glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

検索結果:10件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

スチームパンク

絞り込み

文字数

人型巨大兵器〝に〟転生しました〜冷凍世界再点火〜

サラリーマンの主人公は、ある日突然、「人型巨大兵器」に転生する。パイロットではない。全高十数メートル、体重数十トンの半生物・半機械兵器にそのものにだ。 恐ろしいことに、主人公は自分の意思で身体を動かすことができないし、話すこともできない。身体はパイロットの意思に従い、パイロットの命ずるままに敵の人型兵器と相対し、攻撃を喰らえば巨大な剣で手足を吹き飛ばされる。 何もかもが凍りつく極寒の終末世界において、主人公ら「巨人」は唯一稼働できる超兵器。主人公はエース機として活躍するも、常に満身創痍、心の安らぎは身体を修復してくれる整備士の女の子だけだった。 しかし、敵勢力の大襲撃により、その女の子を目の前で失ってしまう。怒りに燃えた主人公は自由意志を持って動く巨人として「覚醒」するが………。 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 読みやすさ重視、SFガジェット満載の冒険譚です。 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ タイトル、あらすじでのネタバレが過ぎておりましたので、大修正しました。 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ [ご感想や評価をいただけると、大変励みになります!]

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

英国幻想蒸気譚 -project FOLKLORE-

【電撃の新文芸】より、7/17に『英国幻想蒸気譚Ⅰ-レヴェナント・フォークロア-』が発売されました。 『英国幻想蒸気譚Ⅱ』は秋頃に発売です。  19世紀末。蒸気機関文明華やかりし時代。  発達した蒸気機関が世界を席巻し、空は排煙に覆われた。遺伝子工学によって生まれた労働種。夜の街に現れる鋼鉄の怪物。鉄の音に惹かれてやってくる血塗れの獣。霧の夜に人がいなくなり、別人になるという都市伝説など、まさに混沌に彩られし大英帝国ロンドンにて。  請負屋を営む極東人の封神幎(ツカガミ・トバリ)と、錬金術師ヴィンセント・サン=ジェルマンの二人の下に舞い込むのは、いつだって厄介ごとばかり。  ある日、アカデミアからやって来た女性から、「友人が危険な研究に手を出して、行方不明になったので探してくれ」という奇妙な依頼が舞い込んでくる。  喜々として依頼を受けたヴィンセントに連れられて、事件の手掛かりがあるであろう場所に訪れたトバリたちの前に現れたのは、鋼鉄と蒸気に彩られた怪物で――  これは、虚実入り混じった登場人物たちと織り成し、鋼鉄と蒸気が紡ぐ幻想譚。  皆様方のお目がもし、お気に召さずばただ夢を見たと思ってお許しを。

ヴィシュタイン・コピーライト

 あらすじ:  時は20世紀初頭、イングレス連合王国首都、ロンドン。  産業革命による蒸気機関の急激な発達によって人々の暮らしは豊かなものとなり、  芸術文化の花開く土壌が、上流階級から労働者にまで幅広く広がっていた。  パトロン付きの十七歳のピアニスト、アンジェラは、一ヶ月後に迫るロンドンピアノコンペティションで優勝しないと家を追い出されてしまう。  しかし調子は絶不調。諦め気味のアンジェラは夜になると屋敷を抜け出し、街のバーでジャズピアノを弾く毎日。  そんなある日、ピアニストとしても一流の調律師、アドニスと出会う。  とある依頼でアンジェラは、超絶技巧の右手専用ピアノ曲『右手のためのピアノ独奏曲』を演奏しなければならなくなり、  アドニスのレッスンを受けて、その才能を開花させていくのだが……。  その裏では、大きな陰謀が渦巻いていた。  曲に隠された秘密。  謎多きピアノ調律師。  裏世界で暗躍する男達。  霧煙る街ロンドンで、人々の思惑は交錯し、複雑に絡み合う。  十七歳の少女が奏でるピアノが、それを解きほぐす鍵になるとも知らずに。 ---------------------------------------------------------------------  コンセプトは、ピアノ × 冒険 × スチームパンク‼  読んでてワクワクする! 続きが気になる!   そんな気分になってもらいたくて書いてます。  ついに全三部、完結! (2021/2/1) --------------------------------------------------------------------- 【更新履歴】 2020/1/23 第一部完結しました。 2020/5/15 第二部 プロローグ公開。 2020/5/28 第二部 連載開始。 2020/7/31 第二部 完結しました。 2020/10/26 幕間を更新。 2020/11/1 第三部 連載開始。 2021/2/1 第三部 完結。全シリーズ完結しました。 2021/11/1 メフィスト賞2021下期 印象に残った作品に選ばれました! ※作者Twitter: https://twitter.com/tomoyuki2019 ※表紙絵: 小石のような男 @koishiotoko 様

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。