ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:ハイファンタジー

条件をリセット

条件でさがす

作:秋野(junshin)

外れスキル《レベル分配》が覚醒したら無限にレベルが上がるんだが 〜息してるだけで上がるレベルをパーティメンバーに分配して世界最強に〜

E級冒険者ヒスイのスキルは、パーティ間でレベルを移動させる『レベル分配』。 毎日必死に最弱モンスター【スライム】を倒し続け、自分のレベルをパーティメンバーに分け与えていた。 そんなある日、「お前の上位互換のスキルを持つ冒険者を雇う」という理由でパーティを追放されてしまう。 しかし、その晩にスキルが覚醒。新たに手に入れたそのスキルは、『元パーティメンバーのレベルが一生上がらなくなる』かわりに『ヒスイは息をするだけでレベルが上がり続ける』というものだった。 そのレベルを新しいパーティメンバーに分け与え、最強のパーティを作ることにしたヒスイ。 『剣聖』や『白夜』と呼ばれるS級冒険者と共に、ヒスイの名は世界中に轟いていく――。 「戯言を。貴様らがいくら成長したところで、私に! ましてや! 魔王様に届くはずがない! 生まれながらの劣等種! それが貴様ら人間だ!」 「――本当にそうか、確かめてやるよ。この俺出来たてホヤホヤの成長をもってな」 これは、『搾取される側』が『搾取する側』に、 『弱き者』が『強き者』になる物語。

更新:2022/10/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:代々木夜々一

3年F組クラス転移 帝国VS28人のユニークスキル。剣と魔法の世界に召喚された高校生はざまぁかましてエルフの廃墟でのんびりスローライフのつもりが人類の危機に立ち上がり団結チートで国を相手に無双する

3年F組28人が全員、召喚魔法に捕まった! 放り出されたのは闘技場。武器は一人に一つだけ与えられた特殊スキルがあるのみ!何万人もの観衆が見つめる中、召喚した魔法使いにざまぁし、王都から大脱出! 3年F組は一年から同じメンバーで結束力は固い。中心は陰で「キングとプリンス」と呼ばれる二人の男子と、家業のスーパーを経営する計算高きJK姫野美姫。 逃げた深い森の中で見つけたエルフの廃墟。そこには太古の樹「菩提樹の精霊」が今にも枯れ果てそうになっていた。追いかけてくる魔法使いを退け、のんびりスローライフをするつもりが古代ローマを滅ぼした疫病「天然痘」が異世界でも流行りだした! 原住民「森の民」とともに立ち上がる28人。圧政の帝国を打ち破ることができるのか? ちょっぴり淡い恋愛と友情で切り開く、異世界冒険サバイバル群像劇、ここに開幕!

更新:2022/12/28

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:トロ

【応援は力なり】〜出来損ないと呼ばれた英雄の子は自分だけが使えるユニークスキル『応援』で人と物頼りで乗り切ります〜

王都でも最強と言われるSランクパーティ『銀翼』のリーダーである父親のアランから主人公エルは子供故にパーティから除名されてしまう。 その後、家族同然の『銀翼』のメンバーを待つも誰も帰ってこなかった……。 英雄の息子であるエルは父親が脅威から守った王都を影から支えるが、その努力虚しく認められず不遇な環境で2年という月日が流れた。  彼の得意分野は【応援】── 実はかなりチートな性能を持っているが冒険者としてはデメリットがあり、それでも冒険者をしながら人並みの生活を目の見えない妹と共に2人で過ごす。 信じて貰えず──必要とされずに絶望感が襲う主人公── そこに現れたのはかつての初恋の人── 本当の理解者の登場に主人公はかつての『銀翼』の誓いを果たせたと涙を流す。 そして、再会を噛み締め、妹の目を治す為にも旅に出ようと決意する。 「お兄ちゃんは凄いんだぞ?」 と意気揚々と2年間、妹に吹き込み続けた結果── 「お兄ちゃんはこれから覇権を握るのですっ!」 と意気揚々と言う妹に主人公は苦笑しながら旅をする。 行って来た事は間違いじゃないっ! そう信じて突き進む── すると、かつて罵って来た者達が英雄と担ぎ上げて来た。 俺【応援】しかできないよ?! サポート特化だし!? というか、期待しないで!? 胃がむかむかするよ! と周囲からの持ち上げに困惑しながらも、攻撃手段は限られる彼に待ち受ける未来はどうなるのか? これは、スローライフを目指す主人公エルの見せる優しさが生み出す物語── シリアス要素、コメディ要素の両方あります。 作者的にあまり見ない追放物だと思いますので、この機会に是非ご覧頂けると幸いです。 お読み頂き、『面白い』『続きが気になる』など思って頂けましたら、フォローや★評価などよろしくお願いします。 酷評などはお控え下さい。

更新:2021/12/6

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。