ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:ダンジョン

条件をリセット

条件でさがす

作:T.HASEGAWA

はじめてのぼうけんはおにいちゃんと~JSハーレムキングと呼ばれても冒険者はやめません~

 七年前、世界中にダンジョンの入り口が【生えた】。  彼の母親や妹、そして母の妹である叔母がそれに巻き込まれる。  当時一二歳であった彼の目の前で。  突如発生した黒い靄は、彼の妹と母親、そして叔母などを次々と飲み込んでいった。  少し離れていた彼は叔母より託された従妹を連れて逃げだし、かろうじて巻き込まれずに済んだが、それは彼の心に大きな傷跡を残していた。  しかも巻き込まれた人とその風景まで、巻き込まれた当時の姿のままで、幻影のようにそこに映し出されていた。  ダンジョンの入口は、七年前のその当時の光景をそのまま保存しているにもかかわらず、実体はなく誰も助け出せてはいない。  すぐそこに見えるので助け出せるのではないかと希望を持つ家庭は少なくない。  彼もその一人で、なんとか助け出そうとダンジョンに挑むが、彼が授かった謎の職業のせいで、レベルもステータスも上がらずスキルも得られない。  それでも大学のダンジョン研究サークルメンバーの力を借り、謎の職業について検証を行っていたが、そのさなか大怪我を負い、からだには障害が残ってしまった。  不自由なからだとなった彼は、サークルからも追放され、事実上の引退を余儀なくされたが、ダンジョン攻略を諦めきれずにモンモンとする日々を送っていた。  そこへ彼の父親から、ダンジョン教育の非常勤講師にならないかという話を持ちかけられる。  ダンジョンは中のモンスターを放置しすぎると地上にモンスターを溢れさせることがわかり、そのモンスター溢れに対応するため、全国の学校でダンジョン教育が執り行われることが決まっていた。  だが講師の報酬は安く、稼げる冒険者は非常勤講師を引き受けたがらず、ダンジョンに潜ることができなくなった彼に白羽の矢が立ったのだ。  謎の職業の解放には彼の内なる条件が整っていないのではないかと、サークルの会長より指摘された彼は、気分を変えるのもいいだろうとそれを引き受ける。  だが引き受けたはいいものの、彼が講師として赴くことになったのは全国的にも珍しい女子小学校。  そこで七年前に叔母から託され、彼が助けた従妹と再会。  その友達とともに、再びダンジョンに挑むこととなった。  これは後に、JSハーレムキングと呼ばれる男と、それを取り巻くJSたちがダンジョンを攻略していく物語である。

更新:2023/1/26

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:手嶋ゆっきー@【書籍化決定!】スキル魔改造

【最強の整備士】役立たずと言われたスキルメンテで俺は全てを、「魔改造」する!みんなの真の力を開放したら、世界最強パーティになっていた【書籍化決定!】

2022/6/7 書籍化決定しました! 「フィーグ・ロー。フィーグ、お前の正式採用は無しだ。クビだよ」 この物語の主人公、フィーグはスキルを整備する「スキルメンテ」が外れスキルだと断じた勇者によって、勇者パーティをクビになった。 「メンテ」とは、スキルを整備・改造する能力だ。酷使して暴走したスキルを修復したり、複数のスキルを掛け合わせ改造することができる。 勇者パーティが快進撃を続けていたのは、フィーグのおかげでもあった。 追放後、フィーグは故郷に戻る。そこでは、様々な者にメンテの能力を認められており、彼は引く手数多であった。 「メンテ」による改造は、やがて【魔改造】と呼ばれる強大な能力に次第に発展していく。 以前、冒険者パーティでひどい目に遭った女剣士リリアや聖女の能力を疑われ婚約破棄されたエリシスなど、自信を失った仲間のスキルを魔改造し、力と自信を取り戻させるフィーグ。 次第にフィーグのパーティは世界最強へ進化していき、栄光の道を歩むことになる。 一方、勇者に加担していた王都のギルマスは、企みが発覚し、没落していくのだった。また、勇者アクファも当然のごとくその地位を失っていく——。 ※カクヨム様その他でも掲載していますが、なろう様版が改稿最新版になります。

更新:2022/11/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:sho

レベルマイナス999!? 〜呪いのせいでパーティーを追い出された俺が呪いのおかげで最強の冒険者へ成り上がった件〜

「これでこの世界ともお別れだな」 抱きしめているスライムの冷たい感触を感じながら静かに最後の時を待つ・・・ ---だが死なない ステータスを見るとレベルマイナス1?下げ続けたらマイナス999!?能力オールSSってなに!? デコピン一発でモンスターが粉々に!?ダメージなんて食らわない! 誰か俺に【戦い】をさせてよ! 美女の魔法使い?可愛い鍛冶師の女の子? フラグ何て一切気にしねぇ!だって俺には愛しのスライムちゃんがいるもん! これは呪いのせいで最弱になった少年が呪いのおかげで最強となって成り上がる物語である *************** 閲覧ありがとうございます。 主人公が呪いを逆手にとって最強の冒険者になるお話です。 コメディ要素多めで書いてるつもりですが良かったら読んでいただけると嬉しいです。 評価、コメント、ブックマーク、励みになります。 どうか最後までよろしくお願いします。 この作品は 小説家になろう にも投稿しています。 2019/9/14  フォロワー100人突破! 2019/9/25  フォロワー200人★50個突破! 2019/10/20  フォロワー300人突破!

更新:2021/12/26

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:飛騨牛・牛・牛太郎

パーティーを追放されてもダンジョン探索、とは行かないようです。もしくは「あのパーティーの話」

「とあるパーティーがダンジョンで壊滅。1人は生死不明。残りのメンバーが国境を越え隣国に逃げ込んだ。」 パーティーを追放された攻撃魔法が使えない系魔法使い冒険者のV 傭兵団首になった剣士とか言ってるのに弓が中心系冒険者のドーリー。 二人はドーリーの発案でダンジョン攻略でもしようかと仲間を集めていたが、そこで別の依頼が舞い込む。 それは冒険者の家族から 「葬式の為に死んだ冒険者の遺品をダンジョンから回収してほしい」 というもの。 話としては珍しいがないことはないだろう、とこの依頼を受けたが、話はそこまで簡単には進まない。 そういうものだろ?人生 ※前作 https://kakuyomu.jp/works/1177354054890611694 ※初回 https://kakuyomu.jp/works/1177354054889697804 ※上記二作の続き物ですが、主役の二人以外つながりはないのでこれ単独でも読めます。 ※あらすじを改訂しました 1/22 新作を書き始めました https://kakuyomu.jp/works/16816927860015751643

更新:2022/1/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。