glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:97件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

絞り込み

文字数

イルン幻想譚 〜Eloon's Tales〜

--この世界には、決して覆す事が出来ないヒエラルキーが存在している-- ほぼ不老不死の種族:イルンと、その眷属達の物語。 R15版を修正して、R18版にリニューアルしました。 ファンタジー色が強いので、長編の物語好きな方にも読んでいただければと思います。 この物語は複数のサイトに重複投稿されています。 扉絵を含むイラストは、ROKUさんに描いて頂いています。 外部リンク:Pixiv https://www.pixiv.net/users/15485895 ◎第一章のあらすじ◎ グラディエーターのファルサーは、王から突然ドラゴン討伐の任を下される。 生きて帰る事が不可能な命令だが、奴隷であるファルサーには拒否する権利は無かった。 ドラゴンの棲む湖の島へ渡ろうとして、そこでファルサーは ”隠者のビショップ” と呼ばれる長命の奇妙な人物と出会う。 ◎第二章のあらすじ◎ 金欠で一攫千金を狙う冒険者のジェラートは、高額の懸賞金が掛かった島のモンスターを討伐しに、湖の畔にある町へとやってくる。 湖を渡るためには ”隠者のビショップ” のチカラが必要だと言う町の者達のアドバイスを受け、従者のクロスとグレンを連れたジェラートは山の上へと向かった。 第一章「剣闘士の男」の続編。 ◎第三章のあらすじ◎ 傭兵稼業の冒険者をしているクロスは、同僚である無骨な戦士達とのトラブルが理由で仕事をクビになった。 気落ちして帰路を辿るクロスは、子供をかばって獣と戦っていたマハトと出会う。 だが、実はマハトも行きずりで関わっただけで、その子供の身元は判らない。 結局子供を保護したクロスとマハトだが、実はその子はイルンの子供だった。 第二章「三人の冒険者」の前日譚。 ◎第四章のあらすじ◎ 先祖である ”デュエナタン文明” の遺跡を探して、マハトとタクトはデューリクという街を訪れた。 標高の高い山々に囲まれ、美しい湖を望むその街には、”隠者のビショップ” と呼ばれる奇妙な隣人が、山の上に暮らしていると言う噂があった。 マハトとタクト、アークとファルサー、二組の主従の物語。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

評価

1

レビュー

1

読んだ

2

気になる

2

モブ令嬢は特殊設定もち

 あ、この世界、乙女ゲームの『デッド・オブ・ラブ』の世界だ、と思い出したのは、わたくしが三歳の時。  特に怪我をしたとか、高熱を出したとかというお約束はなく、ただ、すとんと、そういうものなのだ、と納得できた。  しかしながら、わたくしの立ち位置は、ヒロインでもなければ、悪役令嬢でもなく、しかも悪役令嬢の取り巻きでもない。  名も無き、なんだったら本編にかすりもしないモブ。  そもそも、この『デッド・オブ・ラブ』なのだが、スマホ版アプリとして配信されているものの、もとを正せば、パソコン版の十八禁ゲーム。  十年前のリバイバル版として、スマホアプリに移植し、いわゆる、そう言うスチルや表現は無くなったものの、かなりにおわせた表現、尚且つ、豪華声優陣を起用した激甘ボイスとスチルに、年代問わず多くのユーザーを虜にしていた。  それで、まあ、モブキャラに転生したわたくしは、ツェツゥーリア=デュランバルと申しまして、父一人、兄二人に溺愛されている、絶賛三歳児だったりする。  いやね、なんというかさ……、どうしろと?  わたくしを転生させた神様よ。  世の中にはお約束ってものがあるんだぞ?  って、思っていた時期が、わたくしにもありました。  ごめんなさい、神様。  謝るので、わたくしの平穏を返してください!  聖王とか魔王の加護を貰った辺境侯爵家の令嬢とか、身分的にどう考えても攻略対象や悪役令嬢と接点がないはずがないじゃない。  もうっこうなったら前世知識チートしまくるからね! ※他サイトでも掲載しています。

寧々(ねぇね)と豊川稲荷のあやかし事情

ほっこりじんわり賞に応募中です。面白いと思ったら投票お願いいたしますm(_ _)m 主人公、玉藻寧々(たまもねね)は数年勤めていた和服店を首になってしまった。そんな最中、彼女はネットで社員募集の記事を拾う。 頼りに訪れたのは日本三大稲荷とも言われている内の一つ、愛知県にある豊川稲荷だった。 豊川稲荷に住まう白狐たちと伏見稲荷の狐たち。彼ら狐(あやかし)事情に巻き込まれた寧々は、あろうことか【昼間は人間、夜はお菊人形】の姿になるという呪いをかけられてしまう。この呪いを解くためには恋をする必要があると言われ…… 彼女は呪いを解くため、そして自身の和物好きが高じて【ココロ堂】で働くことを決意する。 日本の和を売る小物店と、そこに訪れる縁ありしあやかしたち。寧々は持ち前の明るさと器用さで彼らの心を溶かし、あやかしたちが抱える心の底の傷に触れていく。それは寧々の心すらも動かしていった。 踏み出す心をテーマにした、ハートフルで切ない癒し系ご当地あやかし物語のライトorキャラ文芸。 前向きじゃなくてもいい、ちょっとぐらいネガティブだっていい。踏み出す心があれば前へと進めるんです。 小説家になろうにも投稿しております。

- - - -

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。