ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:タイムリープ

条件をリセット

条件でさがす

作:NOV

初恋の先生と結婚する為に幼稚園児からやり直すことになった俺

俺の名前は『五十鈴 隆』 四十九歳の独身だ。 俺は最近、リストラにあい、それが理由で新たな職も探すことなく引きこもり生活が続いていた。 そんなある日、家に客が来る。 その客は喪服を着ている女性で俺の小・中学校時代の大先輩の鎌田志保さんだった。 志保さんは若い頃、幼稚園の先生をしていたんだが…… その志保さんは今から『幼稚園の先生時代』の先輩だった人の『告別式』に行くということだった。 しかし告別式に行く前にその亡くなった先輩がもしかすると俺の知っている先生かもしれないと思い俺に確認しに来たそうだ。 でも亡くなった先生の名前は『山本香織』……俺は名前を聞いても覚えていなかった。 しかし志保さんが帰り際に先輩の旧姓を言った途端、俺の身体に衝撃が走る。 旧姓「常谷香織」…… 常谷……つ、つ、つねちゃん!! あの『つねちゃん』が…… 亡くなった先輩、その人こそ俺が大好きだった人、一番お世話になった人、『常谷香織』先生だったのだ。 その時から俺の頭のでは『つねちゃん』との思い出が次から次へと甦ってくる。 そして俺は気付いたんだ。『つねちゃん』は俺の初恋の人なんだと…… それに気付くと同時に俺は卒園してから一度も『つねちゃん』に会っていなかったことを後悔する。 何で俺はあれだけ好きだった『つねちゃん』に会わなかったんだ!? もし会っていたら……ずっと付き合いが続いていたら……俺がもっと大事にしていれば……俺が『つねちゃん』と結婚していたら……俺が『つねちゃん』を幸せにしてあげたかった…… あくる日、最近、頻繁に起こる頭痛に悩まされていた俺に今までで一番の激痛が起こった!! あまりの激痛に布団に潜り込み目を閉じていたが少しずつ痛みが和らいできたので俺はゆっくり目を開けたのだが…… 目を開けた瞬間、どこか懐かしい光景が目の前に現れる。 何で部屋にいるはずの俺が駅のプラットホームにいるんだ!? 母さんが俺よりも身長が高いうえに若く見えるぞ。 俺の手ってこんなにも小さかったか? そ、それに……な、なぜ俺の目の前に……あ、あの、つねちゃんがいるんだ!? これは夢なのか? それとも…… NOVによるタイムリープ&純愛小説第一弾です。 最終話迄読んでいただけると嬉しいです。 何卒宜しくお願い致します。

更新:2023/1/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:NOV

あの日、幼稚園児を助けたけど、歳の差があり過ぎてその子が俺の運命の人になるなんて気付くはずがない。

俺の名前は鎌田亮二、18歳の普通の高校3年生だ。 中学1年の夏休みに俺は小さい頃から片思いをしている幼馴染や友人達と遊園地に遊びに来ていた。 しかし俺の目の前で大きなぬいぐるみを持った女の子が泣いていたので俺は迷子だと思いその子に声をかける。そして流れで俺は女の子の手を引きながら案内所まで連れて行く事になった。 助けた女の子の名前は『カナちゃん』といって、とても可愛らしい女の子だ。 無事に両親にカナちゃんを引き合わす事ができた俺は安心して友人達の所へ戻ろうとしたが、別れ間際にカナちゃんが俺の太ももに抱き着いてきた。そしてカナちゃんは大切なぬいぐるみを俺にくれたんだ。 だから俺もお返しに小学生の頃からリュックにつけている小さなペンギンのぬいぐるみを外してカナちゃんに手渡した。 この時、お互いの名前を忘れないようにぬいぐるみの呼び名を『カナちゃん』『りょうくん』と呼ぶ約束をして別れるのだった。 この時の俺はカナちゃんとはたまたま出会い、そしてたまたま助けただけで、もう二度とカナちゃんと会う事は無いだろうと思っていたんだ。だから当然、カナちゃんの事を運命の人だなんて思うはずもない。それにカナちゃんの初恋の相手が俺でずっと想ってくれていたなんて考えたことも無かった…… 7歳差の恋、共に大人へと成長していく二人に奇跡は起こるのか? NOVがおおくりする『タイムリープ&純愛作品第三弾(三部作完結編)』今ここに感動のラブストーリーが始まる。 ※この作品だけを読まれても普通に面白いです。 関連小説【初恋の先生と結婚する為に幼稚園児からやり直すことになった俺】     【幼馴染の彼に好きって伝える為、幼稚園児からやり直す私】

更新:2023/1/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:征夷冬将軍ヤマシタ

弱小領地の生存戦略! ~俺の領地が何度繰り返しても滅亡するんだけど。これ、どうしたら助かりますか?~ 【書籍&コミカライズ】

 クレイン・フォン・アースガルドはどこにでもいる普通の領主だ。  平和な領地を何事もなく治めていたが、ある日唐突に侯爵家から軍隊を送り込まれて、アースガルド領は滅びることになった。  クレイン自身も命を落とした――と思いきや、彼は自宅のベッドで目を覚まして、滅亡の3年前に戻っていることに気づいた。  このままでは数年後に滅亡すると確信したクレインは、滅びの道を回避するために、決死の生き残り作戦を開始する。  ――が、死ぬ。何度繰り返しても些細なことで彼は死に、領地は滅びた。  死にたくない。領民の皆殺しも避けたい。その思いで彼はひたすら人生をやり直す。  ハッピーエンドを迎えるその日まで。 ※  小説家になろうにも連載中。  6000万PV達成。  日間、週間、月間、四半期、それぞれでランキング一位を達成。  第九回ネット小説大賞にて、金賞をいただきました。

