ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:アクション/バトル
条件をリセット

詳細検索

作・ 一ツ木

愛呪一体のレクイエム

2×××年 光より速く動く宇宙船が発明されて百年くらいたった未来。光を置き去りにする速さの乗り物が開発され、未来へも手が届くようになった世界。 時間は全ての人に平等ではなく、仮想概念となって売買や譲渡ができるようになった。人間の愚かさがここにも生まれた。 人々は生まれたときから個々に端末を渡され、そこに自分の寿命つまり、自分の残り時間がチャージされている。 それによっておとずれたのは人類の発展か? いや違う。後退と繰り返し。 科学技術は進んでも人間は繰り返した。 時間の売り買いで寿命という概念は壊れ、社会は金の時代よりも混迷を極めていた。 町中や路上には乞食や親を失った子供、親に時間を売られ捨てられた子供、心を壊した大人がそこら辺に座っている。 そして、奴隷という制度も再び現れた。 奴隷の99%は子供。 時間を持たない物には人権はなく、捨てられた幼い子供は奴隷として捕まり、誰かに買われるのを待つばかり。 無気力な奴隷の子供達の中に一人 名前のない奴隷少女がいた。 人間を警戒し、まるで獣のように暴れるため奴隷商人は手を焼いていた。幸いよく見ると美少女だったため観賞用として残されてきたが手に余り もうすぐ処分することになっている。 彼女には秘密がある。 その秘密はもう一人の人物によって明かされる事になる。

更新:2021/12/23

文字数:8,641文字

- - - -

0
0
0
0

作・ カズノコ

DRINKER ― ドリンカー ― 《ラムサイダー》

 【ソフトドリンクを飲んで変身!? 楽観的な青年と暑苦しいAIが、東京に渦巻く陰謀を阻止するため、サイダー片手に走り回るSF変身アクション!!】  「人生意外となんとかなる」  そんな楽観的な座右の銘を掲げる青年、山炭(やますみ)蒼太(そうた)。  オンボロアパートで暮らす彼の元にある日突然、次世代携帯端末『TUTAOウォッチ』が届く。なんとその腕時計には、『ペイ』と名乗る謎の人格が宿っていた。  それから数日、楽観的ゆえにペイと意気投合した彼は、これまでと変わらぬ日常を過ごしていた。  しかし幼馴染みの愛(あい)を連れて出掛けたある日、蒼太は世間を騒がす怪物『クライアンド』に遭遇してしまう。  逃げようとした彼を引き留めたのは、怪物を倒すチカラがあると豪語するペイだった。  半信半疑のまま怪物の前に躍り出た蒼太は、自身が救うべき者のため、弾けるサイダーを飲み込み変身した。  生命の源を纏いし、蒼き鎧の戦士。その名はーー  ドリンカー《ラムサイダー》!!  ※感想、スタンプなどを頂けるとお兄さん跳んで喜びます。  ※一話分書ききってからの連続更新スタイルなので、次回投稿は未定です。(でもなるべく早く書きます)  ※全二十話を予定しております。  ※お兄さんツイッターもやっております。マイページから飛べますので、どうぞフォローのほどよろしくお願いします。

更新:2022/5/13

文字数:115,605文字

- - - -

0
0
0
0

作・ 安房 桜梢(Sakura✿Awa)

天つ乙女と毛獣〜舞台は房総半島、天女となりしある少女の運命と絆の物語〜(#あまおと)

「テンポ遅め、千葉館山を舞台に繰り広げられるご当地・和風ローファンタジーSFストーリーです」 千葉県館山、海と森などの自然に恵まれた街に広瀬百合子という女の子が住んでいた。 彼女は14歳で、君津にある私立中学校に通う""ごくふつうの中学生""だった。 しかし、ある時、学校から帰ろうと館山銀座商店街を歩いていた時、ゴリラのような獣の襲われ、迷子となっていた少女とともに拉致されそうになる。 百合子は、絶望の淵にさらされる中、突然発生した炎に包まれて茜色の衣を纏う天女タキリとなる。 それとともに、色違いで真紅色の衣を纏い、従妹と名乗る天女のトヨタマと協力し、獣やそれらを操る首謀者を館山の街から退ける。 このことをきっかけとし、彼女は天女として、ほかの6人の天女とともに獣と闘いゆく和風SFファンタジー小説です。 ※「1-2年ごとに、物語の舞台におもむき、現地調査を重ねて書いています」 より忠実で旅をしたような気分にもなれる作品です。 (弊作は、"第4回「マグネット!」小説コンテスト一次選考選出作品"となります。) (イラスト:PNねこ氏・そらぴかり氏作)

