ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

サイト:ノベルアップ+

条件をリセット
詳細条件で探す

作:武石勝義@『神獣夢望伝』2023/6/21発売!

星の彼方 絆の果て

《星の彼方》から現れた《原始の民》が、未開の惑星の開拓植民を果たしたとき。やがて数多の星々を切り拓き、その生活圏を銀河系中に広げたとき。複数の勢力に分かれて相食みながら、人知の結実である銀河連邦を樹立したとき。連邦内の格差拡大による大乱が生じたとき。そして銀河系人類悲願の恒星間通信が、ついに実現しようというときーー  その陰には常に、精神感応的に《繋がる》異能者たち《スタージアン》の存在があった。  果たして《スタージアン》とは何者か? 彼らの目的は? そして《スタージアン》に対して、ヒトはどう臨むのか?  銀河系人類千年の歴史を紐解く物語が、今ここに紡がれる。 〇第一部「スタージア」星暦七八一年~  中等院の巡礼研修で人類発祥の惑星スタージアを訪れた少年シンタックは、ふとした弾みでその真の姿に触れる。彼と同じくスタージアの真相を知った少女ドリーと共に、ふたりはやがて重大な決断を迫られる―― 〇第二部「魔女」星暦六九九年~  第一部から遡ることおよそ百年余り。独立惑星国家テネヴェ市は、大国ローベンダール惑星同盟の圧力に悩まされていた。テネヴェ市長補佐官ディーゴと惑星開発調査員イェッタは、この危機を克服するべく知恵を絞る―― 〇第三部「叛逆者たち」星暦八八〇年~  第一部から百年、第二部から二百年ほど後のこと。銀河連邦では新たに開拓された外縁星系と中央の間に格差が生じ、深刻な社会不安を招きつつあった。両者の対立はやがて連邦中を巻き込み、ミッダルト総合学院で学ぶシャレイドやカナリー、モートンたちの運命も翻弄していく―― 〇第四部「天空播種」星暦四〇七年~  時代は遡って惑星スタージアに《原始の民》が降り立って、およそ百年余りのお話。カーロは惑星エルトランザへの開拓を成功させるために、博物院長ジューンに対して、博物院に伝わる《オーグ》の秘術の開示を求めるが―― 〇第五部「ハーヴェスト・レイン」星暦九九〇年~  トゥーラン自治領成立から百年余り。銀河連邦を震撼させた未曽有の事故『大途絶』から脱出した、双子の姉弟ファナとユタ。逃げのびた先で異能の美少女ウールディと出会った彼らは、やがて銀河連邦の一大事業『銀河ネットワーク』の真実に関わっていく―― ※小説家になろう、カクヨムと重複投稿。 ※縦組推奨 ※表紙挿絵ご提供は堂道形人様。

更新:2023/9/21

0.0
1

評価

0

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:有栖乃 茶芥

箒星のGemini

ひとりの座敷童の少女を中心に描かれる、現代異能ドラマ。 ○星都 天馬(ほしみや てんま) 主人公。21歳。男性。一人称視点の語り手。 兄・北斗(ほくと)からの依頼で、町の異変の調査を行っており、現在大学を休学中。 ○星都 久津那(ほしみや くつな) 天馬の双子の妹。大学生。長身の美女。 普段は、というか世間的には、物静かで、落ち着いていて、加えて気さくな、何をやらせてもそつなくこなしてしまう、才色兼備な女性として見られている。だが、親しい相手と話すとき、またはスイッチが入ると、淡々とした語り口で、ちょっとずつ相手を追い詰めるような口調に変わり、かなり勝ち気な性格であることがうかがえる。 ○珠季(たまき) 異変の調査のなか、天馬たちに保護された少女。その正体は年古りの座敷童で、長年に渡り一つの一族を見守ってきた。 現在は訳あって天馬が拠点としている事務所の二階で寝泊まりをしている。 ○新藤 男性。天馬の仕事上の相棒。また北斗の後輩であり、同僚でもある。北斗とは大学生の頃からの付き合い。 超常に精通しており、天馬と共に町の異変の調査にあたっている。 ○宮藤 女性。北斗からの依頼を受け、天馬の仕事を手伝っている。星都家とは長い付き合いがあり、天馬と久津那にとっては幼なじみの姉のような存在。 文字通りの意味で常に笑顔を絶やさず、なにかといえば楽しげに振る舞うが、自分にとって楽しそうなこと、あるいは楽しくなりそうな事態を最優先にする、いわゆるトラブルメーカー的な一面がある。

更新:2023/11/27

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。