ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:ネット小説大賞十

条件をリセット
詳細条件で探す

作:かず斉入道

僕とエルフな勇者さまとの昭和の終わり。日常、商い。スローな両世界販売ライフの予定?(改修版)

第11回ネットコン一次予選通過作品 時は昭和。それも、もうすぐ平成の世となる頃のお話です。 まだ地方では、コンビニエンスストアも余り無いそんな昭和の終わりの頃のお話です。 主人公山田一樹は田舎のとある小さな購買部で女性を助け、保護します。 それも冬場の陽が暮れた時間帯に、鎧武者仕様の容姿でいる女性をですよ。 一樹は、その女性の事を宇宙人だと思い助けるのですが。その彼女、女性は、宇宙人ではなく。異世界からきた勇者様。それも? エルフ種族の金髪碧眼の麗しく、美しい女性を救助。保護した一樹なのですが。 その彼女、金髪碧眼の勇者様は、朝目が覚めてみると、己の身体は甲冑を着衣した状態では無く。裸体の上に。勇者自身の記憶が魔王城での魔王との出逢い。戦いの最中? 終わり? まあ、そのぐらい迄の記憶しかない状態なので。勇者様は、己の容姿を凝視すれば裸体。 だから彼女は直ぐに、自身脳裏に浮かぶ事、様子と言えば? 裸体イコール強引な凌辱行為を受けたと勘違い。 また主人公である一樹の容姿が、自身と死闘を繰り広げた魔王と瓜二つ。 だから勇者様は勘違いするといった良くあるお話の上に、人身を凌辱したオスを殺すこともできない女性の性と言うか? これも良くある話しの魔王と勘違いをしている一樹にに責任を取れ! と、の押しかけ女房のお話で御座いますが。 一樹には、本人も知らない子供の影が。 それも一人ではなく二人も。 だから押しかけ女房の勇者様は頭を抱えてしまうのですが。 子供二人は魔王の子ですから魔力も高く放置するわけにもいかず。 彼女は異世界の伯爵令嬢様でもありますから、王や貴族の男性はこんなものだと。 今また流行りつつある? ヒロイン様公認のハーレム仕様へと事情が移り変わる中でのクリスマスイブの日に。 一樹は魔王へと完全覚醒。 Xフォロワー数31004人 Tik Tokフォロワー数1900人 インスタグラムフォロワー数4195人 You Tubeフォロワー数914人 只今フェイスブックの方も腰を入れ始めました。 このフォロワー数が多いか、少ないかは個人の考え方も色々ありますが。 これからの時代、テレビを視聴しなくなってきている時代。 SNS、インターネットを大事にしている運営さんや企業さんを探しています

更新:2024/5/15

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:佐月壱香

オフィーリアの解読書~文字を愛した少女は、ただ文字解読がしたいだけなのです~

「文字を解読できる喜びがこの世界でも味わえる……?」  階段から落ちたことで前世の記憶を取り戻したオフィーリア。前世では古代文字解読に関することに携わりたくて大学院で学んでいたが、不慮の事故で命を落としてしまう。しかし、さまよい歩いていたらこの世界でも解読されていないであろう文字があることをたまたま発見する。  そこに文字があるのならば!  とりあえず初めに見つけた壁文字を解読してみよう────。  暮らしている孤児院の講堂の壁に彫られた見慣れない文字を読むためにオフィーリアは奮闘する。  そうするうちに、彼女は自分を精霊と名乗る小さな存在を呼び出してしまう。  文字を解読したい、その自分の欲求に従った行いがオフィーリアの今後の運命を変えていくことになる。  これは転生少女オフィーリアが忘れられた文字を読み解いていくことで巻き起こる物語。 ※ R15は念のためです ※ 全3章構成です。よろしくお願いします 2021/10/11 塩の扱いを変更しました。すみません… 2021/11/17 第一章 孤児のリア 完結しました 2022/1/19  第二章 貴族のオフィーリア 完結しました

更新:2024/4/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。