ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:コメディ

条件をリセット
詳細条件で探す

作:もかちよこ

創刊!王立セントラル学園 壁新聞部 ~婚約破棄のドミノ倒し~

 【2024年2月22日に号外2追記】 《数か月前の王家第一王子殿下と帝国第五皇女殿下との婚約破棄が、その後の数多の婚約破棄の連鎖のきっかけになるとは誰が考えただろうか。のちにいう”婚約破棄のドミノ倒し”である。  そして今回またも婚約破棄と新たな婚約が~》  王立セントラル学園 壁新聞部の部室から聞こえるペンを動かす音と話し声。 「見出しは婚約破棄のドミノ倒しにしよう!」「その見出しはボツだな」「ひえぇ」  転生者なのに前世の知識を使いこなすどころか、現世の知識とも区別がつかず周囲から浮いた存在のロメリア。生来めんどくさがりな性格も相まって友達も少なく退屈な生活を送っていた。  そんなロメリアが前世の知識で唯一興味を持ち、やる気を起こさせたのは壁新聞作りだった。 壁新聞部記者ロメリア(不器用なめんどくさがり)と銀髪の公爵令息でもある編集長(ツッコミ気質のロマンチスト)の二人の会話から、ある王国で一つの婚約破棄をきっかけとして次々とおこった”婚約破棄のドミノ倒し”の一部始終が明らかになっていく。  ひとクセある登場人物たちが織りなす、クスっとなるお話。      ※ご都合主義のお話です。オリジナルの世界観で設定はゆるいです。気楽にお読みください。全5話+号外。 誤字報告ありがとうございます。お手数をおかけします。<(_ _)>

更新:2024/2/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:加瀬優妃

トイレのミネルヴァは何も知らない

「ストーカーされてるんだよね。犯人探しに協力してくれない?」  ミネルヴァの正体を黙っててもらう代わりに、新川透のストーカーを見つける手伝いをすることになった莉子。  高校を辞め、掃除婦として光野予備校で働く天涯孤独の少女、仁神谷莉子には「トイレのミネルヴァ」というもう1つの顔があった。  そんな莉子の前に現れたのは、光野予備校の人気数学講師、新川透。 「……協力はいいけど、新川透がよくわかんない。フェロモンがハンパない上に行動が予測できない。誰か私に彼のトリセツをください……」 「そういうのは知らない方が楽しめるよ?」 「お前が言うな!!」 ※「○時間目」ごとに完結しています。本編は4時間目で完結いたしました。 ※「放課後」は後日談です。2020年1月30日に完結いたしました。 ※「おまけ」は後日談の後日談です。2021年2月3日に完結いたしました。   →2021.10.11 おまけに1話追加。今のところこれでラストです。 ※「カクヨム」から転載したものです。 ※アルファポリスに転載しました。 ★第1回一二三書房WEB小説大賞・一次選考突破作品

更新:2022/10/15

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:夏目くちびる

なぜ、俺は『病』墜ちした同級生と、束縛がヤバ過ぎる同棲生活を送っているのか?

心が壊れた女子高生、矢箕京(やみのみやこ)。過去に傷を持つ男子高校生、薬師時生(やくしときお)。二人は、雪の降るクリスマス・イヴに出会った。 たった一つのきっかけから、京は時生に狂気的な恋心を抱くことになっていた。そして、その想いは二年生へ進級した時に爆発。結果、二人は事件の先に同棲する事となったのだ。 京はその狂気を以て、次々と時生を縛り付ける鎖を放つ。断る事の出来ない事情を抱えた時生は、言われるがままに京の要求を呑むことしか出来ない。一つ、また一つと、縛る鎖は増えていく。日常は、その度に遠く離れていく。 だからこそ、時生は京の束縛を受け入れ、その上で京を『まとも』に戻そうと考えた。壊れてしまった彼女の心を取り戻す為、彼女の生活に尽くそうと決意を固めたのだった。 その先に、目も当てられないドロドロな修羅場が待ち受けてるとも知らずに。 この物語は、行き過ぎた愛へのカウンター。もしくは、病的に好かれた時の対処マニュアル。理性と知性で複雑なエロスに抗う、非日常系ラブ&サイココメディである。 果たして、雁字搦めの先に、京の望む両想いは成立するのだろうか。

更新:2021/12/19

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

1

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。