生活は謎。 ≪犯人当てクイズ開催・投票は7/2から!お楽しみに!≫

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。