ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:バカ

条件をリセット

条件でさがす

作:お小遣い月3万

無能なバカが世界最強〜無能だけど成長して、幼馴染の女の子を助けに行ったら変態になる物語〜

 親友もダンジョンで死んだ。  神に選ばれた者は、国民の義務としてダンジョンに入らないといけなかった。  そして俺は選ばれた。  冒険者になったことは大好きな女の子には言えなかった。  俺は成長する者という称号を与えらえた。  だけどスキルは無かった。  無能の俺はダンジョンに入っても何もできい。  ダンジョン帰りに魔物をエロ目的に扱う店に、先輩冒険者に連れられて行かれる。  俺はエッチなことを魔物にしなかったけど、俺の目の前で魔物は自殺してしまう。  お店の怖いお兄さんから賠償金を請求されてしまったけど、そんなお金は払えなかった。  スキルを与えられなかった。  だから無能だと思っていたのに、攻撃を受けたらスキルが手に入った。  俺は魔物のスキルを獲得できるらしい。  冒険者は一人一つのスキルしか与えられていない。  なのに俺だけが魔物達から色んなスキルを獲得できた。  怖いお兄さん達に妹をさらわれて、俺はムカついて怖いお兄さんを殺してしまった。  無能な俺は魔物のスキルのおかげで強くなっていた。  そんなある日、ダンジョンから大量のゴブリンが現実世界に溢れ出す。  ダンジョンバーストという現象である。  時間が経てばダンジョンから魔物が溢れ出す。  だからダンジョンを攻略しなくてはいけない。  ゴブリンは冒険者と生殖しまくってアホみたいに強くなっていた。  俺の力では戦えないし、倒せないぐらいの強敵になっている。  だけど大好きな女の子がピンチだった。  ヒロインのピンチはヒーローのチャンスである。  彼女を助けるために、俺は動き始める。  ゴブリンの『好色』というスキルも手に入った。  そのおかげでエッチなことばかりを考えてしまう。  仲間の女の子がエロく感じる。  女の子から触られたところが性感帯になってしまう。  女の子の太ももを舐めたいし、何だったら舐められたいし、エッチなことがしたくてたまらない。  好色というスキルは、エッチなことをするだけで魔力が回復するスキルだった。  すぐに魔力切れしてしまう俺は、好色を使えば無限にスキルを使うことができた。  ただし女の子の協力は必要だった。  普段はこんな奴じゃないんです。全てスキルが悪いんです。

更新:2022/4/18

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:渡葉たびびと

女子小学生がロックで一発逆転する方法 ~全国ご当地バンド残虐非道トーナメント~

熊が吼える! 大仏が光を放つ! 少女が全裸で飛び降りる! 一番ロックな奴は誰だ! 都道府県を代表するご当地バンドが結集し、トーナメントで最強を争う! 無力な自分が許せない小学生、多田唯(ただゆい)。彼女は九歳で人生をあきらめた。 一度は全てを捨てようとした少女は、しかし、ロックンローラーとして帰ってきた。 ムカつく天才どもに一泡ふかせるために。人生を一発逆転するために。 どうせ投げ捨てるつもりだった命! 全員ブッ殺して、あたしが一番になる! 【キャラクター紹介】 ■アフター・スーサイド(山梨県代表) 女子小学生の多田唯を中心に結成。 全員があの「樹海」から生還したと言われる危険なバンド。 ■モリノクマサン(北海道代表) メインボーカルが熊。腹をすかせて地獄の底のようなデスヴォイスを放つ。 人を「死」に直面させることで真のデスメタルを表現する危険なバンド。 ■女体幕府(茨城県代表) 筑波の女体山に本拠を置く和楽器バンド。幕府を開く事を最終目標としている。 「女体原理主義」による統治を唱える危険なバンド。 ■ハイパーエリートQED(富山県代表) 3人のマッドサイエンティストによるテクノポップグループ。 「音楽で人は洗脳できる」という学説を唱えている危険なバンド。 ■偉大なるビッグ・ブッダ(奈良県代表) 二人のDJ住職を中心に結成。 あの「東大寺盧舎那仏像」をバックダンサーとして起用した危険なバンド。

更新:2016/4/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。