ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:すれ違い

条件をリセット
詳細条件で探す

作:りんどー

間違えて好きな人の双子の妹に告白したら付き合うことになりました

https://kakuyomu.jp/works/16817330651442575319 新作始めましたのでこちらも読んでみてください。 「異世界貴族に転生して15年、犬猿の仲のクラスメイトが婚約者に転生していた事実に気づきました」 告白する相手を間違えたことから始まる、美少女双子姉妹との拗れた三角関係ラブコメです。 割と平凡な高校生・伊賀崎渉は校内一の美少女である天宮沙空乃に好意を伝えた……はずだったのだが、告白した相手は瓜二つの容姿を持つ双子の妹にして、腐れ縁の天宮陽奈希だった。 しかも、渉がずっと嫌われていると思い込んでいた陽奈希はただのツンデレ。実は渉のことが好きだった上、告白は自分に向けられたものだと勘違いしていたため、快諾。 間違いによる告白をきっかけに、渉と陽奈希は付き合うことになった。 その結果、今まで高嶺の花過ぎて関わる機会がなかった沙空乃(=好きな人)からは皮肉なことに『妹の彼氏』として認知されるように。 沙空乃は実は超がつくほどのシスコンで、渉が愛する妹を傷つけるようなロクでもない男ではないか見極めると宣言。 とてもじゃないが、「あの告白は間違いだった」と言い出せる状況ではなくなってきて――。

更新:2023/1/4

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:ニケ

マイホームダンジョン

【2章完結済み】 とある辺境領のさらに辺境の村で産まれた普通の農民の少年。 少年は両親に愛されて育ち、辺境領の領主も素晴らしい人物だった。 ある日、その少年に伝説の大賢者と同じ才能があると分かり人生が動き出す。 しかし、少年の能力には大きな欠陥があった。 大賢者の再来と言われた少年は、10歳で只の人となる。 勝手に期待をされたのに、その期待を裏切ってしまった事で追い込まれていく。 すれ違いが重なり、少年は友達や両親と離れる決意をする。 悲しいすれ違いの結果、紆余曲折あり何故か少年の家がダンジョンと呼ばれる事になってしまう。 帰る場所を失った少年が真実のマイ ホームを探すお話し。 注)ダンジョン内の話が始まるのは3章からの予定です。  1章 大賢者の再来編   2章 学院編 完結済み  3章 ディビジ大森林編 更新中   4章 ダンジョン編 予定 テンプレじゃないです。 圧倒的チートではなく、与えられた条件で主人公が工夫してどうにかこうにかします。 *この作品はなろうでも掲載しています 安心してください。完結させますよ。 作者であるニケは、評価されないよりは☆1つでも遠慮なく付けて欲しい派です。 軽い気持ちで評価ボタンを押していただけると嬉しいです。

更新:2024/5/23

0.0
1

評価

1

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:菜ノ宮 ともり

心から愛しております旦那様、私と離婚を致しましょう

「おかえりなさいませ、旦那様」  深々と頭を下げて出迎える、伯爵夫人らしく美しくも淑やかに着飾ったリヴェーラに、夫であるリアム・リスト・アルカディルは、返答を返すことはなかった。  彼女の体では維持し続けることが厳しいであろう姿勢のまましばらく放置し、やっと声をかけたかと思えば、彼女にかけられるのは冷たい声音。 「いつまでそうしているつもりだ」  リヴェーラ・リスト・アルカディル伯爵夫人。彼女は美しく教養もあり、奥ゆかしい妻だったが、夫に愛されることなく、二年という月日がすぎていた。  それでも夫を愛し、一生治ることの無い奇病と闘いながら伯爵夫人として業務をこなし続けた彼女だったが、ある日を境にその生活さえも崩れることになる。  帝国に現れた聖女、 ジゼル・ラウメル。  女神信仰の帝国で聖女が発見されたとなれば国中の男性が求婚に押寄せる。  リヴェーラの夫も同様だった。  そして本妻であるにもかかわらず別荘に追いやられたリヴェーラは、夫の邪魔になることだけはと、世界で最も愛する夫との離婚を決意する。  夫を愛し続けた妻と、妻の愛に気づくことのなかった伯爵の未来はーーー……    

更新:2024/6/21

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。