ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:カクヨムオンリー

条件をリセット
詳細条件で探す

作:奈月遥

クリエイティブ・プレイ・オンライン

【五万PV達成、☆100達成、ありがとうございます】 創作によってステータスが上昇し、特殊スキルを取得する『クリエイティブ・プレイ・オンライン』というヴァーチャルリアルゲームを、人見知りがお手製の造語『未言』を引っ提げてプレイします。 未だ言にあらざる物事たちに、名前を、在り方を与えながら魔女は旅をする。 世界にはまだ誰も知らない幻想が溢れているのだもの。 *補足説明* ・『クリエイティブ・プレイ・オンライン』は、仮想現実世界に、好きにデザインしたアヴァターでログインして遊ぶバーチャルリアルゲーム。 ・ゲームジャンルは、バーチャルリアルのMMORPG。作中では、バーチャルリアルロールプレイングゲーム(VRPG)と表記している。 ・創作や文化活動を行うと、【アート・プレイ・タイプ】がレベルアップし、基本能力値が成長する。 ・基本能力値とは、体力や知力などの一般生活でも使用する能力のこと。 ・戦闘で経験値を得ると、【バーサス・プレイ・タイプ】がレベルアップし戦闘能力値が上昇する。 ・戦闘能力値とは、HPや攻撃力など戦闘で活用する能力のこと。基本能力値を基にして算出される。 ・傑作やオリジナリティ高い作品を創作すると、強力で特殊なユニークスキル《ブレス》を取得出来る。 ・未言とは、未だ言葉にあらざるもの。つまりは造語であり、誰も注目してなかったものに言葉を当てて存在を確立させるもの。

更新:2021/4/3

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:田中ケケ

俺と彼女のせいしをかけた戦い(ラブコメ) 〜美少女のご主人様が奴隷の俺を興奮させようとエッチなことばかりしてくるんだが〜

 宮田下銀は同級生の梨本臨からラブレターで呼び出されたにもかかわらず、なぜか「生理的に無理」とフラれてしまう。  釈然としないまま校舎の廊下を歩いていると、同じクラスの吉良坂帆乃が意識を失って倒れているのを見つける。助けなければと思ったが、帆乃が倒れていたのは女子トイレの中。ためらう気持ちはあったが、人命優先と女子トイレの中に入り帆乃を助けようとする。  しかしこれは罠だった。  銀は、臨に女子トイレに入っている写真を撮られてしまった。しかも銀が女子トイレで帆乃を押し倒して襲おうとしているかのような構図で。その写真で脅された銀は、帆乃の言うことを何でも聞かなければいけなくなってしまう。  どんな命令が下されるんだと怯えていた銀だったが、帆乃からの命令は他の男子が聞けば羨むようなえっちな命令ばかりだった。そんな日々を過ごしていくうちに銀は帆乃に惹かれていく。だが、銀は精子を作り出す機能がなかった。それをトラウマに感じていた銀は「子供と幸せに暮らしたい」という夢を語る帆乃と結ばれる事はないとも思っていた。  帆乃のえっちな命令はどんどんエスカレートしていく。  最終的に帆乃は「あなたとエッチがしたい」と銀にせまるが、銀は生殖機能がないことを明かし、できないと断った。初恋相手の銀の子供を身籠ることで、おじい様が決めた婚約を破談させようとしていた帆乃は絶望する。  その後、帆乃は最後に銀との一生の思い出を作りたいと、銀をデートに誘う。  銀も、これが帆乃との最後になると悟りつつ、二人は遊園地でデートをして、約束通り別れた。  途方に暮れる銀だったが、そんな彼のもとに、帆乃の専属メイドである草飼がやってくる。彼女の言葉で銀は、ただ自分が好きになった女の子を幸せにする自信がなかっただけだったのだ、と理解する。  銀は帆乃と婚約者の食事会の場に突入し、帆乃を連れて走り去る。  二人はようやく思いを伝えあい、恋人になることができた。

更新:2021/1/26

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:望月くらげ

優しい死神は、君のための嘘をつく(旧題:桜色に染まる空の向こうで優しい死神は笑う)

「桜色に染まる空の向こうで優しい死神は笑う」より改題・改稿の上、2020年6月25日KADOKAWAより発売されます。 書き下ろし番外編も収録されておりますのでよろしくお願いします! 重い心臓病で何度も入院を繰り返している真尋(まひろ)は、ある夜部屋に風が吹き込むのを感じて目を覚ました。 ベッドのそばに立っていたフードを目深に被った少年は自分のことを死神だという。 そして「君の魂を貰いに来ました」と真尋に告げた。 30日以内に死ぬと告げられた真尋は「その日まで私の喋り相手になってもらおうかな」と明るく言った。 病室でいつも一人ぼっちだった真尋は死神と過ごす日々がだんだんと楽しくなってくる。 けれど運命の日は訪れてしまう。 弱弱しくなった心音。 掠れた声。 そんな真尋に死神がとった行動とは――。 これは決して結ばれることのない、死神と死を告げられた少女の切ないラブストーリー。 「ねえ、死神さん」 「なんだい?」 「私を一人にしないでね」 「……しないよ。最期まで、僕が君のそばにいるから」

更新:2018/12/11

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。