更新:2022/12/6

文字数:301,967文字

- - - -

1
0
1
0

作・ ジンブレイド

BLAZE-BRAVES~紅蓮のスバル~

 遥か古代の地球。 《シグ魔》と呼ばれる魔物たちが遥か宇宙の彼方より飛来した。  破壊と殺戮の限りを尽くすシグ魔によって、世界が暗黒に包まれようとしたとき、強き戦士たちが立ち上がる。 《響力-エフェクト-》と呼ばれる異能の力をその身に宿し、輝く鎧を纏う戦士は勇士《ブレイブ》と呼ばれた。  黄金の竜の鎧を纏う戦士を筆頭にした勇士たちは死力を尽くし、自らの命を燃やしてシグ魔の王を封印した。  ――それから時は流れて現代。  I県十森市に住む“普通の高校生”である日野柳昴(ひのやぎ すばる)は幼い頃、怪物に襲われていたところを鎧を纏う戦士に救われて以降、自らに宿った奇妙な力に悩まされていた。  ある日昴は、友人である糸井守(いとい まもる)と共にかつて戦士に救われた地を訪れ、不思議な少女・クロエと出会う。  自らと深い因縁を持つ相手との邂逅し、戸惑う昴は再び怪物に襲われ、絶体絶命の窮地に立たされる。  だが、クロエは問い掛ける。 「この力を手にしたら、もう“普通”には戻れない。それでもいい?」 「戦う力があるというなら、俺は――戦う! 皆の明日を、俺が守る!」  炎の勇士、《グレンブレイズ》となった昴は、仲間と共に壮絶なる戦いへと身を投じる! ――――――  本作は某所で投稿していた作品を、設定から大幅に書き直して完全新作としてリブートさせたモノとなります。  王道・熱血ヒーローモノという大元は変えず、初めて読む人も、以前応援して下さった方にも楽しめるように致しました。

更新:2022/12/8

文字数:319,144文字

- - - -

0
0
0
0

作・ 鵺獅子

それでも神話は生誕するのか

【それでも神話は生誕するのか】 オーバーテクノロジーが行き交う文明都市で生まれ育った青年ディアは、ある夕暮れ時に謎の老人から、今まで生きてきた世界の外側に未知の領域が広がっていることを教えられ、好奇の思いに導かれるままに冒険の旅へ出る決意をする。 汚染物質を遮断する都市フィルターの外側は危険と波乱、滅びの運命が約束されたウィルダム大陸。 満月色の瞳を持つ暗殺者。頼もしい図書館司書。悲運の少年奴隷。そして雪原にひとりきりで暮らす命の恩人。 この荒廃した大地の上で、ディアは数奇な出逢いを重ねながら、失った未来を取り戻していく。 ※ 個人サイトに掲載していた同タイトル作品を全文書き直しで少しずつ投稿していきます。現在ノベプラのみで連載中。 ※ 主に1〜2週間に1度ペースで更新しています。 ※ ジャンルは異世界ファンタジーですが、世界観の三割ほどにはSFを含みます。 ※ ヒロインと思しき人物は美少女ですが、女の子であるとは限りません。 ※ たまにアクションシーンが挟まります。ガラスもパリンするし、高所からはよく落ちます。 ※ ポストアポカリプスな世界観をねちっこく描写していくため、グロテスクだったり気持ち悪い表現が頻出します。 ※ 最終的には全滅エンドになることを予定しているため、物語が進めば進むほど登場人物は幸福から遠のいていきます。 ※ お覚悟を。 作者が描いた作品関連イラストはTwitterにて「#TUPSIMATI」のタグで公開しています。

更新:2022/11/17

文字数:437,139文字

- - - -

0
0
0
0

作・ にゅず

ジオティノスの深淵

 意識を取り戻すと、目の前に広がっていたのは夕暮れの見知らぬ大草原だった。  自分が何故こんな場所に居るのか、何故全身に火傷を負い、両脚を骨折しているのかも分からない。  そんなエストールを、通りがかった荷車に乗っていたフォートが救助したことにより、事態はゆっくりと動き出す……  有無を言わせず抱える事になった借金。突然の有罪宣告。状況に流されながらも、エストールはハンターとしての生活を送る事を余儀なくされていく。自身の事については一切が謎のままに。  この時のエストールは、自身がやがて古代文明の秘密に深く関わっていく事になるとは、夢にも思っていなかった。 【注意事項】 ※異世界ものですが、転生・追放要素はありません。 ※かなり簡単に腕とか首とかが落ちる描写があります。目安として、安井健太郎氏の『ラグナロク』を問題無く読めるならば、それよりも比較的マイルドな描写となっております。 ※文中の数字が読みにくかったため、一桁のものは全角表記、二桁以上は半角表記へと修正していきます。

更新:2022/10/31

文字数:481,473文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。