ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:お仕事

条件をリセット

条件でさがす

作:金時草

東京メイズ・ウォーカーズ! ~黎明期のメイズ受託業者達~

 2012年秋、高校最後の思い出作りに親友達と3人でキャンプに出掛けた遠藤公太(コータ)は、キャンプの最中に大親友:広沢大輝の失踪という事件に遭遇してしまう。  そして時は流れて2020年夏、世間は新型コロナウィルスと突如出現した「地下空間構造:メイズ」の影響で不景気の真っただ中。そんな折、失踪事件を切っ掛けに無気力な人生を過ごしていたコータは、バイトテロが原因で勤め先のブラック外食チェーンをリストラされてしまう。失業後、まずは生活費削減のため自炊準備を兼ねて近所のスーパーに向かうコータ。しかし、その帰り道に不思議な空間へ落下したコータは、ガラス玉のような不思議な石と ーースキル【能力値変換Lv1】を習得しましたーー  と脳内に浮かび上がるメッセージを受け取る。  そして、迎えた親友広沢大輝の葬儀の後、形見分けとしてもらった鏡から聞こえるのは…… 『コータ? その声はコータか?』 「すまん大輝、成仏してくれ!」  異世界に飛ばされ、そこで大賢者と勇者を兼任し「魔坑」と呼ばれる存在を討伐した親友大輝。そんな親友から贈られた助っ人使い魔のハムスター「ハム太」。なんやかんやで、メイズでドロップを探す職業「管理受託業者」となったコータは、メイズが出現した世界で、普通に生きたいと願いつつ様々な事件に巻き込まれていく。  大輝の飛ばされた世界で世界を滅亡一歩手前に追いやった「魔坑:メイズ」。それを資源の宝庫と捉える各国政府の思惑。「第四次エネルギー革命」を標榜し、開発に邁進する各国の陰謀が、コータの身に迫る(かもしれない)。「魔坑:メイズ」が引き起こす「魔物の氾濫」にコータが立ち向かう(かもしれない)。なにより、普通に生活したいコータの冒険が今始まる。 本編は基本的に一人称のローファンタジーです。

更新:2022/2/10

0.0
1

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:結城十維

ふつおたはいりません!

崖っぷちの売れないアラサー声優『吉岡 奏絵』と、 売れっ子女子高生声優(生意気)『佐久間 稀莉』が織りなす、 ラジオ番組『これっきりラジオ』が今始まる―。 ■あらすじ 通帳残高わずか、 現在レギュラーなし、 コンビニバイトが中心の、 崖っぷちアラサー声優、吉岡奏絵(よしおか かなえ)。 デビュー当時は主役を演じたこともあるが、 今はその過去の栄光にすがるだけの売れない、オワコン声優である。 『そろそろ潮時だろうか』と諦めかけたところに、 事務所からラジオ番組の仕事が舞い込んでくる。 意気揚々と現場に向かうと、 そこにいたのは売れっ子の、女子高校生声優『佐久間 稀莉』であった。 かつてモブとしてだが、共演経験のあった奏絵だが、 「初めまして」と言われ、さらに 「私、モブ役の人の名前と顔いちいち覚えていないんですよ」 「せいぜい私の足を引っ張らないように頑張ってくださいね」 と馬鹿にされる。 生意気な稀莉にイラっとする奏絵だが、この仕事を逃したら後がなく、我慢する。 第1回の収録が始まるも、会話は弾まず、 相方の稀莉の反応は淡々としていて、つまらない放送となってしまう。 でも奏絵にとって、声優として最後の命綱のような仕事で、 嫌な相手、生意気な小娘に媚びへつらってでも、 声優業界に生き残るために必死になるしかなかった。 レギュラーゼロ生活に戻りたくない―。 奏絵のラジオから始まる、声優人生逆転劇が始まる。 ■登場人物 ①吉岡 奏絵(よしおか かなえ)   27歳の崖っぷち声優。   21歳で大ヒットアニメの主役を演じたが、それ以降は鳴かず飛ばず。   4月から稀莉ちゃんとラジオ番組を始め、声優界に生き残るため奮闘中。   青森県出身。 ②佐久間 稀莉(さくま きり)   17歳の、売れっ子の女子高生声優。   可愛い容姿だけでなく、声優としての実力は抜群。   東京生まれ。父親が映画監督、母親が俳優の才能の塊。   奏絵に嫌な態度ばかりとるが、実は……? ③植島 作雄(うえしま さくお) :構成作家 ④長田 佳乃(おさだ よしの)  :稀莉ちゃんのマネージャー ⑤片山君  (かたやまくん)   :奏絵のマネージャー ⑥橘 唯奈 (たちばな ゆいな) :18歳の女子高生声優 ⑦西山 瑞羽(にしやま みずは) :奏絵の養成所の同期、声優

更新:2022/2/14

4.5
2

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:ポエム

クレマチスの動輪

『井上和也』は幼少期、最寄り駅で傘を " 触れずに " 回収する駅員を目撃した。 音もなく浮き上がる傘、当然のように拾い上げ去って行く駅員……その姿に和也は衝撃を受ける。 「超能力だ!」「鉄道会社には何か秘密があるに違いない!」 と興奮するが、周囲の人間は誰一人として信じてはくれない。おまけに山と田畑に囲まれた田舎の車社会……電車に乗る機会が少なかったことも相まって、和也自身もその出来事を忘れてしまう。 だが、高校の卒業を間近に控えた就職活動の最中、偶然か必然か、和也はその奇怪な出来事を思い出す。 高校卒業後、鉄道員として『大阪駅』で働くことになった和也は、新米駅員として日々の過酷な業務をこなしていく中、少しずつ周囲環境の奇妙さに気付き始める。 上司の意味深な発言、見えない何かの存在……。 やがて、和也は『駅』という空間に隠された大きな秘密を……そして、鉄道員の『真実の仕事』を目の当たりにすることになる――! ※第32話にのみ残酷表現が含まれておりますが、残酷表現のないパターンもご用意しております。 ■『エブリスタ』『Nolaノベル』『たいあっぷ』にも投稿しております。 ※『たいあっぷ』版は表紙挿絵付きとなりますが、第13話までとなります。

更新:2023/1/13

0.0
1

評価

1

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。