ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:ネット小説大賞感想
条件をリセット

詳細検索

作・折言森人

女神と魔王の讃歌 ~私ただの町娘なんですけど、ホントに勇者か魔王にならなきゃダメですか?~

 町娘のルージュはある日、女神にこう言われました。「新たな勇者よ、人界を守るため、魔界を滅ぼすのです」  それと同時に、ルージュは魔王にもこう言われました。「新たな魔王よ、我の憎しみを継いで人界を滅ぼせ!」  勇者と魔王の力を得て、うっかり世界最強になってしまったルージュは思いました。「ええっと、私はどうすればいいの?」  勇者か魔王、どちらになるかの選択を迫られたルージュは、少し悩んで言いました。 「とりあえず、魔界観光してから決めます」 「「!?」」  しかしうっかり勇者になったことが周囲にバレてしまったルージュは、国王陛下に王都へお呼ばれしてしまう。  人界観光もいいけれど、できればとっとと魔界に行きたい。王国の近衛騎士アグニと共に、ルージュが魔界へ行くために取った意外な行動とは……?  これは女神と魔王、どちらにも目を付けられてしまった人界に住む庶民の町娘が、勇者になるのか魔王になるのか決めるついでに世界をまるごと救ってしまうかもしれないお話。 ※BLキーワードは保険です。本作はそういう描写が一部ふくまれておりますが、主題ではありません。

更新:2017/1/21

文字数:590,544文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。