glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:3187件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

ギャグ

絞り込み

文字数

クラスの女子がべったり甘々に迫ってくるんだけど、俺には迫られたら困る事情があるから全力で拒否します ~みんなはオタク女子だと思っているけど、実はめちゃくちゃ美少女でした

堅田(かただ)美玖(みく)はエッチな話題になるとすぐに顔を赤らめるような、真面目で純情な女子。 しかし彼女には、誰にも言えない秘密があった。それはエッチなシーンのある小説を書いて、WEB投稿しているということ。  ある日俺は、彼女のそんな秘密を偶然知ってしまった。  しかし堅田は恋愛経験がなく、自分の書く小説に自信がないと言う。 「御堂(みどう)君。私の創作活動に協力してもらえませんか……?」 恋人同士がするあんなことやこんなことを体験して、執筆力を高めたい。 彼女のそんな希望を叶えるために俺たちは『恋人ごっこ』を始めた。 ////// ところが真面目だと思っていた彼女は、なぜかぐいぐい迫ってくる。 「もしかして……堅田って変態!?」 ところが。彼女にエッチなことを絶対にしてはいけない、とある事情が発生した。 それを破ると俺はボコボコにされてしまう。 妄想が暴走する可愛い女の子にえっちに迫られて、俺は果たして防御し続けることができるだろうか? これは── 真面目だけど実はえっちなことに興味津々な美少女と、人並みにスケベな俺の明るくちょっとエッチなラブコメディ。(R15)

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

ものぐさな変人悪役令嬢は今日も婚約者(メインヒーロー)に世話を焼かれている

バンクス王国に住まう侯爵令嬢、ユーフェミア・エイデンは自身の婚約者となった王太子レジナルドと顔を合わせた瞬間、自身の前世とここが乙女ゲーム『妖精の乙女』の世界であるということを思い出す。 しかも、自身は所謂悪役令嬢でお邪魔キャラ。このままだと国外追放エンドが待っている。 それに気が付いたユーフェミアは戸惑ったが、目の前のお菓子の誘惑には勝てず、そのまま目の前のお菓子を口に放り込んだ。 だが、その行動は幸か不幸か、レジナルドの興味を引いてしまったらしく……? 「ユーフェミア嬢、美味しいお菓子があるんだよ」 「ドレスが汚れているよ、ユーフェミア嬢」 レジナルドは、何故か悪役令嬢であるユーフェミアの世話をとことん焼いてくる。元よりものぐさで自分のことには大して興味のない変人令嬢のユーフェミアは、どんどんレジナルドのペースに巻き込まれていき……!? 「あれ~、私って悪役令嬢でしたよねぇ?」 世話好きな王太子には世話を焼かれて、天真爛漫なヒロインには懐かれて。ものぐさな悪役令嬢はハッピーエンドを掴み取れる? 策略と陰謀が絡み合う、乙女ゲーム転生ラブファンタジー! ※アルファポリスにも掲載中。 ※昔に書いていたものを掲載していきます。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。