ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:バトルアクション
条件をリセット

詳細検索

作・企鵝モチヲ

ルーザー=デッド・スワロゥ【新装版】

※今作は、更新をストップしていた『ルーザー=デッド・スワロゥ』に手直しを加えたものです。 「雛僧(こぞう)、わたしと契約し、【騎士】(ドラウグル)となれ。我が名は【魔神】ディスコルディア。ヒトを……【英雄】たる資質を持つ者を、【騎士】に昇華させし者なり」 決闘に敗れ、死に瀕していた【名無し】の剣士の前に【魔神】を名乗る謎の美少女が現れ、【異世界】へと誘う。 一方、【異世界】にて、亜人と人間のハーフのキリは、幼馴染と村人たちを【帝国】の兵士たちに殺され、自身もまた殺されかけていた。 救いを求める声に呼応するかのよう、【騎士】へと転生を遂げた【名無し】の剣士が現れる。 彼は圧倒的な剣技でもって、キリを殺そうとした兵士たちを殺した。 【異世界】が戦乱渦巻く時の戦国時代のような乱世の真っただ中であることを知った【名無し】の剣士は、強者との戦いを求めて修羅の道を歩むことを決める。 時を同じくして、時代と場所は異なるが、【名無し】の剣士同様、【魔神】に見初められた英雄たちが【異世界】へと集い始めていた。 【異世界】転移・転生×ダークファンタジー、ここに爆誕! 天才ガンマン、士道に生きて死んだ侍、非業の死を遂げた聖女、名君にして暴君……そして、死せるツバメこと【名無し】の剣士。 現世で死を遂げた英雄たちが魔神と名乗る存在に導かれ、剣と魔法とドラゴンの【異世界】へと転移・転生。 剣戟が響き、銃声が轟き、巨大ロボが舞う! 予測不可能なストーリーと重厚なバトルアクション!! 様々な目的と欲望が交差する中、凄絶な死闘が繰り広げられていく!

更新:2022/11/29

文字数:133,105文字

- - - -

1
1
1
0

作・蒼河颯人

炎のトワイライト・アイ〜二つの人格を持つ少年〜

 門宮茉莉は綾南高校に通う二年生。吸血鬼による怪事件が起こり続ける日常の中、彼女の目の前に突然一人の男子生徒が現れた。多彩性豊かに輝く青い瞳を持つ彼の名は神宮寺静藍。病弱で一見ひ弱そうに見える彼には「吸血鬼」というもう一つの顔があった。  彼は過去にかけられた呪いの為に、体内に巣食う「吸血鬼」としての血が覚醒すると、赤い瞳を持つ吸血鬼と化してしまうのだ。この呪いを解くには「芍薬姫の血」が必要だが、制限時間内に見付け出さないといけない。そんな彼を我が物にしようと虎視眈々と狙う吸血鬼達。彼等が起こす事件に茉莉達は巻き込まれてゆく。静藍は果たして無事に人間へと戻れるのか?  襲いかかる吸血鬼とそれに抗う高校生の戦いを描いた現在ファンタジー。 ※不定期連載予定です。次回更新まで時間がかかることがあります。校正しながらの更新なので修正を不規則でおこないます。 ※過去編からブロマンス要素が入って来ます。 尚、当作品は 「炎のトワイライト・アイ〜百花繚乱〜」 https://kakuyomu.jp/works/16817139558534283361 の本編にあたります ©️2021-hayato sohga ※当サイトに掲載されている内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。(Unauthorized reproduction prohibited.)

更新:2022/9/21

文字数:218,701文字

- - - -

1
1
0
0

作・白銀

Realize!

夢の中で異世界に召喚された漣は謎の光り輝く存在から力を授けられ、異形の化け物『レギオン』と戦うことを頼まれる。現世へ侵攻する敵レギオンに抗う存在として、定期的に異世界へ召喚される漣。同じく現実世界から召喚された澪那、逸也、深冬と共に、漣は進化を始めたレギオンを倒し続けていく。その中で「光」から、現実世界が「アンダー・ゾーン」と呼ばれる三階層に分けられた世界の最下層であると同時に、唯一物質で構成された世界であることを告げられる。「光」は、世界の最上層「トップ・ゾーン」に住まう精神生命体であることを明かす。死という概念がなく、変化というものが乏しいトップ・ゾーンにおける二重人格の突然変異個体がアンダー・ゾーンへの侵入を試みていること、その個体の人格の一方が「光」であった。「敵」はアンダー・ゾーンへ侵入する際の肉体としてレギオンを作り出していた。やがて、「敵」は「光」が漣たちを召喚して力を与えたように、リークという人間を味方として力を与え、「光」の意識を切り離し、消滅させる。中間層「センター・ゾーン」でのリークとの戦闘に敗北した漣たちは「光」の最後の力で一命を取り止め、現実世界でも力を振るえるようになる。肉体を得た「敵」は「アンゴルモア」と名乗り、現実世界に紛れ込む。本来アンダー・ゾーンには存在しないアンゴルモアの侵入によって、世界に崩壊の危機が迫る。漣は力を用いて暴れまわるリークを倒して力を奪い、アンゴルモアと対峙する。死や変化の無いトップ・ゾーンではなく、変化に満ちたアンダー・ゾーンで一つの生命として生きて死ぬ。それがアンゴルモアの望みであった。四人の総力を賭して、ついに漣たちはその生き様を記憶に焼き付けて、アンゴルモアを倒すのだった。

更新:2006/11/1

文字数:100,870文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。