ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:ヒストリカル

詳細検索

作・久保 公里

牛飼いと守護精と

第1章  ライモンは、ある晴れた日に街にやってきた。  王の一行が現れて、去った後ライモンの元に、見知らぬ美しい若者が合わられ、ライモンのことを「主」と呼んだ。ライモンが否定しても彼は譲らない。  ライモンは友人の元を訪れるが、若者もまた一緒についてくる。友人は若者がこの国に伝わる宝剣の守護精に似ていると言い出し、若者もまたそれを肯定するが、ライモンはひとり否定する。だが、若者はライモンが主であることを譲らなかった。 第2章  ライモンは若者と共に家路についた。  その後、家である牧場についたふたりを、牧童であるロウゼンとライモンの母であるアカネが出迎える。ふたりは若者が守護精であることには驚いたが、なぜかライモンに元に現れることに驚いた風はなかった。それは、ライモンの出自にあった。  ライモンは不承不承、若者を牧場に置かざるを得なかった。 第3章  翌朝、ライモンは早くから起きだして牧場の仕事を始める。若者も一緒に仕事を手伝った。  ふたりで仕事をしているとき、亡き父の話になり、ライモンはぶっきらぼうだと思っていた父が、自分を愛していてくれたことを知り、涙する。  その後、国王が守護精と共にライモンの元を訪れた。 第4章  ライモンと国王トキワは話をすることになった。  その話は様々なことに及び、国の歴史や守護精のことなどにも及んだ。  長い話が終わり、国王が帰ろうとしたその時、ロウゼンがアカネが倒れたと運んでくる。それに衝撃を受けたライモンは立ち尽くした。  その後、次代がアカネを癒し、当代が治療師を連れてきたことでアカネは一命をとりとめる。  そして、王と当代は戻っていった。 第5章  ライモンとロウゼンはシラフジからアカネの病状について、夕食を取りながら聞いた。夕食後終わった後、ライモンは牧場で一人でいたが、そこに守護精が現れる。ライモンは彼に話を始めた。  この話は私が『久弓奈緒子』名義で同人誌で書いた『ノルカの宝剣』「牛飼いの後継者」をリライトしているものです。盗作などではありませんので、ご了承ください。

最終更新:2022/8/12

文字数:178,456文字

- - - -

0
0
0
0

作・友坂 悠

【連載版】お飾り妻は離縁されたい。「君を愛する事はできない」とおっしゃった筈の旦那様。なぜか聖女と呼んで溺愛してきます!!

同タイトルの短編を連載化しました。 よろしくお願いします。 「君を愛する事はできない」 新婚初夜に旦那様から聞かされたのはこんな台詞でした。 貴族同士の婚姻です。愛情も何もありませんでしたけれどそれでも結婚し妻となったからにはそれなりに責務を果たすつもりでした。 元々貧乏男爵家の次女のシルフィーナに、良縁など望むべくもないことはよく理解しているつもりで。 それでもまさかの侯爵家、それも騎士団総長を務めるサイラス様の伴侶として望んで頂けたと知った時には父も母も手放しで喜んで。 決定的だったのが、スタンフォード侯爵家から提示された結納金の金額でした。 それもあって本人の希望であるとかそういったものは全く考慮されることなく、年齢が倍以上も違うことにも目を瞑り、それこそ両親と同年代のサイラス様のもとに嫁ぐこととなったのです。  何かを期待をしていた訳では無いのです。 幸せとか、そんなものは二の次であったはずだったのです。 貴族女性の人生など、嫁ぎ先の為に使う物だと割り切っていたはずでした。 だから。縁談の話があったのも、ひとえに彼女のその魔力量を買われたのだと、 魔力的に優秀な子を望まれているとばかり。 それなのに。 「三年でいい。今から話す条件を守ってくれさえすれば、あとは君の好きにすればいい」 とこんなことを言われるとは思ってもいなくて。 まさか世継ぎを残す義務さえも課せられないとは、思ってもいなくって。 「それって要するに、ただのお飾り妻ってことですか!?」 「何故わたくしに白羽の矢が立ったのですか!? どうして!?」 事情もわからずただただやるせない気持ちになるシルフィーナでした。 それでも、侯爵夫人としての務めは果たそうと、頑張ろうと思うのでしたが……。 ※アルファポリス様、ノベルアップ+様でも連載、完結しました。 ※一瞬ですがアルファポリス様ホットランキング一位、ノベルアップ+様ジャンル別一位、頂きました♬ ■番外編開始デス。 ■第二部始めます。

最終更新:2022/8/11

文字数:73,703文字

- - - -

0
0
0
0

作・丸山華永

ざまぁを回避したいだけなのに、なぜか主人公と一夜の過ちを犯してしまいました(※ちなみにヒロインは兄です)

ギルベール伯爵家に産まれたアリゼには、前世の記憶がある。 アリゼの記憶によると、この世界は前世で読んだ(トンデモ内容な)BL小説の世界で、兄のクロビスは主人公のヨエル アングラード公爵と恋に落ちて逃避行。 そして小説でのアリゼは『ざまぁ要因』として、四十歳上のベッティーニ辺境伯(たぷんたぷんの脂肪持ち)と結婚させられてしまうという運命を辿る。 そんな悲惨な未来を回避しようと、アリゼは奮闘する。 その結果──兄クロビスは、極度のシスコンに。 そしてアリゼは……なぜか主人公のヨエルと一夜の過ちを犯してしまったようで……。 最終的にこの世界は誰の為にあるのか?そんな話になる(予定) 更新再開させますが、不定期更新となります。 ※他サイト別名義で『ヒロインは兄の筈ですが』のタイトルで公開していたものの改稿&加筆バージョンです。結末が明後日の方向に行く予定です。 ※BL要素は原作の説明以外で殆ど出てきません。

最終更新:2022/8/10

文字数:80,794文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化タグについて

書籍化の判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。