更新:2023/2/1

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:mty

最高の花嫁をもう一度! 〜幸せの絶頂期からなぜか青春時代へと戻った俺は最愛の彼女と再び結ばれるために奮闘します〜

俺は世界で一番幸せな男だった。 最高に美人で性格のいい最愛の女性と結婚できたのだから。 なのになぜ!? なんで、結婚式の次の日に目が覚めたら中学生やってるの!? 十年前!?これってタイムリープ!? 普通、こういうのって人生を後悔してる奴のところにきませんか?俺、幸せの絶頂期なんですけど...... 俺は、幸せが目の前から、なくなってしまったことに嘆き悲しんだ。 しかし、友人の一言で俺は希望を取り戻す。 「もう一度、その人と結婚できるようにやり直せば?」 「......それだっ!」 画して俺は、十年後、もう一度最愛の彼女と結婚するため、これまでと全く同じ人生を歩むことを決意する。 なのに...... な、なんで彼女がここに? それに一回目と何かが違う......俺ってこんなにモテたっけ? 果たして、俺はもう一度最愛の彼女と結ばれることができるのだろうか...... 一方その頃、彼女は...... 「ないないない!絶対にない!」

更新:2021/2/9

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:ふつうのにーちゃん

嘘っ、あたしのパン凄すぎっ!?  初期村のパン屋さんは、滅亡のプロローグを生き抜くために今日も村人をこっそり強化します

エルフ族の少女コムギは、山奥の村でパンを焼いて暮らしていた。 彼女は風車守のホリンに好意を寄せていたが、それが恋心であることにまだ気づいてはいなかった。 そんなある日、コムギは記憶喪失の元勇者、その成れの果てである【攻略本】さんを拾う。 その書はこの世界が物語であることを明かし、今からそう遠くない将来、ストーリーの都合で村が滅ぼされると予言した。 書は救済を願い、コムギに力を与えた。 「わかった! このパンで、村のみんなをこっそり強くしちゃえばいいんだよっっ!!」 コムギに目覚めた力は、パンで人を成長させる力だった。 そして攻略本には、世界中の隠しアイテムの在り処が記されていた。 コムギは故郷を守るために、ホリンと旅をする。 世界中の隠しアイテムを集めて、それをパンにしてただの村人を最強の村人に育てる。 破滅の日から故郷アッシュヒルを守るために。 果たして彼女は、滅びからアッシュヒルを守り抜けるのか? そしていったい、この平凡な村の誰が勇者だというのか? ☆付きは挿絵ありの回 30万字完結部分まで執筆済み。エタはありません。

更新:2023/2/3

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:餅月望

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

2023年、アニメ化決定。 書籍版:1~11巻発売中。 コミックス:1~5巻発売中・WEBにてコミカライズ連載中! 舞台版DVD「ティアムーン帝国物語 THE STAGE」Ⅰ、Ⅱともに絶賛発売中。 ドラマCD絶賛発売中。 「なぜ、こんなことに……?」 大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台(ギロチン)の上でつぶやく。 彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。 重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。 けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。 八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。 一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。  豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。  これは、やり直しの物語。  それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなくて……それを知った時にはすべてが手遅れだった姫殿下。過去の自分へと逆行転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。  斜陽の帝国の未来を救うため?  内戦により命を落とす多くの兵士のため?  民衆を飢饉から救うため?  否、彼女の目的はただ一つ。 「すべてはギロチンの運命を回避するために!」 TOブックスさまより書籍化決定いたしました。 ※COMICOチャレンジに投稿していた「ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる姫の逆転ストーリー~」を、吹き出し無しの小説形式にリメイクして投稿して来ましたが、COMICOさんの方は完結。その後、書籍化に伴い削除いたしました。

更新:2023/2/3

5.0
2

評価

0

レビュー

6

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:中島健一

喜んだらレベルとステータス引き継いで最初から~あなたの異世界召喚物語~

[ルールその1]喜んだら最初に召喚されたところまで戻る [ルールその2]レベルとステータス、習得したスキル・魔法、アイテムは引き継いだ状態で戻る [ルールその3]一度経験した喜びをもう一度経験しても戻ることはない 17歳高校生の南野ハルは突然、異世界へと召喚されてしまった。 剣と魔法のファンタジーが広がる世界 そこで懸命に生きようとするも喜びを満たすことで、初めに召喚された場所に戻ってしまう…レベルとステータスはそのままに そんな中、敵対する勢力の魔の手がハルを襲う。力を持たなかったハルは次第に魔法やスキルを習得しレベルを上げ始める。初めは倒せなかった相手を前回の世界線で得た知識と魔法で倒していく。 すると世界は新たな顔を覗かせる。 この世界は何なのか、何故ステータスウィンドウがあるのか、何故自分は喜ぶと戻ってしまうのか、神ディータとは、或いは自分自身とは何者なのか。 これは主人公、南野ハルが自分自身を見つけ、どうすれば人は成長していくのか、どうすれば今の自分を越えることができるのかを学んでいく物語である。 なろうとアルファポリスでも掲載してまぁす ※ネタバレというかオチを早く知りたい方や現代編読むのキツイ方は372話を読んでください。

更新:2022/12/8

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。